スバルショップ三河安城の最新情報。新型インプレッサの素晴らしさを改めて考えてみた。| 2017年7月20日更新

 
新型インプレッサ試乗記
photo by SUBARU
新型インプレッサに4ヶ月乗ってみて。
 
2017年7月21日 あれこれ感じたこと。感銘をうけたこと。徒然に。

登場から4ヶ月。新型インプレッサに乗って、あれこれ感じたこと。

GT7 フロントビュー

今年3月に登場した和泉店の試乗車、インプレッサ SPORT 2.0i-S EyeSight。スバル渾身の力作である「スバル・グローバル・プラットフォーム(以下、SGP)」の威力は絶大で、秀逸な乗り心地と鮮烈なハンドリングを両立したそのパフォーマンスには驚かされっぱなしの毎日です。

今回は、使用開始から4ヶ月経過するにあたっての、新たなレポートをお届けします。

2.0i-Sは、A型では唯一「アクティブトルクベクタリング」を搭載するグレードであり、レヴォーグにも劣らないターンインの鮮やかさは、アクティブトルクベクタリングの威力です。特に、コーナーの立ち上がりでアクセルを深く踏み込んでいった時、ラインを外さずにキープしていく様は圧巻。正に、オンザレール。その気持ちよさは、「ファミリーカー」のレベルにはありません。

カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するキッカケとなった、気持ちいい走り。そのヒミツは、何処にあるのでしょうか。

 

新型インプレッサで、ドライブに出てみよう。

新型インプレッサ インテリア

コクっと、しっかりとした手応えのドアノブを引いて、中に乗り込む。シートに身を沈めて、ドアを閉める。その瞬間から始まる、オドロキ。それは、引き締まった印象のドアの開閉音です。パンッと乾いた音が、実に頼もしく感じられす。

ドアの開閉音で、分かることがあります。それは、ボディの引き締まり具合(ボディ剛性)と室内の密閉性(静粛性)。ドンッとかボンッなど、こもった音はクルマ全体が共振しているので、ボディ剛性不足。ガチャっという音は剛性は良くても、密閉性が悪いので静粛性に欠けるかも知れません。バーンッなど、物凄い音がするのは建て付けが悪いので、もう論外。

新型インプレッサの乾いた音は、ボディ剛性と密閉性に優れている証です。ドアを閉めると、一気に訪れる静寂。コイツはデキが違う、そんな予感でウズウズしてきます。

 

乗った瞬間からはじまる、上質感とオドロキ。

新型インプレッサのインテリア

室内を見回してみると、広がり感のあるダッシュボードが印象的です。センターコンソールから、両脇へ駆け上がるステッチ。そのラインはドアへ廻り込んでいきます。手が触れるトリムの殆どは、ソフトタイプ。爪で叩くと、コツコツ音がするような安物感は皆無。細部まで行き届いた仕立ての良さが、期待感を高めます。

ハンドル右手奥のイグニッションボタンをプッシュ、メータの指針がMAXまで振り切ると、エンジンが軽い音を立てて目覚めます。2.0L自然吸気のボクサーエンジンは、今回からヘッドが直噴化。室内ではまったくの静寂ですが、車外に出れば微かながら野太いサウンドが愉しめます。一時期、スバルは自らのサウンドを毛嫌いしていたのか、音は軽く、小さくなるばかり。コレくらいの方が、スバルらしくて好印象。

電動化されたパーキングを解除すると、ブレーキペダルに感触の変化が感じられます。いよいよ、セレクトレバーをDレンジに。振動はまったく感じられません。硬いフィールのブレーキペダルを緩めると、いよいよ新型インプレッサは歩みを始めます。

 

カチッとしたブレーキフィール。シームレスな加速感。

新型インプレッサ ブレーキフィール

まず始めに印象深いのが、硬質なブレーキのフィーリング。遊びがなく、ストロークも小さい。慣れるまでは、カックンブレーキになってしまうかも知れません。でも、馴染んでくれば、指の繊細な動きで制動力が自在に制御可能。繊細で正確、かつ緻密で明瞭。ズブズブと奥にペダルが入るようなブレーキばかりの現在、精度の高いフィーリングは希少です。

通りに出て、スーッっと加速していきます。CVTらしく、その加速は実にスムーズ。シームレスな加速感で、キレイに速度に乗っていきます。自然吸気らしく、パワーは必要にして充分。驚くようなものではありません。トルクの出方は滑らかでスゴく扱いやすい、そんな印象です。でも、レヴォーグのように、エンジンに惚れて買うようなクルマでは無いのは確かです。

 

とにかく秀逸な乗り心地。クルマ好きなら一度乗る価値あり。

新型インプレッサ リヤ

新型インプレッサを走らせて驚かされるのは、その乗り心地。道路工事跡やアンジュレーションなど、路面のありとあらゆる凹凸を軽やかにいなしていきます。ガツンッ、ドンッ、ガンッ、ドタンッ。上質さのカケラもない競合車が多い中、新型インプレッサは違います。スタスタと軽やかに、トタンッタタンッとリズミカルに乗り越えていきます。これこそが、新型インプレッサの魅力です。

乗り心地だけを考えれば、アチコチにゴムを挟み込んで、振動を遮断すればOK。でも、それは邪道というもの。ハンドリングが、クチャクチャになるかです。悲しいことに、そんなクルマばかりというのが今の自動車事情。

新型インプレッサは、振動を遮断するのはなく、しっかり足を動かしていきます。これは、並大抵の芸当ではありません。これだけ秀逸な乗り心地でありながら、ハンドリングは実にシャープ。新型インプレッサに最も驚かされるのは、その二面性です。

 

ボディ剛性とサスペンション剛性向上の効果。

新型インプレッサ シャシー設計 新型インプレッサ サスペンション剛性向上
新型インプレッサ 剛性向上
新型インプレッサ フロア共振
新型インプレッサ 直進安定性
新型インプレッサ 振動の収束

新型インプレッサの走りのヒミツは、ボディ剛性とサスペンション剛性にあります。では、ボディ剛性とサスペンション剛性を高くすると、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

1.フロア共振

まず、ボディが強靭だと固有振動数は高くなります。共振点が高いと、フロア共振が減少します。段差を乗り越えた時、ボンッとかドタンッという音が足元からしますが、これがフロア共振です。路面からの突き上げに共振して、フロア自体がベコンと変形している時の音です。静粛性を損ねる上、上質感を著しく阻害します。

2.キシミ音

ボディ剛性が低いとボディ自体の歪みも大きくなりますから、ミシミシ、キシキシといった音が目立ちます。キシミ音はドライバーにボディを頼りなく思わせるので、不安感が大きくなるのです。ボディ剛性が高いとキシミ音が殆どないので、クルマを信頼して安心できますから、長距離ドライブでも疲れにくくなります。

3.高い接地感

カーブに高速で進入すると、ボディは微かでも確実にねじれます。アウト側前輪に荷重が集中するため、反力でボディがねじれるのです。そのねじれ変形が落ち着くまでタイヤの接地感が失われますから、左右の切り返しでは特に接地感が乏しくなります。ボディ剛性が高いと接地感が常にあるので、強い人馬一体感が生まれ、先をイメージして走れるようになります。運転が上手くなったように感じることもあります。

4.正確なタイヤ接地

突き上げのたびに、サスペンションを支えるボディが負けて歪んでいては、サスペンションがうまく動きません。もちろん、その取付点もグラついていけません。サスペンションがストロークする前に、サスペンション自体が歪んでしまうからです。ボディ剛性、サスペンション剛性が共に高ければ、タイヤを狙い通りに常に接地させられますので、精度の高いハンドリングを実現できます。微小舵角が遊びで死なずに正確にタイヤまで届くのも、大事なメリットです。

5.乗り心地

ボディ剛性とサスペンション剛性が低いと入力に対するボディの反応速度が遅くなります。高レベルのステアリング応答を目指すなら、剛性が低いほどサスペンションを硬く締め上げねばなりません。もちろん、タイヤやエンジンの性能が高いほど、要求されるボディ剛性も高くなります。逆に、ボディ剛性とサスペンション剛性が高ければサスペンションをさほど硬くしなくても良いのです。これは、乗り心地に大いにプラスです。

6.静粛性と上質感

剛性が高ければ、フロア共振や突き上げ、キシミ音も少ないので、静粛性は高くなります。ノイズの発生源も少ないので、音振対策も容易です。ハンドリングの正確性も高く安心感もあるので、上質なクルマに乗っている印象が強くなるのです。ゴムを挟んだだけのゴマカシ音振対策では、上質感までは作れません。

 

国産車の枠を超えて、徹底的にこだわったボディ剛性。

新型インプレッサ SGPの設計

何よりも大切な、ボディ剛性ですが、向上させるにも常に制約が付きまといます。軽量化(=燃費向上)とコストダウン(=利益)とは、真っ向から逆行するからです。高級な高張力鋼板を拡大採用し、連続溶接と接着の部位を増やせば、軽量かつ高剛性に仕上がりますが、そう簡単にはいきません。特に、連続溶接は既存生産設備が使えなくなるため、制約が大きいのです。プレミアムブランドならまだしも、スバルではまだ導入障壁が大きいのが現状です。

そこで、SGPでは頑強なフレーム設計によってシャシー剛性を向上させるとともに、接着を多用することで、剛性を高く仕立てることにしました。フレームは前後に2本のフレームを通貫させて剛性の切れ目を解消した他、これを補助する4本のフレームを前後に配しています。サスペンションマウントも強化し、サスペンション剛性も大幅に向上させています。

また、サブフレームやサスペンション取付点への効果的な補強によって、サスペンションを含めた車体全体での剛性を高く確保しています。Aピラー根本とバルクヘッド頂点、ストラットタワーを結ぶパネルは、特に重点的に強化しています。コーナリングの精度を高めるだけでなく、衝突安全性の向上に極めて効果的だからです。

 

とにかく、足がよく動く。

新型インプレッサ ロール剛性 新型インプレッサ スポーツサイドビュー
新型インプレッサ サスペンション設計

新型インプレッサは、とにかく足がよく動きます。ちょっとした段差でも素早くタイヤが追従するので、ドン・ゴンといった衝撃はなく、軽やかにいなしていきます。そのくせ、カーブではスポーツカーのようなハンドリングと接地感。どうしたことでしょう。こんなクルマは、初めてです。初めてドライブしたときには、膝が笑うほど驚いたのを覚えています。

ボディが強靭な新型インプレッサは、良好なステアリング応答性を実現しつつ、足は存外に柔らかい仕立てにできました。高剛性ボディだと変形の収束が速いので、サスペンションの反応速度いたずらに速くする必要がないのです。

国産車は依然としてコスト制約が大きく、欧州レベルの高剛性ボディの実現には消極的です。その為、欧州車とのギャップは開く一方です。スバルは、プラットフォームの全面刷新を機会に、そこに果敢に挑みました。新型インプレッサで走るたびに、その秀逸な完成度に驚かされます。この価格で、このクォリティ。街乗りをする限り、その仕上がりは素晴らしいの一言に尽きます。

 

高速域でも、ビタッと安定。盤石の走行安定性。

新型インプレッサ ステアリング

新型インプレッサで高速道路を走ると、どうでしょう。ランプを軽快に駆け上がり、本線に合流し流れに乗っていきます。エンジンパワーは惚れ々々するようなことはなくとも、必要にして充分。100km/h+でも回転数は1000rpm台ですから、エンジンは静かに落ち着きを維持しています。もちろん、高速域だからといって、途端に馬脚を現すようなことはありません。100km/h+からの加速余力も充分です。

追い越し車線に出てみます。大きく見やすいドアミラーと後方警戒用LEDインジケータのお陰で、車線変更もラクラク。死角確認のため、後方を振り返る必要はありません。後方確認の間に前方車両の急減速でヒヤッとしたことはありませんか?振り返っている間は前を見てないわけで、危険なのは確かです。

高速巡航中も、ピタッと安定して走る新型インプレッサ。数百キロを走っても、さほど疲れないのは優れた直進安定性のお陰。そのヒミツは、タイヤの位置決め剛性が高さにあります。サスペンション剛性が弱いと、横風に煽られた際にタイヤとボディの間がグニャッとズレてしまいます。こういうクルマでは、修正舵をしようにも進路を維持できません。グニャグニャと進路が定まらないのです。いちいち修正舵が必要なので、どっぷり疲れてしまうのです。

 

ちゃんと使える、アクティブレーンキープ。その理由は「走りの良さ」にある。

ここで、アイサイトの追従クルーズとレーンキープを使ってみましょう。ステアリング上のスイッチを操作して、オートクルーズ開始。65km/h以上であれば、両側白線の認識ができた時点で自動レーンキープがセットされます。センターディスプレイの2つのアイコンが、グリーンになっていればOK。あとは、ステアリングに手を添えておけば、新型インプレッサは自らの意志で進路を維持し始めます。

新型インプレッサはクルーズ中も実に安定しています。アイサイトはver.3になってから、前方車両の速度変化や勾配に対して無理な車速維持をしなくなりました。そのため、燃費にも良好ですし、「勝手に走る感」もありません。実にスムーズで落ち着いていて、恐怖を感じるシーンは一切ありません。小生自身が毎日使って通勤していますから、ご安心下さい。冬の北風でも、多少の雨でも、不安を感じたことは一切ありません。

スバルの各モデルは、おしなべて直進安定性に優れています。その高い直進安定性のお陰で、スバルだけレーンキープを実現しやすい、というのは一般に知られていないようです。タイヤの位置決め剛性が高いので、修正舵も少ないですし、ステアリング応答も正確ですから、進路制御をしやすいのです。

鳴り物入りで登場した某社のミニバンでは、レーンキープでフラつきが生じているようです。横風の影響を受けやすく、重心も高いミニバンですから、レーンキープ機能は非常に難易度が高いのです。そもそも車種設定に無理があったように感じます。

 

北米で快進撃を続けるスバルの強さのヒミツは、コストパフォーマンス。

新型インプレッサB型 北米仕様

スバルは、北米で快進撃を続けています。その大いなる原動力になっているのが、コンシューマーレポートと呼ばれる非営利消費者団体の性能評価です。その中でスバルの各モデルは非常に高い評価を受けています。特筆すべきは、プロの手によるロードテストだけでなく、所有者の満足度やアフターサービス、信頼性等を価格に対する満足度を含め総合的に評価される点です。プレミアムブランドなら、それ相応の満足度が無ければハイスコアは獲得できない仕組みなのです。

価格を超える価値、スバルが高い評価を受けるのはこの1点に尽きます。絶対的な性能を総合的に評価すれば、インプレッサとAudi A3であれば、軍配はAudiに挙がるでしょう。でも、価格を考慮に入れればその軍配はまったく逆になります。スバルは、この点に関して絶対的な自信があります。

新型インプレッサもまた、米国市場で強い評価を得るべく徹底した研究のもと開発されました。絶対的な安全性能、プレミアムブランドに匹敵する走り、そして上質感。それを量販ブランドの価格帯で実現する。飛び道具は無いけれど、自動車の本当の良さを知ってもらいたい。そんな願いのもとで登場した、純粋過ぎる「自動車」が新型インプレッサなのです。

 

新型インプレッサ 試乗車&SGPカットモデル

新型インプレッサ試乗車_1 新型インプレッサ試乗車_2 新型インプレッサ試乗車_3 新型インプレッサ試乗車_4 新型インプレッサ試乗車_5 新型インプレッサ試乗車_6 新型インプレッサ試乗車_7 新型インプレッサ試乗車_8 新型インプレッサ試乗車_9
 
新型インプレッサ試乗車_10 新型インプレッサ試乗車_11 新型インプレッサ試乗車_12 新型インプレッサ試乗車_13 新型インプレッサ試乗車_14 新型インプレッサ試乗車_15 新型インプレッサ試乗車_16 新型インプレッサ試乗車_17 新型インプレッサ試乗車_18
 
photo by CJH

新型インプレッサ SPORT & G4

新型インプレッサ_1 新型インプレッサ_2 新型インプレッサ_3 新型インプレッサ_4 新型インプレッサ_5 新型インプレッサ_6 新型インプレッサ_7 新型インプレッサ_8 新型インプレッサ_9
 
新型インプレッサ_10 新型インプレッサ_11 新型インプレッサ_12 新型インプレッサ_13 新型インプレッサ_14 新型インプレッサ_15 新型インプレッサ_16 新型インプレッサ_17 新型インプレッサ_18
 
新型インプレッサ_19 新型インプレッサ_20 新型インプレッサ_21 新型インプレッサ_22 新型インプレッサ_23 新型インプレッサ_24 新型インプレッサ_25 新型インプレッサ_26 新型インプレッサ_27
 
新型インプレッサ_28 新型インプレッサ_29 新型インプレッサ_30 新型インプレッサ_31 新型インプレッサ_32 新型インプレッサ_33 新型インプレッサ_34 新型インプレッサ_35 新型インプレッサ_36
 
新型インプレッサ_37 新型インプレッサ_38 新型インプレッサ_39 新型インプレッサ_40 新型インプレッサ_41 新型インプレッサ_42 新型インプレッサ_43 新型インプレッサ_44 新型インプレッサ_45
 
新型インプレッサ_46 新型インプレッサ_47 新型インプレッサ_48 新型インプレッサ_49 新型インプレッサ_50 新型インプレッサ_51 新型インプレッサ_52 新型インプレッサ_53 新型インプレッサ_54
 
新型インプレッサ_55 新型インプレッサ_56 新型インプレッサ_57 新型インプレッサ_58 新型インプレッサ_59 新型インプレッサ_60 新型インプレッサ_61 新型インプレッサ_62 新型インプレッサ_63
 
新型インプレッサ_64 新型インプレッサ_65 新型インプレッサ_66 新型インプレッサ_67 新型インプレッサ_68 新型インプレッサ_69 新型インプレッサ_70 新型インプレッサ_71 新型インプレッサ_72
 
新型インプレッサ_73 新型インプレッサ_74 新型インプレッサ_75 新型インプレッサ_76 新型インプレッサ_77 新型インプレッサ_78 新型インプレッサ_79 新型インプレッサ_80 新型インプレッサ_81
 
新型インプレッサ_82 新型インプレッサ_83 新型インプレッサ_84 新型インプレッサ_85 新型インプレッサ_86 新型インプレッサ_87 新型インプレッサ_88 新型インプレッサ_89 新型インプレッサ_90
 
新型インプレッサ_91 新型インプレッサ_92 新型インプレッサ_93 新型インプレッサ_94 新型インプレッサ_95 新型インプレッサ_96 新型インプレッサ_97 新型インプレッサ_98 新型インプレッサ_99
 
新型インプレッサ_100 新型インプレッサ_101 新型インプレッサ_102 新型インプレッサ_103 新型インプレッサ_104 新型インプレッサ_105 新型インプレッサ_106 新型インプレッサ_107 新型インプレッサ_108
 
新型インプレッサ_109 新型インプレッサ_110 新型インプレッサ_111 新型インプレッサ_112 新型インプレッサ_113 新型インプレッサ_114 新型インプレッサ_115 新型インプレッサ_116 新型インプレッサ_117
 
新型インプレッサ_118 新型インプレッサ_119 新型インプレッサ_120 新型インプレッサ_121 新型インプレッサ_122 新型インプレッサ_123 新型インプレッサ_124 新型インプレッサ_125 新型インプレッサ_126
 
新型インプレッサ_127 新型インプレッサ_128 新型インプレッサ_129 新型インプレッサ_130 新型インプレッサ_131 新型インプレッサ_132 新型インプレッサ_133 新型インプレッサ_134 新型インプレッサ_135
 
新型インプレッサ_136 新型インプレッサ_137 新型インプレッサ_138 新型インプレッサ_139 新型インプレッサ_140 新型インプレッサ_141 新型インプレッサ_142 新型インプレッサ_143 新型インプレッサ_144
 
新型インプレッサ_145 新型インプレッサ_146 新型インプレッサ_147 新型インプレッサ_148 新型インプレッサ_149 新型インプレッサ_150 新型インプレッサ_151 新型インプレッサ_152 新型インプレッサ_153
 
新型インプレッサ_154 新型インプレッサ_155 新型インプレッサ_156 新型インプレッサ_157 新型インプレッサ_158 新型インプレッサ_159 新型インプレッサ_160 新型インプレッサ_161 新型インプレッサ_162
 
新型インプレッサ_163 新型インプレッサ_164 新型インプレッサ_165 新型インプレッサ_166 新型インプレッサ_167 新型インプレッサ_168 新型インプレッサ_169 新型インプレッサ_170 新型インプレッサ_171
 
新型インプレッサ_172 新型インプレッサ_173 新型インプレッサ_174 新型インプレッサ_175 新型インプレッサ_176 新型インプレッサ_177 新型インプレッサ_178 新型インプレッサ_179 新型インプレッサ_180
 
新型インプレッサ_181 新型インプレッサ_182 新型インプレッサ_183 新型インプレッサ_184 新型インプレッサ_185 新型インプレッサ_186 新型インプレッサ_187 新型インプレッサ_188 新型インプレッサ_189
 
新型インプレッサ_190 新型インプレッサ_191 新型インプレッサ_192 新型インプレッサ_193 新型インプレッサ_194 新型インプレッサ_195 新型インプレッサ_196 新型インプレッサ_197 新型インプレッサ_198
 
新型インプレッサ_199 新型インプレッサ_200 新型インプレッサ_201 新型インプレッサ_202 新型インプレッサ_203 新型インプレッサ_204 新型インプレッサ_205 新型インプレッサ_206 新型インプレッサ_207
 
新型インプレッサ_208 新型インプレッサ_209 新型インプレッサ_210 新型インプレッサ_211 新型インプレッサ_212 新型インプレッサ_213 新型インプレッサ_214 新型インプレッサ_215 新型インプレッサ_216
 
新型インプレッサ_217 新型インプレッサ_218 新型インプレッサ_219 新型インプレッサ_220 新型インプレッサ_221 新型インプレッサ_222 新型インプレッサ_223 新型インプレッサ_224 新型インプレッサ_225
 
新型インプレッサ_226 新型インプレッサ_227 新型インプレッサ_228 新型インプレッサ_229 新型インプレッサ_230 新型インプレッサ_231 新型インプレッサ_232 新型インプレッサ_233 新型インプレッサ_234
 
新型インプレッサ_235 新型インプレッサ_236 新型インプレッサ_237 新型インプレッサ_238 新型インプレッサ_239 新型インプレッサ_240 新型インプレッサ_241 新型インプレッサ_242 新型インプレッサ_243
 
新型インプレッサ_244 新型インプレッサ_245 新型インプレッサ_246 新型インプレッサ_247 新型インプレッサ_248 新型インプレッサ_249 新型インプレッサ_250 新型インプレッサ_251 新型インプレッサ_252
 
新型インプレッサ_253 新型インプレッサ_254 新型インプレッサ_255 新型インプレッサ_256 新型インプレッサ_257 新型インプレッサ_258 新型インプレッサ_259 新型インプレッサ_260 新型インプレッサ_261
 
新型インプレッサ_262 新型インプレッサ_263 新型インプレッサ_264 新型インプレッサ_265 新型インプレッサ_266 新型インプレッサ_267 新型インプレッサ_268 新型インプレッサ_269 新型インプレッサ_270
 
新型インプレッサ_271 新型インプレッサ_272 新型インプレッサ_273 新型インプレッサ_274 新型インプレッサ_275 新型インプレッサ_276 新型インプレッサ_277 新型インプレッサ_278 新型インプレッサ_279
 
新型インプレッサ_280 新型インプレッサ_281 新型インプレッサ_282 新型インプレッサ_283 新型インプレッサ_284 新型インプレッサ_285 新型インプレッサ_286 新型インプレッサ_287 新型インプレッサ_288
 
新型インプレッサ_289 新型インプレッサ_290 新型インプレッサ_291 新型インプレッサ_292 新型インプレッサ_293 新型インプレッサ_294 新型インプレッサ_295 新型インプレッサ_296 新型インプレッサ_297
 
新型インプレッサ_298 新型インプレッサ_299 新型インプレッサ_300 新型インプレッサ_301 新型インプレッサ_302 新型インプレッサ_303 新型インプレッサ_304 新型インプレッサ_305 新型インプレッサ_306
 
新型インプレッサ_307 新型インプレッサ_308 新型インプレッサ_309 新型インプレッサ_310 新型インプレッサ_311 新型インプレッサ_312 新型インプレッサ_313 新型インプレッサ_314 新型インプレッサ_315
 
新型インプレッサ_316 新型インプレッサ_317 新型インプレッサ_318 新型インプレッサ_319 新型インプレッサ_320 新型インプレッサ_321 新型インプレッサ_322 新型インプレッサ_323 新型インプレッサ_324
 
新型インプレッサ_325 新型インプレッサ_326 新型インプレッサ_327 新型インプレッサ_328 新型インプレッサ_329 新型インプレッサ_330 新型インプレッサ_331 新型インプレッサ_332 新型インプレッサ_333
 
新型インプレッサ_334 新型インプレッサ_335 新型インプレッサ_336 新型インプレッサ_337 新型インプレッサ_338 新型インプレッサ_339 新型インプレッサ_340 新型インプレッサ_341 新型インプレッサ_342
 
新型インプレッサ_343
photo by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要