スバルショップ三河安城の最新情報。新型XV、まもなく登場。見た目だけじゃない、タフな本格派。| 2017年1月24日更新

 
新型XV CROSSTREK登場
photo by SUBARU
新型XVが、間もなく登場。
 
2017年1月24日 ジュネーブでワールドプレミアか。

新型XV、まもなく登場。

3代目となる新型XVのワールドプレミアは、3月9日〜19日にスイスのジュネーブで開催されるジュネーブ国際モーターショーに予定されています。不振だった3台目インプレッサのモデル末期に追加された特装モデルであった、初代XV。スバルらしからぬボディーカラーとTVCFで若年層を中心に好評を博した、2代目XV。

そして、3代目。SUBARU GLOBAL PLATFORM採用の第二弾モデルであり、スバルの主観車種として進化することを期待されるモデルです。

 

トランプの「デスノート」。次のターゲットは誰?

昨年、北米でXV(北米名:XV CROSSTREK)は、年間販売台数9万5677台を記録。好調には違いありませんが、フォレスターとアウトバックの約半分という数字。これを何とか、上位2車種に近づけたいというのがスバルの希望でしょう。そうなれば、年間10万台を上積み可能。来年にはさらに大型3列SUVが控えており、合計で年間15万台は確実となります。スバルは、さらなる上昇機運の中にあるようです。

ところが今、世界の自動車工業会は北米市場について疑心暗鬼になっています。ドナルド・トランプ合衆国大統領の「デスノート」で、ターゲットにされるメーカーが続出しているからです。カナダやメキシコで生産し、NAFTAを利用して無関税で米国に輸入しているメーカーは特に危険です。幸いにして、スバルは米国にしか生産拠点を置いていません。ただ、その6割以上を米国で販売するという、米国依存体質は変わりません。

今は、デスノートのターゲットがメキシコ生産に置かれていますが、米国で「儲ける」メーカーもターゲットになる可能性も無くはありません。新大統領は、日本の自動車メーカーの日本への輸出依存を批判しており、脅えながらSNSをチェックする毎日は、しばらく続くことでしょう。

 

カッコだけのクロスオーバーではない、北米で鍛え上げられたタフな本格派。

新型XVは、新型インプレッサのクロスオーバーモデルです。最低地上高を200mm程度まで嵩上げし、タイヤを大径化。樹脂無塗装部品をアクセントに、エクステリアをリフレッシュして、アクティブなイメージを付与するのが、レシピ。新型XVのティザー画像を見る限り、それは今回も変わりないようです。

ただ、北米ユーザーはクロスオーバーモデルだからと言って、楽をさせてくれません。斜度30度以上のラフロードを登坂させたり、結構水深がある川に突っ込んだりと、試乗レポートでも内容が圧倒的にハード。新型XVも、カタチだけのSUVではダメで、本格派でなくてはならない。XVはナヨッちいカッコだけのクロスオーバーモデルではないのです。

酷いものだと、最低地上高さえそのままというクロスオーバーモデルが多い中、これだけのタフさを備えるXVはアクティブライフのパートナーとして最適だと言えるでしょう。時々はガレ場を走るという方、新型XVは本当にオススメです。気になる方は、お早めに店頭にお越し下さい。最新情報とともに、お待ち申しております。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
XVに決定版、ProudEdition現わる。

2016年06月08日 スバル

XVに決定版、ProudEdition現わる。

 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要