スバルショップ三河安城の最新情報。2016年ニュルブルクリンク24時間でSP3Tクラス優勝。| 2016年6月5日更新

 
LEVORG STI Sport EyeSight
photo by SUBARU
WRX STIが2年連続のクラス優勝を飾る!!
 
2016年5月29日 ニュルブルクリンク24時間レースSP3Tクラス

ニュルブルクリンク24時間レースとは。

BTCC レヴォーグ

世界最大の草レースと呼ばれる「ニュルブルクリンク24時間レース」は、第44回を数える耐久レースです。ワークスチームから、プライベーター、果てはファミリーチームまで、種種雑多なマシンが初夏の長い1日をエンジョイする、昔ながらの空気が残る貴重なレースイベントです。

ニュルブルクリンクはドイツ北西部に位置し、1927年に自動車研究を目的として建設された歴史あるサーキットです。オールドコースと呼ばれる北コース(全長:20.832km)、近代的なGPコース(全長:5.1km)、そして既に閉鎖された南コースで形成される、ニュルブルクリンク。ここを舞台とするニュルブルクリンク24時間は、北コースとGPコースを接続した全長25kmの特設サーキットで開催されます。

ニュルブルクリンクの特徴は、山間部の自然の地形を縫うように走るコースレイアウトにあります。全長20kmを超え、コーナー数は172、高低差は300mに達します。バックストレートでは250km/hに到達し、殆どのコーナーは見通しが悪いブラインドコーナーで、起伏に富んだコースゆえにジャンピングスポットもあります。

ここを走行する車両には、左右のコーナリングGだけでなく、ジャンプや振動による激しい縦Gにも晒されます。人間の手で設計されたサーキットと違い、自然の地形に合わせてコースレイアウトが決められているため、想像を絶する厳しい負荷が掛かるのです。その厳しい環境ゆえに「スポーツカー開発の聖地」と呼ばれ、近年は各国の自動車メーカーが最終仕上げ「ニュル詣で」に訪れることでも知られています。また、そのラップタイムはスポーツカーの性能指標のひとつともなっています。

そんなニュルブルクリンクを1昼夜走り通すというのが、世界最大の草レースと言われるニュルブルクリンク24時間レースです。

 

基本的には、夏祭り。

過酷なニュルブルクリンク24時間ですが、実際にはとことん牧歌的なイベントです。はるばるニュルブルクリンクに集った人々は、それぞれ思い々々にBBQ三昧の週末を過ごすのです。コース脇にクルマを停めてテントを張り、ウィンナーを肴にビールを浴びるほど飲む。顔を真っ赤にして寝転び、駆け抜けるエキゾーストノートを子守唄に眠り込む。過酷さとは無縁の週末がそこにはあります。

この牧歌的な雰囲気は、観客だけではありません。今では少なくなりましたが、どう見てもマイカーといった風情のセダンに、カーナンバーを貼り付けただけのクルマも出場しています。ゴール後は、そのまま家族でクルマに乗り込んで家路に着く。そんな風景は、もはや定番となっています。

この辺りが、世界最高峰の耐久レース「ルマン24時間」と異なる所以です。ルマンは、今や完全にファクトリーチームが全面戦争する戦場であり、24時間を全開のまま駆け抜けるという厳しい闘いがそこにはあります。

 

WRX STIが、2年連続4回目のSP3Tクラス優勝。

スバルはSTIを通じて、このニュルブルクリンク24時間に今年も参戦。マシンは全て内製とし、メカニックに選抜ディーラーメカを据えるなど、人材育成と市販車開発を柱に据える参戦スタイルを今年もキープ。基本メカニズムを変えずに進化を続けてきたマシンは、年々熟成を重ねてきています。国内での事前テストで大クラッシュに見舞われたマシンを見事にリペア。しっかり、レースに間に合わせてきました。

予選は、順当にクラス2位。午後3時半に決勝のスタートが切られると、WRX STIは手堅い走りで序盤から順調にラップを重ねていきます。午後5時半、史上初となる雹による赤旗があり、コース上は大混乱。WRX STIもこの混乱の中、あわやの場面に遭遇するも「奇跡的」にこれを回避。レース再開は4時間後の午後7時20分。荒れるコンディションの中、4WDのWRX STIはハイペースを維持しつつ中盤を迎えます。真っ暗闇の中、クラス1位、総合25位前後をキープしつつ、ノートラブルで走行を重ねていきます。ずっと同一周回でWRX STIをマークしていた、クラス2位の104号車Audiは終盤にリタイヤ。最後まで危なげない展開で、見事24時間を走り切ったWRX STIは最終的に総合20位でチェッカー。2年連続4回目のSP3Tクラス優勝を飾っています。

 

変わり始めたその様相。隠れワークスが繰り広げるトップ争い。

90年代以降、ドイツの各メーカーはDTMやADACカップに出場するマシンを参戦させてきました。もっとも、それは技術開発やプロモーションをメインとした参戦でしたから、勝ち負けに拘らないお祭りスタイルでした。しかし、2000年代に入ってルマンの参戦コストが急騰すると、メーカーは徐々にニュルブルクリンク24時間に注目し始めます。

2016年、ワークスサポートを受けるGT3は6~8台に達しました。彼らは、ルマンのようにニュルブルクリンク24時間を全開で走り続け、最後に残った4号車と29号車がラストラップまで激闘を演じました。古き好き「ニュル耐」の面影はそこにはありません。プライベーターの祭典と言われるニュルブルクリンク24時間ですが、残念ながらそのスタイルを変化させていくことになるでしょう。

本来、GT3はパフォーマンス調整を行うことで開発の意図を奪い、販売価格を6000万円以下としてコスト制限を課すという、プライベーターのためのカテゴリーとして作られました。これは、WEC(ルマンを含む)やIMSAで継続しているGTEクラスの開発競争が苛烈になったため、その反省を含んだものです。

現在のところ、GT3はプライベーターでも成功できるカテゴリーとして、世界各国で盛り上がりを見せています。日本のSuperGTやS耐だけでなく、ヨーロッパのブランパンGTシリーズ、北米のIMSAの他、アジアでもシリーズは好調です。その背景には、誰でも購入でき、誰でも扱えるという、手軽さにあります。買ってスグにトップレベルで戦える、プライベーターのためのお祭り。それが、GT3の魅力です。

にも関わらず、今年のニュルブルクリンク24時間が呈した様相は全く異なるものでした。明らかなワークスサポートを得たマシン達は、手練のドライバーの手によって驚愕のペースで走り続けたのです。これでは、GT3の本来意義は破壊されてしまいます。この傾向は警戒されることはあっても、歓迎されるものでは無いでしょう。

 

やはり、総合優勝を狙ってほしい!

TeamBMR LEVORG

日本勢のうち、トヨタとスバルは昔ながらのプロモーションメインのスタイルでの参戦となりました。総合優勝を狙うことなく、自らのベストを尽くす。そんな戦い方でした。そんなスタイルは、国内でも次第に認知されつつあります。一方の日産GT-Rは総合優勝を狙えるST9でエントリーしたものの、車高と車重がハンデとなって苦戦を強いられました。

今回総合優勝を争う中には、日本勢の姿はありませんでした。レースに詳しくない方が見れば、「日本車って大したことないな。」「性能的には、まだ二流なんだな。」と感じるかも知れません。「ドイツ勢>日本勢」との図式が成立しかねないのです。これは、充分懸念に足る事実です。結果的に、マイナスプロモーションともなるでしょう。

80年代のように「技術に勝る外車に立ち向かう、挑戦者たる我が日本車」という図式は過去のもの。トヨタは今や世界に冠たるメーカーであり、GT-Rやインプレッサは海外では今や伝説となっているのです。メーカーの名でエントリーするからには、決して「遅い」というのは許されないことなのです。ニュルブルクリンク24時間は、確かにお祭りイベントかも知れません。しかし、今や時代は変わってしまったのです。

今年参戦を開始したBTCCでは、明らかに不利なワゴンボディでは早くも優勝を遂げています。ハンデを物ともしない戦い。この姿は、後に伝説となっていくことでしょう。

 
ニュルブルクリンク24時間_1 ニュルブルクリンク24時間_2 ニュルブルクリンク24時間_3 ニュルブルクリンク24時間_4 ニュルブルクリンク24時間_5 ニュルブルクリンク24時間_6 ニュルブルクリンク24時間_7 ニュルブルクリンク24時間_8 ニュルブルクリンク24時間_9
 
ニュルブルクリンク24時間_10 ニュルブルクリンク24時間_11 ニュルブルクリンク24時間_12 ニュルブルクリンク24時間_13 ニュルブルクリンク24時間_14 ニュルブルクリンク24時間_15 ニュルブルクリンク24時間_16 ニュルブルクリンク24時間_17 ニュルブルクリンク24時間_18
 
ニュルブルクリンク24時間_19 ニュルブルクリンク24時間_20 ニュルブルクリンク24時間_21 ニュルブルクリンク24時間_22 ニュルブルクリンク24時間_23 ニュルブルクリンク24時間_24 ニュルブルクリンク24時間_25 ニュルブルクリンク24時間_26 ニュルブルクリンク24時間_27
 
ニュルブルクリンク24時間_28 ニュルブルクリンク24時間_29 ニュルブルクリンク24時間_30 ニュルブルクリンク24時間_31 ニュルブルクリンク24時間_32 ニュルブルクリンク24時間_33 ニュルブルクリンク24時間_34 ニュルブルクリンク24時間_35 ニュルブルクリンク24時間_36
 
ニュルブルクリンク24時間_37 ニュルブルクリンク24時間_38 ニュルブルクリンク24時間_39 ニュルブルクリンク24時間_40 ニュルブルクリンク24時間_41 ニュルブルクリンク24時間_42 ニュルブルクリンク24時間_43 ニュルブルクリンク24時間_44 ニュルブルクリンク24時間_45
 
ニュルブルクリンク24時間_46 ニュルブルクリンク24時間_47 ニュルブルクリンク24時間_48 ニュルブルクリンク24時間_49 ニュルブルクリンク24時間_50 ニュルブルクリンク24時間_51 ニュルブルクリンク24時間_52 ニュルブルクリンク24時間_53 ニュルブルクリンク24時間_54
 
ニュルブルクリンク24時間_55 ニュルブルクリンク24時間_56 ニュルブルクリンク24時間_57 ニュルブルクリンク24時間_58 ニュルブルクリンク24時間_59
 
photo by SUBARU
ニュルブルクリンク24時間_01 ニュルブルクリンク24時間_02 ニュルブルクリンク24時間_03 ニュルブルクリンク24時間_04 ニュルブルクリンク24時間_05 ニュルブルクリンク24時間_06 ニュルブルクリンク24時間_07 ニュルブルクリンク24時間_08 ニュルブルクリンク24時間_09
 
ニュルブルクリンク24時間_10 ニュルブルクリンク24時間_11 ニュルブルクリンク24時間_12 ニュルブルクリンク24時間_13 ニュルブルクリンク24時間_14 ニュルブルクリンク24時間_15 ニュルブルクリンク24時間_16 ニュルブルクリンク24時間_17 ニュルブルクリンク24時間_18
 
ニュルブルクリンク24時間_19 ニュルブルクリンク24時間_20 ニュルブルクリンク24時間_21 ニュルブルクリンク24時間_22 ニュルブルクリンク24時間_23 ニュルブルクリンク24時間_24 ニュルブルクリンク24時間_25 ニュルブルクリンク24時間_26 ニュルブルクリンク24時間_27
 
ニュルブルクリンク24時間_28 ニュルブルクリンク24時間_29 ニュルブルクリンク24時間_30 ニュルブルクリンク24時間_31
photo by STI

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語洋樹

スバルショップ三河安城和泉店

 
 

ニュースリスト

 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
XVに決定版、ProudEdition現わる。

2016年06月08日 スバル

XVに決定版、ProudEdition現わる。

 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要