スバルショップ三河安城の最新情報。新型インプレッサ、ついに発表!!驚愕の完成度、感動レベルの動的質感。| 2016年8月1日更新

 
新型インプレッサ発表
photo by SUBARU
新型インプレッサ、遂に国内発表。
 
2016年8月1日 革命的な進化を遂げるインプレッサの実力とは。

新型インプレッサ大特集。

 
 

革命的進化を遂げた、新型インプレッサが時代を変える。

初代レガシィ登場以来の大革新。そうスバルが表現する、新型インプレッサがついに発表となりました。見た目には、旧型からの正常進化版にしか見えない新型インプレッサ。その本質は、どう劇的進化を遂げたのでしょうか。

全方位でバランスのとれた完成度を誇り、成功を収めた4代目インプレッサ。そのフルモデルチェンジにあたって、スバルは以下の6つを開発コンセプトに掲げました。

1.ダントツの総合安全性能

2.感動レベルの動的質感

3.スポーティ&先進デザイン+クラスを超えた質感

4.Fun to Driveを盛り上げる快適室内

5.アクティブライフを充実させる実用性

6.実感できる実用燃費の良さ

最重点開発項目として、以下が掲げられています。

1.ダントツの総合安全性能「New SUBARU SAFETYの進化を実現」

2.クラスを超えた感動質感(動的・静的)「新たなスタンダードとなる付加価値の提案」

新型インプレッサは、特にこの2点に徹底的にこだわって開発が進められました。この2点を徹底的に進化・深化させることで競合との差別化を図る、というのがスバルの狙いです。それでこそ、強豪ひしめくCセグメントで「際立つ」唯一の道であると、スバルは考えたのです。

 

完全にベツモノ!一気に2階級上げて、プレミアムクラスへ斬り込め!

New IMPREZA 2017

国産車は便利さ・経済性・生産性において世界を極めたとはいえ、クルマ本来の「出来」ー走る・曲がる・止まるという三原則ーにおいては、依然として大きな開きがあります。そこには、交通環境と自動車文化が大きく関わっています。

例えば、ドイツのアウトバーン。現在ではその距離は短くなったとは言え、速度無制限区間では200km/h超での巡航が日常のこと。また、うねりとカーブの連続する郊外路を80km/h近い速度で走るのも、これまた日常。

100km/h以下の速度制限があり、郊外路でも50km/h以下で走る日本とは交通環境が異なるのです。これは、ひたすら続くハイウェイと碁盤の目の市街路で構成される北米も同じことです。

こうした環境下で磨き上げられてきたからこそ、欧州車の完成度は高いのです。90年代にそこに気がついた日本メーカーは、その真髄をニュルブルクリンクと定めてニュル詣でを始めました。

新型インプレッサは、次世代プラットフォームによる強靭なシャシーをベースに、徹底的に「基本」にこだわって鍛え上げられました。その走りのレベルは、欧州車に匹敵もしくは凌駕するレベルを達成。

国産車の価格で、プレミアムブランドの走りが手に入るとしたら・・・。それが、新型インプレッサの魅力です。

 

強靭なシャシーが紡ぎだす、正確無比なハンドリング。

SUBARU GLOBAL PLATFORM

クルマの動きはすべて、タイヤと地面の関係で決まります。タイヤの接地面が目まぐるしく変化すれば、タイヤ摩擦力も不安定。こうなるとクルマの挙動も、不安定。クルマの動きは正確性に欠け、接地感もありません。

サスペンションは振動を緩衝するものですが、もっとも重要な仕事は「接地面変化をなくすこと」です。そのためには、サスペンションがスムーズかつ正確に動くことが肝要。新型インプレッサでは、ボディを徹底的に強靭にしただけでなく、サスペンションの取付け剛性を強化してきました。実は、ココこそが国産車の弱点だったのです。

サスペンション剛性を高めると振動を伝達しやすくなり、乗り心地が悪化します。そこで、柔らかいゴムブッシュに振動を「吸収」させてしまえばイイ。サスペンション剛性は当然低下しますが、速度域が低い日本では「馬脚は現さずに済む」という訳です。こうして、「作られた乗り心地」が長年日本を占拠してきました。

新型インプレッサではボディ剛性を示す、フロント車体横曲げ剛性で+90%、車体ねじり剛性で+70%の向上。サスペンション剛性を示す、フロントサスペンション剛性で+70%、リヤサブフレーム剛性で+100%の向上を果たしています。この強靭化によって、サスペンション本来の動きを引き出します。こうして生み出されたサスペンションは、手練の職人たちの手に委ねられて徹底的な走り込みが行われました。こうして完成したのが、新型インプレッサの正確無比なハンドリング。「こだわりの足廻り」なのです。

 

ただ、硬いだけではない。その硬さにこだわった、理想のシャシー。

スバルグローバルプラットフォーム

新型インプレッサのシャシー「SUBARU GLOBAL PLATFORM」はその絶対的な剛性の高さだけでなく、その硬さにもこだわっています。なぜなら、シャシーはただ硬いだけでは不十分だと、スバルは考えているからです。

スバルが今回徹底的にこだわったのは、剛性に切れ目のないこと。例えば、前半部と後半部の接続部が弱ければ、ボディ剛性はそこに切れ目を生じます。そこで応力集中を生じ、結果として全体的なボディ剛性を低下させます。

そこでスバルは、2本のフレームが前後に縦貫する構造を採用。エンジンマウント、フロントサスペンションマウント、バルクヘッド両端、フロア下、そして燃料タンクサイド、リヤサスペンションマウント、リヤインパクトビーム。クルマで生じる応力のほぼ全てを網羅する、2本のフレーム。これによって、新型インプレッサは切れ目のないボディ剛性を実現したのです。

 

徹底的にこだわって仕上げられて実現した、過去最高の動的質感。

感動レベルの動的質感

動的質感を高める方程式。それは、決して馬脚を現さない盤石の走行性能と、不快な振動騒音が一切ない完璧な静粛性にあります。ただ速いのではなく、ただ静かなだけでもない。ドライバーを心の底から感動させる、クルマ。それが、新型インプレッサの目指した「感動レベルの動的質感」です。

新型インプレッサはボディ剛性を徹底的に引き上げたことで、タイヤの動的な位置決め精度が大きく改善。ドライバーにの微小な操舵も、確実に路面に伝達。新型インプレッサはドライバーの操作に正確に反応します。直進安定性が改善したばかりか、ダブルレーンチェンジの通過速度も大きく性能が向上しています。

 

欧州プレミアムブランドに匹敵する静粛性。

新型インプレッサのインテリア

ボディ剛性の向上によって、ボディ自体の共振周波数が高められています。これにより、ドタドタ・ブルブルといった不快なフロア振動が従来に比べて劇的に改善。荒れた路面でも、ドライバーを決して不安にはさせません。振動の収束はより早くなり、その絶対量も確実に少なくなっています。全後席の会話明瞭度も、ワンクラス上のレベルを達成。

こうした改善を示すデータを見ていけば、国産競合車は当然ながら、欧州プレミアムブランドをも凌駕していることが分かります。思い通りに走れる操舵応答性を持ち、不快な振動騒音が無く、快適な乗り心地を有する新型インプレッサ。その進化は、驚異的です。

 

世界でダントツの総合安全性能。新型インプレッサが起こす革命的進化。

際立とう2020 スバルブランドを磨く6つの取り組み 際立とう2020 総合安全NO1ブランドであり続ける

26日の発表では、歩行者用エアバッグを標準装備が大きな話題となりました。しかし、それは新型インプレッサの安全性能のほんの一面に過ぎません。新型インプレッサは、世界でダントツの安全性能を実現スべく、全面刷新されたプラットフォームを中心に総合安全性能を大きく進化させているのです。

安全性能は、ステージから3つに分類されます。

・走行安全:危険を回避するための運動性能

・予防安全:危険を予知・予測し、支援・回避するシステム

・衝突安全:衝撃から乗員を保護する構造・システム

これに加えて、スバルは「0次安全」を提唱してきました。

・0次安全:危険の探知を早めるインターフェース

スバルは、この4つの安全性能をまとめた総合安全性能で世界をリードする存在を目指しています。大好きなクルマで、傷付く人が例えひとりでも存在してはならない。そんな強い想いが、安全へのこだわりとなって今に続いているのです。「事故でも助かるクルマ」ではなく、「事故に遭わないクルマ」、それを越えて「ヒヤリもハッともしなくて済むクルマ」。それがスバルの目指す安全のあり方です。

 

運転のしにくいクルマに、安全は無し。0次安全の追求。

0次安全の追求。

スバルは、航空機開発に端を発する自動車メーカーです。それ故、インテリアを家具とは考えず、コックピットだと考えて慎重に設計を行なってきました。本来、コックピットは「運転操作に最大限適した設計」で無くてはなりません。ですから、死角を増やすデザイン、見難い計器、使いづらいスイッチ、認識を妨げる加飾、こういったものはスバルのインテリアには、一切存在しません。これをスバルは0次安全と呼んで、すべてのクルマの設計に盛り込んできたのです。

それは、新型インプレッサでも変わりません。運転席にぜひお座り下さい。視界は何処までも広く、すべての計器類はシンプルで見やすく、スイッチ類は手を伸ばすだけで使えるように、考え抜かれています。新型インプレッサは、性能に優れているだけではありません。クルマを動かしたその瞬間から、その良さが感じられるでしょう。

 

スバルの走りがもたらす、本当の安全性能。

アクティブトルクベクタリングの採用

次世代プラットフォームの採用によって、強靭なシャシー性能を手に入れた新型インプレッサ。その走行性能はドライバーが万が一の際に、「回避性能」として力を発揮します。正確なハンドリング、優れた操舵応答性によって、思いのままに新型インプレッサは危機を脱することができるでしょう。その気持ちの余裕がドライバーに安心をもたらし、ロングドライブでも疲れないスバルならではの走りを生みだすのです。

加えて、新たにアクティブトルクベクタリングが採用されます。コーナリング限界付近でアンダーステアに見舞われるような場合、イン側の各輪に個別にブレーキを掛けて旋回時のライントレース性を向上させます。

確かな走行安全性能があるからこそ、本当に運転を愉しめるのです。安全と愉しさ、それがスバルのクルマ創りです。

 

遂に全車標準装備となるEyeSight。スバルが、予防安全の新たな時代を切り拓く。

Yellow Edition 1

スバルが、世界に先鞭をつけた予防安全システム「EyeSight」。このEyeSightが新たに2WDにも搭載され、遂に全車標準装備となります。

搭載されるEyeSightは、現行インプレッサが後期型に切り替わる際に換装されたver.3が引き続き採用されます。しかし、今回新たな機能が追加され、より一層の進化を遂げています。レヴォーグとWRX S4にしか無かった、車線中央維持機能が追加されたのです。これによって、65km/h以上であれば半自動運転が可能となります。さらに、パーキングブレーキが電子制御化。クルーズコントロールで停止した際の停止保持機能が追加になっています。

EyeSightが全グレード標準装備となるのは、大きなニュースでしょう。1.6L2WDモデルにEyeSightが設定されることで、より安価にEyeSgiht搭載車を購入できるようになります。営業車や商用車の需要も期待できるでしょう。

 

新時代に対応する、世界最高性能の衝突安全性能。

これまで、乗用車の衝突試験はフロント、サイド、リヤの3方向に限定されてきました。しかし、リアルワールドでの事故はこの限りではありません。スバルはこれを全方位安全と呼び、新型インプレッサでは、その衝突安全性能を大きく進化させました。

近年、スモールオーバーラップ衝突試験のように非常に薄くバリアに当てる試験が始まっています。実は、正面衝突では互いに回避行動を取るため、こうした事象は全体の25%になるともされ、その対策は急務とされているのです。スモールオーバーラップ衝突試験ではフロントフレームの外側に衝突するので、そのエネルギーはバルクヘッドに直接入力されます。すると、Aピラーが大きく後方に変形して、全席乗員の下肢部に重大な損傷を与えてしまいます。新型インプレッサは、前後に縦貫した2本のフレームによって、切れ目のない強度を確保。このフレームとバルクヘッド、Aピラーは互いに強固に連結されており、衝突エネルギーはうまく分散されて乗員の生存スペースを確保します。

 

試験でのハイスコアを目指すのではない。ほんとうに安全なクルマを。

衝突時にエンジンが脱落

すべてのスバル製のモデルはフルフラップやオフセット衝突で激しい入力を受けると、エンジンとトランスミッションが後下方に脱落して、衝突エネルギーの分散を図る設計になっています。これは、エンジンが上下に薄いスバルだからこそ採用できる機構で、V型や直列エンジン搭載車はエンジンがバルクヘッドにめり込んでいくので、たいへん危険です。

新型インプレッサは、この機構にさらなる改善を盛り込みました。プロペラシャフトが事故時に縮むストロークを増やしたのです。これによって、大入力時の生存スペース確保を図ります。

この機構が効果を発揮する衝突事象は、生命に重大な危険を与えるような場合です。つまり、現在の衝突試験の対象外となります。しかし、富士重工は中島飛行機以来、安全を第一とする設計を旨としてきました。安全の限りない追求は、スバルのこだわりです。交通事故がゼロとなるその日まで、安全性能の追求は続きます。

 

オドロキの標準装備。歩行者保護エアバッグ。

新型インプレッサには、歩行者の頭部を保護する目的でスバルが開発を進めていた歩行者保護エアバッグが新たに搭載されました。歩行者保護エアバッグは、ボルボ「V40」、ランドローバー「ディスカバリースポーツ」に続いて、世界で3番目の採用となります。

日本国内の交通事故において犠牲者の約半数が歩行者および自転車であり、その対策は急務とされてきました。そのため、各メーカーはボンネットを意図的に柔らかく設計し、頭部がボンネットに打ち付けられた際の損傷を最小限に留めるべく対策を行なってきました。水平対向エンジンを採用するスバルの場合、エンジン高が低いため、ボンネット下に余裕があります。それ故、直列エンジンを採用する他メーカーに比べて、歩行者保護に有利なのです。

しかし、スバルはさらなる安全性能の向上を図るため、歩行者保護エアバッグを採用しました。

 

新たに直噴化される、2.0LNAエンジン。

際立とう2020 エンジン開発ロードマップ

スバルは現在、水平対向エンジンの直噴化を順次進めています。第一弾は、BR/BM型レガシィで初採用された300ps級のFA20DITエンジン。86/BRZ用FA20のトヨタ製直噴ヘッドに換えて、独自開発の直噴ヘッドを搭載しターボ化したユニット。第二弾は、レヴォーグにのみ搭載されるFB16DIT。レギュラーガソリン仕様のまま、2.0L級の燃費と2.5L級のパワーを両立する環境対応ターボユニット。

新型インプレッサでは、第三弾となる2.0L直噴NAユニットを新採用。現行のFB20をベースに、シリンダーヘッドを直噴ヘッドに換装。ボアストローク値はそのままながら、圧縮比を12.5:1まで高めて燃焼効率を改善し、環境性能と出力向上を両立させています。一方、1.6Lは各部品の見直しを行なって、実用燃費の向上を図るブラッシュアップのみに留まっています。

 

レシオカバレージの拡大によって実用燃費を改善するリニアトロニック。

Yellow Edition 1

トランスミッションは、リニアトロニックを継続します。今回、チェーンがショートピッチ化されて、巻き掛け半径を縮小。ロー側およびハイ側にそれぞれ変速範囲を拡大し、レシオカバレージを8ATと同等レベルまで拡張。高速巡航時のエンジン回転数を、約10%低下させるのに成功しています。

世界ではATの超多段化が進んでいます。ほんの数年前まで6ATでさえ贅沢であったのが、今では10ATが実用化される時代。超多段化の理由の第一は、高速巡航時のエンジン回転数の低下による燃費の改善にあります。リニアトロニックの改良は、新型インプレッサの実用燃費の向上に大きく貢献しています。

この他、ドライバビリティの改善や軽量化も同時に実施されており、新型リニアトロニックは新型インプレッサの進化に大きな力を発揮することでしょう。

 

大きくなるけど、決して大きく感じさせない。

新型インプレッサ 現行インプレッサ
ボディタイプ 4doorセダン 5doorハッチバック 4doorセダン 5doorハッチバック
全長[mm] 4625(+45) 4460(+45) 4585 4415
全幅[mm] 1775(+35) 1740
全高[mm] 1455(-10) 1480(-10) 1465
ホイールベース[mm] 2670(+25) 2645
最小回転半径[m] 5.3
最低地上高[mm] 130(-15) 145
エンジン FB20型水平対向4気筒直噴DOHC NA FB20型水平対向4気筒DOHC NA
排気量 1,995 cc
ボア・ストローク 84 x 90 mm
最大出力 154ps/6000rpm 150ps/6200rpm
最大トルク 196N-m/4000rpm 196N-m/4200rpm
トランスミッション リニアトロニック
駆動方式 シンメトリカルAWD または FF シンメトリカルAWD

新型インプレッサは、次世代プラットフォームの採用に合わせてボディサイズが、一回り拡大されています。しかし、最小回転半径とミラーを含めた全幅を現行インプレッサと同じサイズとして、「実際のサイズ」はキープしてきました。これならば、取り回しに困ることはないでしょう。

ボディサイズの拡大分は抑揚あるエクステリアデザインのために使われる他、室内スペースももちろん拡大されています。フロア高さを下げ、カップルディスタンス(前左右席感覚)を広げ、よりゆったりとしたキャビンスペースを実現しています。インテリアデザインの質感向上と合わせ、ワンクラス上の満足感が得られることでしょう。

 

新型インプレッサ、先行予約の開始は8月下旬!

この秋登場する新型インプレッサは、スバルの次世代を担う中核車種として全身全霊を掛けて開発されました。

欧州車を目指すのではなく、これを凌駕するクルマを開発する。その並々ならぬ決意があってこそ、誕生したクルマです。兎角、最新技術の博覧会の呈を示して、クルマ本来の「大切なもの」をないがしろにしたモデルが増えつつあるなか、スバルが考える「本当にいいクルマ」はこれなんだ!という強い思いが伝わってきます。

感動レベルの動的質感。それは一体どんなものなのでしょう。「本当にいいクルマ」を造り続けてきた、こだわりのエンジニア達が辿り着いた極地とは?新型インプレッサ、早くその出来を試してみたいものです。

さて、新型インプレッサは8月下旬より、先行受注が開始されます。ぜひ、ご検討下さい。

 
新型インプレッサ_1 新型インプレッサ_2 新型インプレッサ_3 新型インプレッサ_4 新型インプレッサ_5 新型インプレッサ_6 新型インプレッサ_7 新型インプレッサ_8 新型インプレッサ_9
 
新型インプレッサ_10 新型インプレッサ_11 新型インプレッサ_12 新型インプレッサ_13 新型インプレッサ_14 新型インプレッサ_15 新型インプレッサ_16 新型インプレッサ_17 新型インプレッサ_18
 
新型インプレッサ_19 新型インプレッサ_20 新型インプレッサ_21 新型インプレッサ_22 新型インプレッサ_23 新型インプレッサ_24 新型インプレッサ_25 新型インプレッサ_26 新型インプレッサ_27
 
新型インプレッサ_28 新型インプレッサ_29 新型インプレッサ_30 新型インプレッサ_31 新型インプレッサ_32 新型インプレッサ_33 新型インプレッサ_34 新型インプレッサ_35 新型インプレッサ_36
 
新型インプレッサ_37 新型インプレッサ_38 新型インプレッサ_39 新型インプレッサ_40 新型インプレッサ_41 新型インプレッサ_42 新型インプレッサ_43 新型インプレッサ_44 新型インプレッサ_45
 
新型インプレッサ_46 新型インプレッサ_47 新型インプレッサ_48 新型インプレッサ_49 新型インプレッサ_50 新型インプレッサ_51 新型インプレッサ_52 新型インプレッサ_53 新型インプレッサ_54
 
新型インプレッサ_55 新型インプレッサ_56 新型インプレッサ_57 新型インプレッサ_58 新型インプレッサ_59 新型インプレッサ_60 新型インプレッサ_61 新型インプレッサ_62
photo by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語洋樹

スバルショップ三河安城和泉店

 
 

ニュースリスト

 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
XVに決定版、ProudEdition現わる。

2016年06月08日 スバル

XVに決定版、ProudEdition現わる。

 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要