スバルショップ三河安城の最新情報。BTCC参戦のレヴォーグ、チューニングはマウンチューンに決定。| 2016年2月6日更新

 
スバルの今後を占うその2
ついに登場。レーシング「レヴォーグ」!!
 
2016年4月3日 BTCCブランズハッチ戦でついにデビュー。
 

スバルは何処へ向かうのか。

2007年にWRCから撤退して以降、スバルは世界選手権レベルのモータスポーツフィールドに一度も登場していません。かつてのWRC栄光の時代を思い返しては、寂しさを募らせるスバリストも多いことと存じます。

そんな現状に焦っているのは、世界各地のインポーターです。欧州や北米では、WRCを席巻したインプレッサWRCのイメージは余りに強烈で、インポーターは「賞味期限」が切れるのを恐れているのです。彼らがブランドイメージをキープするには、モータスポーツ活動を「アシスト」するしかありません。アメリカやイギリス、オーストラリアの現地法人が、独自にラリー選手権やラリークロスに関与しているのはそのためです。

 

BTCCに参戦するのは、なんとレヴォーグ。

今回発表されたのは、BTCC(イギリスツーリングカー選手権)への参戦です。驚くことにそのベースモデルは、インプレッサでも、WRXでもなく、導入が開始されたばかりの「レヴォーグ」でした。

90年代にツーリングカーチャンピオンシップの頂点にあったBTCCですが、今は「国内選手権」として開催されており、バラエティに富んだ車種が特徴です。その車種は枚挙に暇がないほどで、ホンダ「シビックType-R」、メルセデス・ベンツ「Aクラス」、トヨタ「アベンシス」、フォード「フォーカス」、アウディ「A4」、インフィニティ「Q50」、VW「パサートCC」、BMW「125i」、MG「MG6」などなど、世界選手権のWTCCよりよっぽど興味がそそられます。

右の映像で、激しいトップ争いをする不気味な漆黒のVW。「チームBMR」という彼らは83戦中12勝という強豪チーム。なんと「レヴォーグ」は彼らに託されるようです。VWからメーカーをスイッチする理由はご想像にお任せするとして、この熱いバトルに「レヴォーグ」が強豪チームから参戦するのです。今から、そのデビューが楽しみです。

 

エンジンは結局EJ20なのか、それともFB/FAを新たに開発?

FB16DIT
photo by FHI

現在、スバルはメーカーとしてFB/FA系をレースエンジンとして一切手掛けたことはありません。生産性の問題から採用されたコンロッド形状が、高回転・高出力運用にはまったく不向きであるのがその理由です。しかし、いつまでも年代物のEJ系に頼る訳にもいきません。

今、世界選手権で用いられるほとんどのエンジンは直噴ヘッドを持っています。時代の趨勢に合わせるのであれば、FB/FA系をベースとしていつかスバルもレーシングエンジンを開発せねばなりません。もし、今回新たにエンジンを開発するのなら、この新エンジンは次世代レーシングエンジンとして様々なカテゴリーでみることができるでしょう。

しかし、スバルUK単独の予算では新エンジンを開発するにはハードルが高いはずです。ただ、レギュレーションには直噴ヘッドの350ps級2Lターボエンジンと定められています。「BRZ」搭載のFA20であれば、既にコスワースがチューニングを手掛けています。ベースはこのユニットになるのでしょうか・・・。

2016年2月6日追記:

レーシングエンジンビルダーとしてその名を知られるマウンチューンは、1月15日に2016年シーズンのBTCCに参戦するチームBMRにレヴォーグ用水平対向4気筒直噴ターボエンジンを供給することを発表しました。マウンチューンは、これまで主にフォード向けの仕事を手掛けてきましたが、新たにスバルのエンジンを手掛けることになります。開幕戦は3月22日にドニントンパークで行われます。今から、レヴォーグの檜舞台へのデビューが楽しみです。

 

遅まきながらも、順調に開発は進捗中。

BTCCは、3月22日の開幕戦へ向けて合同テストをポルトガルで実施しました。スバルファン期待のTeamBMRの手による「レヴォーグ」ですが、残念ながら今回のテストにその姿はありませんでした。

ブランニューマシンの投入に際して、開幕まで1ヶ月を切ってのこの状況ですから、プロジェクトに進行に若干の遅れが見込まれます。前半戦は、やや苦しい戦いとなることでしょう。進行の状況は、TeamBMRのfacebookに逐次アップされていますので、ぜひ御覧ください。

2月5日の製作状況 TeamBMR公式facebook

2月24日の製作状況 TeamBMR公式facebook

 

これぞ、ワークス。シンプルなルックスに凄みが溢れる、BTCC参戦レヴォーグ。

TeamBMRで目下開発中の、レーシングレヴォーグ。その姿が、ようやく明らかにされました。

まだCGながら、レヴォーグファンにはたまらない、迫力充分なそのスタイリングが見て取れます。スポンサーロゴは、SUBARU以外にはオフィシャルサプライヤーのDUNLOPしか見当たりません。この辺りは、セミワークスならではのものでしょう。画像上のレヴォーグはシルバーを基調としていますが、プレス発表時の通りブラックにカラーリングされるのかは、今のところ不明です。

これまでに主にマーケティング上の理由から、いつくかワゴンボディのレーシングカーが開発されてきましたが、成功した例は一度もありません。レヴォーグはBTCCで、新たな伝説を造ることはできるのでしょうか。いずれにしろ、レーシングカーにとって重要なのは見た目のインパクトではなく、リザルトです。特に、開発の遅れから前半戦の苦戦は必至ですが、後半戦もしくは来シーズンに向けて、開発の進捗を見守っていきたいところです。

見る限りにおいて、リヤウイングはルーフ後方の空力上不利な位置に設置されています。こうしたワゴンボディのハンディを如何にして克服するか。それがTeamBMRに課せられた長期的な課題となるでしょう。

 

BTCC参戦のレヴォーグ、ついに発表。

2016年シーズンも本格化する、3月末。BTCCでもテストデイとなっているようです。

その中で、我らが期待のニューマシン「TeamBMR LEVORG」がお披露目となりました。コンセプトイラストと打って変わって、正義感溢れるホワイトをベースにブルーとグレイのシンプルなデザイン。スポンサーロゴが無いあたりが、ワークス感を醸し出しています。

>>PhotoGallery

 

ほろ苦いデビュー。BTCC開幕戦ブランズハッチ。

BTCC 2016 ブランズハッチ
photo by BTCC.net

2016年に入って発表された、TeamBMRによる4台を擁してのBTCC参戦。2月24日には依然ホワイトボディの制作中という、ギリギリのスケジュールの中、TeamBMRは見事に開幕戦に間に合わせてきました。TeamBMRの見事な働きぶりは賞賛に値するでしょう。

さらに驚嘆すべきことに、遅くありません。ストレートスピードに苦労しているものの、そのスピードは十分。1秒少々の遅れに留まっています。ブランニューマシンで、大柄なワゴンボディで、完全に新開発の直噴ターボという、数多くの不確定要素を抱えつつここまで仕上げてきたことには、驚きを禁じえません。恐ろしい開発能力です。

もちろん、タイヤのマッチングやエンジンの煮詰め、セッティングなど、手を付けられていない箇所は山程あるでしょう。今後の開発の推移を見守りたいと思います。

>>BTCC.net/PhotoGallery

>>TeamBMR/PhotoGallery

 

改めて感じる、イギリス人のスバルに対する敬意。

BTCC 2016 TeamBMR LEVORG GT
photo by BTCC.net

イギリス人にとって、スバルは特別なブランドです。WRCの長い歴史の中、イギリス人のワールドチャンピオンは2人しかいません。コリン・マクレー、リチャード・バーンズ、その二人ともがインプレッサを駆って頂点に立っています。

ただ残念なことに、バーンズは2005年に脳腫瘍で世を去り、2007年にはマクレーもまたヘリコプター事故でこの世を去っています。イギリスの熱狂的なファンが共有した喪失感の中で、スバルは伝説の色合いをより濃くしていったのです。

スバルUKとTeamBMRのチャレンジが、また新たな伝説の始まりとなるのでしょうか。期待して待ちたいと思います。

 
BTCC開幕戦_1 BTCC開幕戦_2 BTCC開幕戦_3 BTCC開幕戦_4 BTCC開幕戦_5 BTCC開幕戦_6 BTCC開幕戦_7 BTCC開幕戦_8 BTCC開幕戦_9
 
BTCC開幕戦_10 BTCC開幕戦_11 BTCC開幕戦_12 BTCC開幕戦_13 BTCC開幕戦_14 BTCC開幕戦_15 BTCC開幕戦_16
photo by BTCC.net

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語洋樹

 
 

ニュースリスト

 
 

2017年09月04日 スバル

オレたちのスバルが向かう道。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
 

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要