スバルショップ三河安城の最新情報。フレキシブルタワーバーとフレキシブルドロースティフナーの実力とは。| 2015年9月22日更新

 
「LEVORG」が年次改良実施。B型へ進化。

新たなる試乗車が登場。「レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight ProudEdition」

LEVORG 1.6GT-S EyeSight ProudEdition フロントビュー

ProudEditionは2015年春、各モデルに一斉に追加設定された特別仕様車です。レヴォーグには、1.6GTと1.6GT-Sそれぞれに対し、ProudEditionが用意されました。

1.6GT-S EyeSight ProudEditionは、1.6GT-Sよりリーズナブルな価格を実現すべく装備を見直してあり、よりお求めやすい価格でビルシュタインの走りを愉しむことができます。

このProudEditionのポイントは、何よりもタイヤのインチダウンです。ノーマルのGT-Sが18インチを標準装着するのに対し、偏平率の高い17インチタイヤが標準装着となっています。そのためホイールはProudEditon専用デザインの17インチを装備しており、GT-Sではガンメタ塗装となっています。

さて、このインチダウン、走りにどのような影響を与えるのでしょう。

 

17インチへのインチダウンとその影響

LEVORGメータデザイン
アドバンスド・セーフティ・パッケージ サイドビューカメラ

インチダウンの影響について考える前に、タイヤの四大機能を整理しましょう。タイヤは、クルマの機能部品として以下の機能を果たしています。

1.クルマの荷重を支える。

2.ばねとして働く。

3.駆動・制動を伝える。

4.クルマを操縦させる。

インチダウンについては、これらそれぞれに対する影響を勘案しながら評価する必要があります。

まず、タイヤのインチダウンによる影響として考えられるのが、バネ特性の変化です。タイヤをバネと仮定すると、高偏平率化によってバネ定数は低くなり、バネの全長も長くなります。よって、乗り心地にはプラス方向であり、振動の角がとれて突き上げ感が減少します。ボディに対する衝撃が和らぐので、ボディの疲労耐久性にもプラスとなります。

また、タイヤの許容荷重は充填空気の絶対量に比例します。偏平率が高いタイヤは相対的に空気充填量が多くなりますから、耐荷重性能にはプラスになります。車重1.5tに達するレヴォーグでは、見逃せないポイントです。

一方で、ステアリングレスポンスにはマイナスとなります。転舵によって捩られたタイヤは、その捩れから復元する分、コーナリングフォースを生み出します。そのため、捩れのストロークが深ければ復元が遅れ、コーナリングフォースの立ち上がりも遅くなるのです。よって、S字コーナーなどの素早い切り返しでは、確実に応答性が低下します。逆に、応答性が低い分、路面からのキックバックは抑制されます。

 

穏やかなフィーリングとフラットライド感

インチダウンの影響は、走りだした瞬間に感じることができます。路面入力の角が取れてマイルドな乗り心地となり、挙動変化はその分穏やかになっています。これは、アウトバックのLimitedに感じられるフラットライド感に似ています。また、路面のアンジュレーションに対する感度は程よく低下していて、轍に取られる感覚やキックバックは確実に減少しており、直進安定性は明確に向上しているように感じます。

しかし、18インチ仕様において、ターンインでステアリングを切り込んでいく時に手のひらで感じていた、あのダイレクトなタイヤのフィーリングは、ProudEditionでは幾分失われています。これを穏やかと歓迎するか、鈍いと感じるかは、判断の分かれるところでしょう。

レヴォーグリヤビュー1 レヴォーグリヤビュー2 ProudEditon専用17インチホイール
 

さて、買いは「GT-S」「GT-S ProudEdition」のどちら?

スバルショップ三河安城和泉店試乗車

ProudEditionは、ベースとなったGT-Sとはハッキリと差を感じられるほど、マイルドな仕上がりとなっています。もちろん、ワインディングで鞭打たんばかりにハードなスポーツドライビングを愉しむ方にとっては、レスポンスに欠けるフィーリングは明らかに刺激不足に感じるでしょう。しかし、日常通勤に使用するような場合は、ProudEditionの穏やかなフィーリングはむしろ歓迎されるはずです。また、インチダウンに伴うタイヤ交換費用のコストダウンは、それこそ明確な差となるでしょう。

穏やかな1.6GT-S ProudEditionと、ビビットな1.6GT-S。その差は、絶対的な価値の差ではなく、選択するお客さまのフィールドによって、日常の使い方によって異なってくることでしょう。

ほんのタイヤだけの差かもしれません。しかし、思ったよりも大きな違いを体感して頂けるかと存じます。

スバルショップ三河安城では、1.6GT-Sを三河安城本店に、そしてこの1.6GT-S ProudEditionを和泉店に配備しております。ご興味のある方は、ぜひ乗り比べてみてください。スバルならではの、奥深い世界の入口がそこに待っています。

 

レヴォーグにタワーバーとスティフナーを装着してみる。

BP型「レガシィ」の後継車として開発された「レヴォーグ」。オプションが、これまでのスバル車に類を見ないほど充実しているのも、魅力のひとつです。中でも、STI製パーツはスバリスト定番の品々であり、走りをよりレベルアップさせることから、各モデルで好評を頂いております。

今回は和泉店の試乗車「レヴォーグ」に、STIこだわりの逸品である「フレキシブルタワーバー」と「フレキシブルドロースティフナー」を装着したので、そのインプレッションをお届けします。

 

一般的なストラットタワーバーと何が違うのか。

スバルショップ三河安城和泉店試乗車

そもそもストラットタワーバーとは、どんなものなのでしょうか。

現在、スバルが生産する各モデルは、フロントサスペンションにストラット式を採用しています。ストラット式は「ロアアーム」と、スプリングとダンパーをセットにした「ストラット」で構成される、シンプルなサスペンション形式です。このストラットは、下側をロアアームに、上側をストラットアッパーマウントで支持されています。

コーナーへの進入時にステアリングを切り込むと、タイヤ接地面の「ねじれ」に対する復元力を元にコーナリングフォースが立ち上がります。コーナリングフォースによって、ボディに旋回力(ヨーモーメント)と荷重移動が生じ、ボディは外側に傾斜(ロール)します。コーナリングフォースは接地面に対する垂直荷重に比例しますから、コーナリングフォースはアウト側のタイヤにより集中して発生します。

ストラット式では、コーナリングフォースによる横力を受けるとロアアームだけでなく、ストラットにも曲げ応力が生じます。この曲げ応力のためにストラットアッパーマウントには大きな力が掛かり、多少なりとも変位を生じます。この変位が生じると、せっかく立ち上がったヨーモーメントが減衰して、ステアリングレスポンスが低下します。

一般的なストラットタワーバーでは、フロント左右のストラットアッパーマウントを剛結。これによって、ストラットアッパーマウントの横変位を極小化して、ステアリングレスポンスを向上させます。しかし、弊害もあります。左右を剛結することで縦変位も極小化されてしまうのですが、これによって乗り心地が悪化するのです。フロントのサスペンションが大きくストロークした状態で凹凸による入力があった場合、タワーバーによってボディのたわみが阻害されるので、衝撃が緩衝されないことで起こります。

STIがプロデュースする「フレキシブルタワーバー」の最大の特徴は、センターに設けられたボールジョイントです。このフレキシブルタワーバーは、リンクボールを介して自由に曲がるようになっています。この機構によって、横方向の応力は左右に伝達しますが、縦方向の応力は伝達しません。よって、ボディのしなやかさは失わずに、ステアリングレスポンスを向上させることができるのです。

 

走りだした瞬間に分かる、フレキシブルタワーバーの効果。

スバルショップ三河安城和泉店試乗車

さて、装着した状態でさっそく走ってみましょう。

まず、はっきり感じられるのは、ターンイン時の初期応答です。ステアリングを切り込んでいった時の反応が、明確に改善されています。ブレーキングから、クリッピングポイントを目指してステアリングを切り込んでいくと、キレイにヨーが立ち上がります。

機敏になったとか、ピーキーになったというのではなく、ドライバーの意図した通りにターンインしてくれる感覚です。まるで、目の前の霧が晴れたように、はっきりとタイヤの目指す向きをステアリングから感じることができるのです。

そこで、気が付いたのです。タワーバーを装着してはじめて、これまでボディがヨレていたことに。改めて、ボディ剛性の重要性を考えさせられます。

劇的な効果のあるフレキシブルタワーバーですが、STIはフレキシブルタワーバーだけでは不十分だといいます。もうひとつ、「フレキシブルドロースティフナー」の同時装着が必要なのです。フレキシブルタワーバーによって、明らかにターンインは改善されました。しかし、後輪にスリップアングルが付いてヨーが立ち上がる頃に、若干腰砕けのような感覚が残ります。その感覚があるので、ドライバーは修正舵を当てると共に、スロットルを開けるのを挙動が落ち着くまで待たねばならないのです。

フレキシブルドロースティフナーは、そこを改善します。

 

不可思議なパーツ、フレキシブルドロースティフナー。恐るべし、その実力とは。

スバルショップ三河安城和泉店試乗車

「フレキシブルドロースティフナー」は、フロントロアアームの後ろ側の付け根とサブフレームをテンションを掛けた細いロッドで接続するだけのパーツです。ロッド径は5mmほどで、見た目は非常に華奢に映ります。片側のロッドエンドにはダンパーが仕込まれていて、応力を伝達しつつ、若干のストロークを許容する設計になっています。不可解なことに、装着はなぜか片方のみ。左右非対称がどうも腑に落ちない方にとっては、どうにも居心地の悪いパーツです。

この細いロッド。見た目と違って、効果は絶大です。騙されたと思って装着してみてください。フレキシブルタワーバーだけを装着しているレヴォーグユーザーの方には、明日にも装着することをオススメします。

このフレキシブルドロースティフナー、どのような効果があるのでしょうか。

先に述べたように、フレキシブルタワーバーでステアリングレスポンスは劇的に改善されますが、若干腰砕けのような感覚が残ります。恐らくは、ボディが鋭く立ち上がったヨーについていけていない結果だと思われます。フレキシブルドロースティフナーは、この腰砕け感を一掃します。

ブレーキングでフロントに荷重を掛けてターンイン、クリッピングポイントからスロットルを開けていった時、トラクションが鮮やかに掛かります。修正舵は必要なく、スロットルを開けながらステアリングをスムーズに戻していけば、軽やかにコーナーを脱出します。正に、オンザレールの感覚です。

激変したその鮮やかな挙動に、もはやポカンと口を開けるしかありませんでした。恐るべし、フレキシブルドロースティフナー!

 

フレキシブルドロースティフナーのその原理。

スバルショップ三河安城和泉店試乗車

このフレキシブルドロースティフナーは、フロントロアアームの後ろ側のピボットと、サブフレームのセンター付近を、それぞれブラケットを介して接続しています。

これに類似したパーツとして、ヤマハのパフォーマンスダンパーが知られています。クルマのボディは、鉄鋼材料・アルミ・複合材・プラスチックなどを組み合わせて構成されています。それらは全て弾性体であり、各々固有振動数を有しています。つまり、バネとしての特性を持っているのです。そう考えれば、ボディはバネの集合体であるということになります。ボディ剛性を向上させるというのは、このバネを固くするというということでもあります。

タイヤからの入力は、エネルギーとしてサスペンションに伝わります。多くのエネルギーはダンパーで熱に変換されて吸収されますが、どうしてもサスペンションの各マウントを通して、ボディに変形エネルギーとして伝達されます。つまり、ボディ全体が微かにゆがむのです。この「ゆがみ」がタイヤ接地の正確性を阻害する結果、ハンドリングの正確性が低下するのです。逆に、この「ゆがみ」をすばやく収束させられれば、タイヤの接地性を向上させられるのです。

パフォーマンスダンパーは、このエネルギーをボディのどこかに設置したダンパーで吸収しようというものです。この考え方は、建物の免震ダンパーと似ています。変形エネルギーを、ダンパーで熱として「ロス」することで、ボディを落ち着かせます。パフォーマンスダンパーは補強材ではありませんから、ボディの硬さ(=ボディ剛性)は向上しません。向上するのは「粘性」です。粘性体に、変形エネルギーを入力するとエネルギーは熱に変換されて、吸収されます。

このフレキシブルドロースティフナーには、リンク同軸上にダンパーが設けられており、原理としてはパフォーマンスダンパーと類似しているものと考えられます。このダンパーが、コーナリングフォースによって生じた横力に伴うボディに対する変形エネルギーを吸収、結果として発生したヨーモーメントが減衰せず、コーナリングの正確性が向上するのです。フレキシブルドロースティフナーの効果はそれだけではありません。様々な路面入力から生じる変形エネルギーを吸収することで、結果として乗り心地も向上させるのです。

フレキシブルドロースティフナー、見た目からは想像できない相当な実力の持ち主です。ぜひ、ご試乗でその効果をお確かめ下さい。STIの奥深い世界の入り口をご覧になることができるでしょう。

 

STIラテラルリンクセットを取り付けてみました。

スバルショップ三河安城和泉店試乗車
スバルショップ三河安城和泉店試乗車
スバルショップ三河安城和泉店試乗車

この度、試乗車の「レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight ProudEdition」に、STIラテラルリンクセットを導入しました。リヤサスのラバーブッシュをピロボールに置き換えるという、このアップデートキットについてインプレッションをお届けします。

前述のように、この試乗車にはすでにSTIフレキシブルタワーバーとSTIフレキシブルドロースティフナーを導入済みです。メーカーオプションカタログへの記載はこの2点のみですから、これで「STI仕様」の完成!です。フロント廻りのアップデートによって、コーナリング中のヨーの立ち上がりと収束がリニアになり、レスポンスとスタビリティの双方ともが大幅に向上しています。しかし・・・。

STIのWebサイトには、車種ごとにアップデートパーツが用意されています。この中にあるのが、レヴォーグ用「ラテラルリンクセット」です。このキットは、リヤのダブルウィッシュボーンサスペンションのうち、ロア側2本を交換するものです。この交換によって、車体取り付け側のブッシュ(片側2箇所)がピロボールに変更されます。

ロアアームのピロボール化によってもっとも期待されるのは、キャンバー剛性の向上です。ゴムブッシュの場合、微小な変位を許容しますから、振動・衝撃の抑制には良いのですが、横力によっても微小な変位が生じてしまいます。この変位によって、キャンバー、キャスター、トーなどがズレてしまうのです。これがピロボール化によって、改善されるはずです。

実際走りだしてみると、リヤの追従性が明らかに改善されているのが分かります。スラロームのような切返しをすると、リヤが軽やかにフロントに追従します。リヤのコーナリングフォースの立ち上がりが、早くなっているのです。これまで重たさが残っていたリヤが、まるで軽くなったかのようです。フロントとリヤの調和が取れて、バランスが改善したようにさえ感じます。その上、直進安定性はキープされていますから、クルマの動きの精度が向上したような印象を受けます。

このSTIラテラルリンクセット、特筆すべき望外の改善がありました。これまで、少し身構えるような強い路面入力を受けると、車体にはダンッと強い衝撃がありました。固めの足廻りを持つレヴォーグではこうした衝撃は致し方無いのですが、これがスッカリ解消されてしまったのです。スッとしなやかに足が伸びて、顔色一つ買えずにアンジュレーションにしっかり追従する、そんなイメージです。シャシーのキャパシティが増したような、そんな余裕さえ感じさせます。

STIラテラルリンクセット、その効果は劇的なものでは無いかもしれません。しかし、その導入によって足廻りは明らかな進化を見せました。フロントとリヤのバランスが改善されて、熟成度が高まったような印象を受けます。前後の調和が取れたことで、クルマの挙動がより予測しやすくなり、人馬一体感が増しているのです。ぜひ、このキットを導入してください。STIラテラルリンクセットが、レヴォーグの愉しさをより引き出してくれるでしょう。

 

和泉店デモカー「LEVORG 1.6GT-S EyeSight ProudEditon」を遂に放出!

和泉店で試乗車として使用されてきた、レヴォーグのデモカーを中古車として販売致します。上記記事で記載したとおりのSTIパーツが付属する大変オトクな仕様となっていますので、ご希望の方はお早めにご連絡下さい。

 
スバル レヴォーグ [ 1.6GT-S EyeSight ProudEdition (STIパーツ装着デモカー) ]
車両本体価格 286.2万円
走行距離 25,500km
年式
平成27年(2015年)6月
車検 平成30年(2018年)6月
車体色 クリスタルブラックシリカ
エンジン 水平対向4気筒直噴ターボDOHC
排気量 1599cc
駆動方式 アクティブトルクスプリットAWD
ミッション リニアトロニック(パドルシフト付)
全長x全幅x全高 4690x1780x1485 mm
定員 5 名
和泉店試乗車遂に放出です。STIパーツ付きでこの価格!お急ぎ下さい。

スバルショップ三河安城 本店  TEL:0566-76-3921

 
 
 
 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要