スバルショップ三河安城の最新情報。レヴォーグが年次改良を実施。C型へ進化を遂げる。| 2016年4月13日更新

 
2016年4月、レヴォーグがC型へ進化。
photo by FHI
「レヴォーグ」が年次改良。C型に進化。
 
  2016年4月11日 小規模改良を経て、C型に進化。注目のSTIグレードは後日追加。

次のページ>>1 2

 

「レヴォーグ」がC型へ進化を遂げる。

LEVORG typeC 2016 Model

2013年11月の東京モーターショーで初公開された日本のスバリストのためのツーリングワゴン。それが、レヴォーグです。WRX用に徹底的に補強を加えられたSIシャシーをベースにボディ後半をワゴンボディに仕立て直した結果、スポーツカーに匹敵するアジリティとスタビリティを実現した、屈指のスポーツワゴンです。

スポーツカーのハンドリングと、ワゴンのユーティリティ。そして、世界最高の安全性能。レヴォーグには、クルマの魅力がギュッと詰め込まれています。

4月11日、3年目となるレヴォーグのC型が発表になりました。今回は、このC型の改良ポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

C型の改良ポイント:大掛かりな仕様変更はなし。

スバルはモデルライフについて、5〜6年を基本にしています。そのため大掛かりな仕様変更は、モデルライフの折り返し点となるC→D型の際に行われる場合がほとんどです。昨年11月に実施されたフォレスターのビッグマイナーが、好例です。

よって、今回の年次改良は小規模改良に留まっています。

1.グレードの整理・統合

LEVORG C型 マイナーチェンジ

・STI系、新グレードの追加(カタログモデル)

公式発表・発売前ですので、当Webには記載できません。詳細を知りたい方は店頭までご来店ください。各店舗資料をご用意してお待ちしております。

・2.0GTの廃止

人気が少なかった、2.0Lの標準サス仕様が廃止となります。

・1.6GT-S ProudEditionの廃止

17インチでビルシュタインという通好みのグレードでしたが、今回をもって廃止となります。

・1.6GT ProudEdition、1.6GTへ統合

コチラは、1.6GTへの同等装備仕様を設定することで、廃止となります。

・S-styleのカタログモデル化

ノーマルサスに18インチを組み合わせたこのモデルは継続。カタログモデルとなります。

 

2.衝突安全性能の向上

レヴォーグ 本革シート ブライトパール

・左右席リヤシートベルトプリテンショナー採用

リヤシートベルトにもプリテンショナー機構を採用。前方衝突時の乗員の安全性を向上しています。

・リヤ座面クッション構造の変更

後席乗員の安全性向上のため、座面の前端部に発泡ポリプロピレンを拡大採用。乗り心地を補うべく、衝撃吸収ウレタンを同箇所に採用しています。

・フロントドアにアッパービーム追加

側面衝突時の安全性向上のため、フロントドア内にアッパービームが追加されました。

 

3.装備品の変更と仕様変更

レヴォーグ C型 インテリア

・1.6GTのエアロキャップ廃止→新デザイン17インチアルミホイール採用

アルミホイールにキャップを被せる仕様だった1.6GTの17インチホイールを廃止。新たに新デザインの17インチアルミホイールが採用されます。ガンメタ塗装と切削光輝を組み合わせた、魅力的なホイールになっています。ホイールデザインは燃費に意外に大きな影響を与えるのですが、この新デザインは軽量化を実現しつつ、燃費を悪化させない仕様となっています。

・GT-Sに新内装色ブライトパールを追加

新色インテリア「ブライトパール」が登場します。パールのような輝きを持ったレザーとブルーステッチが特徴のこの仕様は、上級グレードのGT-S系にのみ設定されます。よって、GT-S系ではメーカーオプションの本革シートをブラックとこのブライトパールの2色から選択することになります。

・1.6GTのアイボリー内装の廃止

1.6GTおよびS-styleでは、本革シートはブラックのみの設定となります。

・パワーウィンドウのオフディレイ時間の延長(30→42sec)

エンジンスイッチをOFFにした後、一定時間パワーウィンドウの操作を可能にするこの機能。その有効時間を12秒延長しています。

・ベンチレーショングリルのダイヤルにホワイトポイント追加

ホワイトポイントの追加によって、ベンチレーショングリルの開閉がひと目で分かるようになります。

 

4.静粛性の向上

・フロントドアガラスのインナーウェザーストリップを2枚化

フロントドアガラスを内側からシールするインナーウェザーストリップを2枚化。これによって、キャビンへの透過音を削減します。

・リヤクォーターガラスの板厚アップ

静粛性向上のため、ここ1年各モデルで行われているガラスの板厚アップ。レヴォーグでは、リヤクォーターウィンドウの板厚が変更されています。

・カーゴルームトリムへの吸音材追加/カーゴフロアボードのウレタン高密度化

カーゴルーム床下からの透過音を抑制するため、仕様変更が行われています。カーゴルームからの透過音はボディの「剛性感」を大きく損うので、スポーツワゴンでは重要な改善です。

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要