スバルショップ三河安城の最新情報。新型インプレッサ試乗記「コイツはとんでもない傑作だ!」| 2016年10月21日更新

 
「WRX S4 tS」登場。
photo by SUBARU
新型インプレッサ 試乗記
 
2016年10月12日 既に驚愕の完成度。究極のスバル現る。

驚愕の完成度。もはや、ファミリーカーにあらず。

WRX S4 tSのエクステリア WRX S4 tSのインテリア WRX S4 tSのインテリア

スバルは新型インプレッサを「初代レガシィ以来の一大革新」だと、公言してきました。スバルの近未来を担う入魂の一作たる、新型インプレッサ。その一方、コストとクォリティに制限があるCセグメントでいったい何ができるのか?疑いにも似た感情は「大言壮語」という言葉となって頭をよぎる中、小生は新型インプレッサの試乗・研修会に向かうべくレヴォーグで亀山に向かっていました。

SUBARU GLOBAL PLATFORM(以下、SGP)という、完全新設計の次世代シャシーを初採用した新型インプレッサは、今後10年のスバルを占う存在として社運を掛けて開発されています。その出来が余りにも酷ければ、スバルというブランドは業界再編の波に飲まれてしまうでしょう。つまり、それだけ新型インプレッサは重要な役割を担っているのです。

富士重工業主催の試乗会で、明らかになったそのポテンシャル。今回は、その詳細をお届けしましょう。

 

確実な進化を伺えるものの、パッと見は極フツー。

三重県にあるショートサーキット「鈴鹿ツインサーキット」が、今回の舞台。訪れてみると、パドック裏には比較用の他メーカ車と共に、新旧インプレッサが列をなして並んでいます。ひとつ困ったのは、パッと見で新旧を見分けられないこと。新型インプレッサをよくよく見ると、面の構成は格段に緻密になっていて、その佇まいは格段に高級感を増しています。ただ、その違いは劇的なものではありません。

不安が、次第に大きくなってきました。新型インプレッサは、本当に革新的進化を遂げたのでしょうか?

新型インプレッサスポーツサイドビュー
 

レヴォーグはおろかレガシィさえも凌駕する、精緻かつ上質なインテリア。

新型インプレッサのインテリア 新型インプレッサのメータークラスター
新型インプレッサのドアハンドル
新型インプレッサのシート表皮のテクスチャ
新型インプレッサのパワーウィンドウスイッチ

まずは、ワインディングを模擬したサーキット内のアプローチ路での試乗からスタート。期待と不安が入り交じった、不思議な気持ちのまま、運営スタッフの方から指示される通り、「IMPREZA SPORT 2.0i-S EyeSight」のドアを開けて乗り込みます。

(ここから、まるまる4時間。新型インプレッサに私は度肝を抜かれっぱなしになるのです。)

早速、その進化を感じたのが、驚きの静粛性の高さ。静粛レベルはレヴォーグを超えて、アウトバックと同等かそれ以上。ドアを閉めると、ピタリと喧騒が消えて静寂に包まれます。そのレベルは、スタッフ氏の指示を聞くため慌てて窓を開けたほど。ステアリグの感触を確かめるために指を滑らせると、その微かな音もハッキリと聞き取れます。

エアコン等のスイッチ類は、スバル伝統のシンプル設計。何処に何があるか、迷わずに操作が可能。それぞれの操作感も、質感向上に役立っています。

インテリアをコックピットだと捉えて設計を行う、スバル。派手な加飾は気が散るので、一切なし。そんな伝統は、新型インプレッサにもしっかり受け継がれています。視界は限りなく広く取られ、明るく落ち着いた室内空間に仕上がっています。一方で、各パネルの繋がりや連続感はスゴくよく作り込まれていて、シンプルながら操作しやすく、精緻な機械感を強く感じさせます。

新型インプレッサのフロントシート 新型インプレッサのリヤシート 新型インプレッサのシフトパネル
 

一般道試乗:安心感に包まれながら、ガンガンに踏んでいける。恐ろしい完成度の高さ。

新型FB20 直噴NAエンジン 新型リニアトロニック
新型FB20 エンジンレスポンス向上
新型リニアトロニック イナーシャ低減

無線から指示が飛び、いよいよその一歩を印します。電動パーキングを解除し、セレクトレバーをDレンジに引き込む。この、発進から流れに乗るまでの極低速~低速領域。スバルは今回、クルマの質感が明確に現れるこの領域に徹底的にこだわりました。

ブレーキをリリースすると事も無げにスルスルと動き出す、新型インプレッサ。適度に重いアクセルペダルを踏み込むと、スッとエンジン回転が高まると同時に、グッと押し出すように力強く加速していきます。CVTの悪癖である、エンジン回転と加速がズレるズルズル感、リニアトロニックにも僅かに感じられるあの感覚。新型インプレッサでは、それが完全に払拭されています。

直噴化によるエンジンレスポンスの向上と、リニアトロニックのレシオカバレッジ(変速範囲)の拡大とイナーシャ低減が大きく効果を発揮しています。燃費改善ための改良ばかりが幅を利かす昨今、純粋にフィーリング向上を狙って改良を施したスバルには本当に驚かされるばかりです。

アクセルで、直接クルマを押し出しているようなダイレクト感。この感覚は、クセになりそうです。

 

徹底的に鍛え上げられたシャシーを持つ、新型インプレッサ。

新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー
新型インプレッサスポーツサイドビュー
新型インプレッサスポーツサイドビュー

まずは、試乗会用に置かれた凸凹を乗り越える。ゴンゴンッドンッ!とフロア振動が起こりそうな、エッジの効いた凸凹です。ちょっと振動に身構えるように通過する。ところが、何と拍子抜け。新型インプレッサは、コンコンコンと柔らかい音を残して、軽やかに通過してしまうではないですか。しかも、この印象はフロントもリヤも変わりません。これは、半端な進化ではありません。

おいおい!コイツは18インチじゃないのか!?完全に、呆気に取られてしまう小生でした。

現行SIシャシーではリヤバルクヘッド付近でサイドフレームが途切れ、剛性の切れ目が生じています。弱点はココにありました。剛性が劣るシャシーでサスペンションを固く締め上げると、サスペンションからの突き上げに充分対抗できず、ボディにより大きなキシミやねじれが生じます。走りの精度が低下し、NVH(音や振動)も悪化。となると、サスペンションを緩め、ボディ入力を軽減させる他ありません。旧型インプレッサでリヤの突き上げを解消するため、マイナーチェンジでサスペンションを柔らかくしたのは、そのためです。

SGPでは前後を縦貫するフレームを2本増やし、さらにテールエンドまでサイドフレームを貫通。シャシー全体でねじり剛性を70%も引き上げた他、サスペンション剛性も大幅に向上。強靭なシャシーに進化した分、強いサスペンション入力でもボディがしっかり反力を発揮。サスペンションをしっかりストロークさせて、ショックを吸収します。例え、18インチという低扁平タイヤでも新型インプレッサは、余裕をもって路面入力を「いなす」ことができるのです。

オドロキにオドロキが重なる新型インプレッサ。しかし、本領発揮はまだまだだったのです!

 

盤石の接地感。経験のない人馬一体感。コイツはとんでもない完成度。

新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー
新型インプレッサスポーツサイドビュー

パドック裏を抜けてアプローチ路に出ると、先導車のフォレスターXTは一気に加速。追いすがるべく、コチラも一気に60km/h近くまで加速する。グルルルッーと小気味よいボクサーサウンドを響かせて、新型インプレッサはスピードに乗っていきます。

まずは、左コーナー。スーッと切り込んでいくと寸分違わずヨーが立ち上がり、グッ―と結構なコーナリングフォースが掛かってきます。続いて、右コーナー。この左右の切返しは、サスペンションの良し悪しが明確に感じられるポイントです。現行インプレッサでは切返しの瞬間に接地感が抜けるために、ロールが落ち着くまでフラつくような感覚に襲われる、そんなシーンです。ところが、新型インプレッサは違います。

ロール角自体が小さいため切返しが素早く、接地感が片時も抜けません。ステアリングフィールはいつでも明瞭で、路面をありありと感じながら、自信を持ってコーナーに進入していけます。舵角自体も明らかに小さく、常にコントローラブル。

強靭になったシャシーが作り出す、異次元の正確さを持ったコーナリング。コイツはトンデモナイ進化!もう、あっという間に懸念は吹き飛んで、オドロキと興奮が小生を襲ってきます。

 

Cセグメントではありえない、とてつもない懐の深さ。

新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー

その先は左へ旋回しながら下る、ブラインドコーナー。クルマとの一体感に欠けるクルマだと、少し対向車が心配になるコーナーです。しかし、ココでも違う。安心感がケタ違いなのです。何かあっても絶対に対処できる、そんな人馬一体の安心感。たったコーナー3つです。たった、数十秒でその感覚は絶対的なものになっていました。ブレーキを掛けながら急勾配を下りきると、側溝のグレーチングが道路を横断。ゴンッ!ダンッ!と暴れるイメージが頭をよぎり身構えます。

いやいや、しかし・・・!コンッスタンッと何喰わぬ顔で通り過ぎる新型インプレッサ!何という事でしょう。本当に、コイツはファミリーカーなのでしょうか。

 

ブレーキは、パッドが吸い付くような精緻なフィーリングが秀逸。

新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー

そして、ブレーキ。何でしょうか。この精緻なフィーリングは。パッドがローターに吸い付くように、挟み付けていく感覚が分かります。初期制動がグッと立ち上がり、しかも僅かな踏力変化で自在に制動力を制御できます。もうつま先で直接、ローターを挟んでいるかのよう。新型インプレッサのブレーキを掛けたのは、これが初めてなのに・・・。

ここで、微小舵角のフィーリングをチェック。右に左に15度ほどの舵角で操舵を繰り返し、操舵応答性を確かめます。なるほど、そのフィーリングは著しくリニア。スパッと切れる、というほどではありませんが、スッスッととてつもなく素直。それでいて、しっとり。動的質感、まさに言い得て妙。走りがいい、だけじゃない。走りが愉しい。そんなレベルに進化しています。

ここで、試乗は終了。再び、出発点に戻ります。小生の頭は完全に混乱し、ヒザは少し笑っています。既に、この時確信していました。

スバルは、トンデモナイものを作った、と。

 

いつでも、コントローラブル。いつでも、余裕綽々。

新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー
新型インプレッサスポーツサイドビュー
新型インプレッサスポーツサイドビュー

続いて、本コース上での高速試乗。新型インプレッサはサーキット上で一体どんなポテンシャルを見せるのでしょうか。もう、期待に胸が張り裂けんばかりの小生。再び乗り込むと、サーキット走行用にシートとステアリング位置を近めに調整。シートベルトを締めて、シートに体をうずめてホールドさせる。次に、電動サイドブレーキを開放して、セレクトレバーをDレンジへ。ブレーキをリリースすると、今回の先導車であるWRX S4を追ってコースに出ます。

鈴鹿ツインサーキットはコース幅も広く、走りやすい印象。路面はまだ新しく、非常にスムーズ。高速コーナーこそ無いものの、左に荷重を残してのターンインとなる2コーナーなど、ボディバランスが肝要なコースレイアウトです。

1コーナー先をアウト側から合流すると、ブレーキングして右にターン。180°回り込んでいく2コーナーを、素直にターンしていく新型インプレッサ。立ち上がりで3コーナーの縁石をかすめて左右の複合コーナーへ進入。荷重が右に残りつつのブレーキングでも、ブレることなくきれいに進入していきます。右のヘアピンコーナーではいとも簡単にクリップを捉え、多めに縁石に乗せても盤石の立ち上がり。加速しつつ、シケインへ。左・右と大胆に縁石を使っていきます。スタンスタンッと軽くこれをクリア。10コーナーでS4を眼前に捉えながらのブレーキングでも、極めてコントローラブルなので全く不安はありません。その先の12コーナーのヘアピンではS4とは違うラインで進入させますが、舵角の修正で容易にラインをコントロールしていけます。もちろん、前走のS4は全開ではないでしょう。しかし、コチラもまったく余裕綽々。クロスラインでインに飛び込めそうな、そんなマージンがあります。

 

完全なる人馬一体感。

新型インプレッサスポーツサイドビュー 新型インプレッサスポーツサイドビュー

特に感心したのは、クルマとの強い人馬一体感。新型インプレッサは動きが極めて正確なため、その挙動が余裕をもって予測可能。それ故、多少プッシュしても常に安心して攻めていけるのです。

次に、舵角の小ささ。スッとインにノーズが入るので、大舵角で回り込む必要がありません。これはちょうど、セッティングが完璧に決まったレーシングカーと同じフィーリング。コーナリング中も、ブレーキング中も自在にラインコントロールが可能。ターンインも一発でラインが決まります。高速シケインもスッスッと切れば、パンパンとキレイに縁石を飛んでいきます。シャシー剛性が高いため高G下でもボディがよれず、それゆえタイヤが正確に路面を捕らえられるのです。

タイトコーナーでアクセルを開けていけばトルクべクタリングが作動し、ヨーが増強されてレコードラインをキープしていきます。電気じかけの違和感は微塵もなく、極々自然にグッ―と押し出すようにトラクションが掛かっていきます。素晴らしいの、一言。

これは本当にファミリーカーなのでしょうか?ボディは弱音を吐く気配すら見せず、高G下でもグリップにまだまだマージンを残しています。ロール角が深くなっても底付き感はまったく無く、アウト側の縁石に乗せてもしっかりダンピングが効いています。決して馬脚を現さない、恐ろしく深いシャシーのキャパシティです。

 

新型インプレッサ SPORT & G4

新型インプレッサ_1 新型インプレッサ_2 新型インプレッサ_3 新型インプレッサ_4 新型インプレッサ_5 新型インプレッサ_6 新型インプレッサ_7 新型インプレッサ_8 新型インプレッサ_9
 
新型インプレッサ_10 新型インプレッサ_11 新型インプレッサ_12 新型インプレッサ_13 新型インプレッサ_14 新型インプレッサ_15 新型インプレッサ_16 新型インプレッサ_17 新型インプレッサ_18
 
新型インプレッサ_19 新型インプレッサ_20 新型インプレッサ_21 新型インプレッサ_22 新型インプレッサ_23 新型インプレッサ_24 新型インプレッサ_25 新型インプレッサ_26 新型インプレッサ_27
 
新型インプレッサ_28 新型インプレッサ_29 新型インプレッサ_30 新型インプレッサ_31 新型インプレッサ_32 新型インプレッサ_33 新型インプレッサ_34 新型インプレッサ_35 新型インプレッサ_36
 
新型インプレッサ_37 新型インプレッサ_38 新型インプレッサ_39 新型インプレッサ_40 新型インプレッサ_41 新型インプレッサ_42 新型インプレッサ_43 新型インプレッサ_44 新型インプレッサ_45
 
新型インプレッサ_46 新型インプレッサ_47 新型インプレッサ_48 新型インプレッサ_49 新型インプレッサ_50 新型インプレッサ_51 新型インプレッサ_52 新型インプレッサ_53 新型インプレッサ_54
 
新型インプレッサ_55 新型インプレッサ_56 新型インプレッサ_57 新型インプレッサ_58 新型インプレッサ_59 新型インプレッサ_60 新型インプレッサ_61 新型インプレッサ_62 新型インプレッサ_63
 
新型インプレッサ_64 新型インプレッサ_65 新型インプレッサ_66 新型インプレッサ_67 新型インプレッサ_68 新型インプレッサ_69 新型インプレッサ_70 新型インプレッサ_71 新型インプレッサ_72
 
新型インプレッサ_73 新型インプレッサ_74 新型インプレッサ_75 新型インプレッサ_76 新型インプレッサ_77 新型インプレッサ_78 新型インプレッサ_79 新型インプレッサ_80 新型インプレッサ_81
 
新型インプレッサ_82 新型インプレッサ_83 新型インプレッサ_84 新型インプレッサ_85 新型インプレッサ_86 新型インプレッサ_87 新型インプレッサ_88 新型インプレッサ_89 新型インプレッサ_90
 
新型インプレッサ_91 新型インプレッサ_92 新型インプレッサ_93 新型インプレッサ_94 新型インプレッサ_95 新型インプレッサ_96 新型インプレッサ_97 新型インプレッサ_98 新型インプレッサ_99
 
新型インプレッサ_100 新型インプレッサ_101 新型インプレッサ_102 新型インプレッサ_103 新型インプレッサ_104 新型インプレッサ_105 新型インプレッサ_106 新型インプレッサ_107 新型インプレッサ_108
 
新型インプレッサ_109 新型インプレッサ_110 新型インプレッサ_111 新型インプレッサ_112 新型インプレッサ_113 新型インプレッサ_114 新型インプレッサ_115 新型インプレッサ_116 新型インプレッサ_117
 
新型インプレッサ_118 新型インプレッサ_119 新型インプレッサ_120 新型インプレッサ_121 新型インプレッサ_122 新型インプレッサ_123 新型インプレッサ_124 新型インプレッサ_125 新型インプレッサ_126
 
新型インプレッサ_127 新型インプレッサ_128 新型インプレッサ_129 新型インプレッサ_130 新型インプレッサ_131 新型インプレッサ_132 新型インプレッサ_133 新型インプレッサ_134 新型インプレッサ_135
 
新型インプレッサ_136 新型インプレッサ_137 新型インプレッサ_138 新型インプレッサ_139 新型インプレッサ_140 新型インプレッサ_141 新型インプレッサ_142 新型インプレッサ_143 新型インプレッサ_144
 
新型インプレッサ_145 新型インプレッサ_146 新型インプレッサ_147 新型インプレッサ_148 新型インプレッサ_149 新型インプレッサ_150 新型インプレッサ_151 新型インプレッサ_152 新型インプレッサ_153
 
新型インプレッサ_154 新型インプレッサ_155 新型インプレッサ_156 新型インプレッサ_157 新型インプレッサ_158 新型インプレッサ_159 新型インプレッサ_160 新型インプレッサ_161 新型インプレッサ_162
 
新型インプレッサ_163 新型インプレッサ_164 新型インプレッサ_165 新型インプレッサ_166 新型インプレッサ_167 新型インプレッサ_168 新型インプレッサ_169 新型インプレッサ_170 新型インプレッサ_171
 
新型インプレッサ_172 新型インプレッサ_173 新型インプレッサ_174 新型インプレッサ_175 新型インプレッサ_176 新型インプレッサ_177 新型インプレッサ_178 新型インプレッサ_179 新型インプレッサ_180
 
新型インプレッサ_181 新型インプレッサ_182 新型インプレッサ_183 新型インプレッサ_184 新型インプレッサ_185 新型インプレッサ_186 新型インプレッサ_187 新型インプレッサ_188 新型インプレッサ_189
 
新型インプレッサ_190 新型インプレッサ_191 新型インプレッサ_192 新型インプレッサ_193 新型インプレッサ_194 新型インプレッサ_195 新型インプレッサ_196 新型インプレッサ_197 新型インプレッサ_198
 
新型インプレッサ_199 新型インプレッサ_200 新型インプレッサ_201 新型インプレッサ_202 新型インプレッサ_203 新型インプレッサ_204 新型インプレッサ_205 新型インプレッサ_206 新型インプレッサ_207
 
新型インプレッサ_208 新型インプレッサ_209 新型インプレッサ_210 新型インプレッサ_211 新型インプレッサ_212 新型インプレッサ_213 新型インプレッサ_214 新型インプレッサ_215 新型インプレッサ_216
 
新型インプレッサ_217 新型インプレッサ_218 新型インプレッサ_219 新型インプレッサ_220 新型インプレッサ_221 新型インプレッサ_222 新型インプレッサ_223 新型インプレッサ_224 新型インプレッサ_225
 
新型インプレッサ_226 新型インプレッサ_227 新型インプレッサ_228 新型インプレッサ_229 新型インプレッサ_230 新型インプレッサ_231 新型インプレッサ_232 新型インプレッサ_233 新型インプレッサ_234
 
新型インプレッサ_235 新型インプレッサ_236 新型インプレッサ_237 新型インプレッサ_238 新型インプレッサ_239 新型インプレッサ_240 新型インプレッサ_241 新型インプレッサ_242 新型インプレッサ_243
 
新型インプレッサ_244 新型インプレッサ_245 新型インプレッサ_246 新型インプレッサ_247 新型インプレッサ_248 新型インプレッサ_249 新型インプレッサ_250 新型インプレッサ_251 新型インプレッサ_252
 
新型インプレッサ_253 新型インプレッサ_254 新型インプレッサ_255 新型インプレッサ_256 新型インプレッサ_257 新型インプレッサ_258 新型インプレッサ_259 新型インプレッサ_260 新型インプレッサ_261
 
新型インプレッサ_262 新型インプレッサ_263 新型インプレッサ_264 新型インプレッサ_265 新型インプレッサ_266 新型インプレッサ_267 新型インプレッサ_268 新型インプレッサ_269 新型インプレッサ_270
 
新型インプレッサ_271 新型インプレッサ_272 新型インプレッサ_273 新型インプレッサ_274 新型インプレッサ_275 新型インプレッサ_276 新型インプレッサ_277 新型インプレッサ_278 新型インプレッサ_279
 
新型インプレッサ_280 新型インプレッサ_281 新型インプレッサ_282 新型インプレッサ_283 新型インプレッサ_284 新型インプレッサ_285 新型インプレッサ_286 新型インプレッサ_287 新型インプレッサ_288
 
新型インプレッサ_289 新型インプレッサ_290 新型インプレッサ_291 新型インプレッサ_292 新型インプレッサ_293 新型インプレッサ_294 新型インプレッサ_295 新型インプレッサ_296 新型インプレッサ_297
 
新型インプレッサ_298 新型インプレッサ_299 新型インプレッサ_300 新型インプレッサ_301 新型インプレッサ_302 新型インプレッサ_303 新型インプレッサ_304 新型インプレッサ_305 新型インプレッサ_306
 
新型インプレッサ_307 新型インプレッサ_308 新型インプレッサ_309 新型インプレッサ_310 新型インプレッサ_311 新型インプレッサ_312 新型インプレッサ_313 新型インプレッサ_314 新型インプレッサ_315
 
新型インプレッサ_316 新型インプレッサ_317 新型インプレッサ_318 新型インプレッサ_319 新型インプレッサ_320 新型インプレッサ_321 新型インプレッサ_322 新型インプレッサ_323 新型インプレッサ_324
 
新型インプレッサ_325 新型インプレッサ_326 新型インプレッサ_327 新型インプレッサ_328 新型インプレッサ_329 新型インプレッサ_330 新型インプレッサ_331 新型インプレッサ_332 新型インプレッサ_333
 
新型インプレッサ_334 新型インプレッサ_335 新型インプレッサ_336 新型インプレッサ_337 新型インプレッサ_338 新型インプレッサ_339 新型インプレッサ_340 新型インプレッサ_341 新型インプレッサ_342
 
photo by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
XVに決定版、ProudEdition現わる。

2016年06月08日 スバル

XVに決定版、ProudEdition現わる。

 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要