スバルショップ三河安城の最新情報。遂に正式発表された大型SUV。その名は、ASCENT(アセント)。| 2017年4月13日更新

 
北米専売SUV、アセント登場。
photo by SUBARU
北米専売SUV、アセント登場。
 
2017年4月13日 ニューヨークショーで新型SUV発表。

遂に正式発表された大型SUV。その名は、ASCENT(アセント)。

SUBARU ASCENT SUV CONCEPT

その巨体が、遂にNYに姿を現しました。発売は2018年に予定されているため、その姿はコンセプトカー然ととしていますが、大まかなデザインは市販車そのままだと考えられます。

前後デザインは明らかにスバルのそれですが、アメリカンに逞しいサイドデザインは、とてもスバル車とは思えません。来年、スバルがその歴史にまったく新たな1ページを刻むのは間違いないようです。

以前から噂されていた通り、正式名称は「ASCENT(アセント)」。ボディサイズは全長5,050mm、全幅1,990mm、全高1,840mmという、正真正銘のアメリカンサイズ。ホイールベースも2,970mmに達します。生産はインディアナ州のSIA。現在、新型インプレッサとレガシィを生産中ですが、新たにアセントの生産を開始します。

 

アセント最大の謎は、エンジン。

エンジンは、不明。プレスリリースには「新開発水平対向直噴ターボエンジン等」の記載がありますが、それが何を指しているのか分かりません。「等」という事は、NAとターボの二本立てなのでしょう。NAの方は、3.6Lの水平対向6気筒だと思われます。

では、新開発直噴ターボとは何なのでしょう。スバルの中期的なロードマップでは、全面新設計の次世代エンジンの生産開始は2019年。しかも、その排気量は1.8L。まさか、巨体のアセントには役不足でしょう。となると既存の2.0L4気筒、FA20DITの発展版でしょうか。FA20DITには現在ハイパフォーマンス仕様しかありませんが、低回転仕様に仕立て直すことも可能です。もしくは、FB16DITの排気量アップ版の可能性も考えられます。

トランスミッションは、これまでと同様にリニアトロニックだと思われます。

 

SUBARU ASCENT SUV CONCEPT

アセントコンセプト_1 アセントコンセプト_2 アセントコンセプト_3 アセントコンセプト_4 アセントコンセプト_5 アセントコンセプト_6 アセントコンセプト_7 アセントコンセプト_8
photo by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要