スバルショップ三河安城の最新情報。BTCC第2ラウンド。この活躍は次へ繋がるのか。| 2016年4月22日更新

 
スバルの今後を占うその2
BTCC第2ラウンド「ドニントンパーク」!!
 
2016年4月17日 4号車がBTCCドニントンパーク戦で10位入賞。
 

BTCC 第2ラウンド ドニントンパーク Race1で10位入賞!!

BTCC 2016 ブランズハッチ
photo by BTCC.net

2013年BTCCチャンピオンであるColin Turkingtonの駆る「Subaru Levoerg GT」の4号車がドニントンパークで行われたRace1にて、10位入賞しました。

4号車は、予選で2秒431遅れの1分14秒160をマークし、11番手の好位置を獲得。Race1決勝では1つ順位を上げて、10位でチェッカー。参戦以来の最高順位を獲得しています。この他Race1では、99号車が17位、39号車が25位となっています。James Coleの駆る20号車は、リタイヤ。その際に、マシンから出火。ドライバーにケガは無かったものの、Race2、3は欠場を余儀なくされています。

Race1のリザルト順のグリッドからスタートとなるRace2は、Levorg GTには厳しいものとなりました。4号車は5周目でリタイヤ、39号車と99号車が19位、20位でチェッカーを受けています。

Race3では、39号車が5週目でリタイヤ、99号車が16位、4号車は最後尾から18位まで順位を上げたところでフィニッシュとなりました。

TeamBMRが「Levorg GT」によるBTCC参戦を決定してから、たった100日。国内選手権とは言え、厳しいコンペティションの中で、これだけのリザルトを獲得したのには驚きを隠せません。見事な成果と言えるでしょう。「Subaru Levoerg GT」は、激戦の中で着実な前進を続けています。しかし、頂点への道程は今まだ始まったばかり。継続的な開発を推し進め、早く表彰台に乗る姿を見たいものです。

>>BTCC.net/PhotoGallery

>>TeamBMR/PhotoGallery

 

この活躍は、WTCCに繋がるのか。

photo by BTCC.net

似たようなエクステリアのWTCCとBTCCですが、レギュレーションは大きく異なっています。BTCCでは、ギアボックス、クラッチ、ブレーキなど幅広く共通部品を導入し、参戦コストの抑制を図っています。もっとも異なるのはエンジンで、WTCCが旧態依然とした2.0LNAを採用するのに対し、BTCCでは現代的な2.0L直噴ターボが用いられています。また、BTCC指定の共通エンジンの使用が可能なため、プライベーターが低コストで独自マシンを製作することも容易です。実際、ワークスとみなされる4メイクス(ホンダ、BMW、スバル、MG)以外にも、プライベーターによって7メーカーの車種が参戦しています。BTCCは、大きな成功を収めつつあります。

当然、レギュレーションが異なるので、TeamBMRの活動がそのままWTCCに移行することは無いでしょう。しかし、レギュレーションの垣根が小さくなれば、その可能性も無いとは言えません。WTCCのレギュレーションの推移を見守りたいところです。

 

スバルの世界選手権での活躍が見たい・・・!

BTCC 2016 TeamBMR LEVORG GT

GT-Rの50連勝、マクラーレン・ホンダ、マツダのルマン優勝。三菱のWRCとパリダカ。そして、スバルのWRC制覇。モータースポーツで生まれた伝説は今日でも、メーカーのイメージと強く結びついています。日本の弱小メーカーだったスバルが、自動車界の巨人であるトヨタやフォードを蹴散らしてトップを快走するその姿は、実に痛快でしたし、それほど鮮烈でした。しかし、記憶は薄れつつあります。ホンダがF1に復帰したのも、トヨタとポルシェがルマンに戻ったのも、彼らが新たな伝説の構築を望んだからです。

日本国内でさえ特異なマイナーメーカーであったスバルが、今やアッパークラスのブランドとして海外で認知されているのは、現行モデルの価値だけではありませんし、中島飛行機やスバル「360」といった伝統でもありません。WRCで実証された個性的メカニズムの技術的優位性こそが、スバルという名の知れぬメーカーに信頼を与えたのです。WRCこそが、海外におけるスバルの歴史の出発点なのです。

それに引き換え、SuperGTやNBRでの活動は、WRCと並ぶほどのインパクトは有していません。なぜなら、戦う相手がWRCのような巨人たちではなく、小規模プライベータだからです。後世まで語り継がれる活躍は、ハイレベルのコンペティションの中でこそ生まれるものです。

また、いつかハイレベルなモータースポーツフィールドで、世界の巨人たちを手玉に取るスバルの姿を見たいものです。そんな伝説こそが、新たなスバルの四半世紀を紡ぐことになるでしょう。

 
BTCC第2ラウンド_1 BTCC第2ラウンド_2 BTCC第2ラウンド_3 BTCC第2ラウンド_4 BTCC第2ラウンド_5 BTCC第2ラウンド_6 BTCC第2ラウンド_7 BTCC第2ラウンド_8 BTCC第2ラウンド_9
 
BTCC第2ラウンド_10 BTCC第2ラウンド_11 BTCC第2ラウンド_12 BTCC第2ラウンド_13 BTCC第2ラウンド_14 BTCC第2ラウンド_15 BTCC第2ラウンド_16 BTCC第2ラウンド_17 BTCC第2ラウンド_18
 
BTCC第2ラウンド_19 BTCC第2ラウンド_20 BTCC第2ラウンド_21 BTCC第2ラウンド_22 BTCC第2ラウンド_23 BTCC第2ラウンド_24 BTCC第2ラウンド_25 BTCC第2ラウンド_26 BTCC第2ラウンド_27
 
BTCC第2ラウンド_28 BTCC第2ラウンド_29 BTCC第2ラウンド_30 BTCC第2ラウンド_31 BTCC第2ラウンド_32 BTCC第2ラウンド_33 BTCC第2ラウンド_34 BTCC第2ラウンド_35
photo by BTCC.net

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語洋樹

 
 

ニュースリスト

 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
XVに決定版、ProudEdition現わる。

2016年06月08日 スバル

XVに決定版、ProudEdition現わる。