スバルショップ三河安城の最新情報。和泉店にレヴォーグの試乗車が登場!ツーリングアシストの実力徹底検証。| 2017年9月9日更新

 
LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight
photo by SUBARU
遂に!後期型レヴォーグの試乗車が登場!!
 
2017年9月9日 世界最新の機能満載。ツーリングアシストを体感しよう!!

後期型レヴォーグの試乗車が到着!最新インプレッション!!

和泉店に、マイナーチェンジを行ったレヴォーグの後期型試乗車が到着しましたので、早速レポートをお伝え致します。

今回の試乗車は「1.6 STI Sport EyeSight」。ボディカラーは、またまたクリスタルブラックシリカ。当店の試乗車がブラックばかりなのは、会社がブラックだからではなく、再販価格を考慮してのことです。悪しからず。

気になるのは、やはり巷で噂の飛び道具。アイサイト・ツーリングアシストでしょう。ツーリングアシストは、ver3のマイナーアップデート版(以下、通称:ver3.5)で、アクティブレーンキープ(ALK)の範囲を0km/h〜135km/hに拡大したのが最大の特徴です。この他、ALKの制御対象に先行車を追加しつつ、片側の白線および先行車のみでも車線認識を可能にしています。

さて、アイサイト・ツーリングアシストの実力は如何ばかりでしょうか。早速、走ってみましょう。

 

驚愕の進化を遂げた、静粛性能。

マイナーチェンジによって鋭さを増した眼光に目を留めつつ、ドアを開けてドライバーズシートに乗り込みます。深く渋い臙脂色に彩られた本革シートに身をうずめると、心地よいショルダーサポートが上半身を包み込みます。随所に散りばめられたチェリーレッドのアクセントが、パフォーマンスカーらしい高揚感を演出します。

驚かされたのは、驚愕の進化を遂げた静粛性です。ドアが閉じられた瞬間に、パンっと音が消えて、まったくの静寂に包まれます。その変化は、本当に劇的です。

今回のマイナーチェンジに際して、前後ドアガラスとリヤゲートガラスの板厚のアップ、ウィンドウモールの変更、発泡剤の充填やサイレンサーの追加等、彼方此方に微に入り細に入るアップグレードが念入りに行われました。でも、ここまで進化するとは驚きです。

 

クリアでクールな印象に変わった、インテリア。

インテリアのデザインも変更されています。全ディーラーナビを8インチ化するために、センタコンソール廻りのデザインを変更。MFDはインプレッサと同じサイズまで拡大され、表示もまったく新らしくなりました。静粛性が高まったうえに、アンバー系の照明は数を減らしたため、インテリアは全体的にクリアでクールな印象に変わっています。

ドアコントロール部やナビ周りのパネルは、ピアノブラックに変更されています。クリアで品質感が高いピアノブラックですが、指紋や傷が気になる方にとっては災難かも知れません。

 

アイドリング音も、より静かに。

スタートボタンをプッシュすると、エンジンが静かに目を覚まします。エンジンそのものに対する変更はないようですが、アイドリング音は静かになっています。前期型にあった、ともすれば品質感がスポイルされかねないノイズが、明らかに少なくなっているようです。エンジンが遠くにあるようなイメージでしょうか。静粛性の強化が、此処にも好影響を与えているようです。

電動サイドブレーキを解除して、セレクトレバーをDレンジに引き込み、ブレーキをリリースすると、レヴォーグはスルスルと静かに動き出します。

ブレーキのタッチは、かなりマイルド。インプレッサのようにグッと制動力が立ち上がる仕立てではなく、ストロークに比例して制動力がリニアに増していく仕立てです。

 

エンジンマッピングが刷新され、ドライバビリティが劇的に向上。

レヴォーグ マイナーチェンジ
photo by CJH

さて、レヴォーグ専用エンジンであるFB16DITは、マイナーチェンジに合わせて制御マップの見直しが行われています。前期型レヴォーグで、コーナリングワークがギクシャクする原因となっていたトルクの唐突感。これを解消するのが目的だと思われます。制御マップで見ても、トルクの唐突感と谷間の解消を狙っていのが分かります。

実際に、加速するとどうでしょうか。1.6Lモデルでは、エンジンモードは[I][S]の2種類。[S]モードでは回転数が高めにキープされるので、再加速のレスポンスが良く、最大加速もより高くなります。[I]モードでは、積極的に変速していくので回転が常に低く保たれ、燃費を良好にキープします。

まずは、[I]モードで実際に加速してみましょう。アクセル開度が少ない領域でのトルクの立ち上がりをマイルドにしているのが分かります。踏み代が増えた印象と言えば良いのでしょうか。アイサイトの加速とのマッチングも良くなっていて、ムダな加速はかなり抑制されています。

次に、[S]モードにチェンジ。すると、前期型のようなアグレッシブさが薄まっているのが分かります。これまたアクセルのストロークが広がったような印象で、ガッツリ加速させたい時は奥まで踏み込む必要があります。その代わり、前期型にあったピーキー感が払拭されているので、[S]モードでも日常使用が充分可能だと思われます。

制御を変更したお陰で、いわゆる「ターボでござい!」といった前時代的な加速感は払拭されました。トルクの出方はリニアになっていて、まるで大排気量NAの如くトルク制御がしやすくなっています。

 

乗り心地評価と走りの評価は、また後日・・・。

乗り心地については、まだまだ走行距離が二桁ですから評価するのは時期尚早かも知れません。 それでも、STI Sportらしいカドの取れたマイルドな当たりが好印象です。詳しい評価は、もう少し当たりが付いてきた際に、追ってご報告申し上げます。

 

高速域では、ver3とほぼ変化なし。というより変化の必要なし。

アイサイト ツーリングアシスト
photo by CJH

さぁ、本題のツーリングアシストです。

国道23号線に進入、流れに乗っていきます。ALKを待機状態にして、全車速追従機能付クルーズコントロール(ACC)を作動。直ちに、ACCが速度制御を開始するとともに、数秒後にALKも作動。レヴォーグは、自らの意志で走行し始めます。

バイパスならではの60km/h+αの領域は、ver3でもALKが動作可能な領域ですので、ver3.5でも変化はないようです。スムーズに車線をトレースしつつ、先行車との距離を制御していきます。もちろん、10数秒おきにハンドル保持の警告が出るのは変わりません。

ただ、認識できる車線が片側のみでのALKの動作が維持できるようになったので、若干ALKの動作領域が拡大したようにも感じます。ただ、両側の白線が摩滅している区間では、やはりロストしてしまいました。より薄い白線でも動作が維持できるようになったかと言えば、そうでもないようです。

 

渋滞時も、アクティブレーンキープが確実に作動。

アクティブレーンキープ 渋滞時自動操舵
photo by CJH

そのまま、渋滞区間に差し掛かると、ACCが減速させていきます。車速がゼロになっても、ALKがしっかり進路を維持。動作は自然で、ステアリングの動きも極めてスムーズです。

ここで嬉しいのが、3秒以内の再発進であれば発進操作が不要という新機能です。朝の通勤渋滞では、発進・停止が頻繁なのでこの機能には、本当に助けられます。

割り込み等で、ご自身でブレーキを踏む事があります。その際に役立つのが、AVH(オートビークルホールド)です。ブレーキペダルを踏んで停車後、電動サイドブレーキがペダルを離しても停止を保持します。もちろん、アイドリングストップも維持されますから、力を入れて踏みっぱなしにする必要は、もうありません。

0km/hからALKが動作するようになったver3.5ですが、自身でブレーキを踏んでしまうと、ALKは再び待機状態に戻ります。ここで、さらなる新機能が効果を発揮します。停止状態でACCを「SET」してみましょう。「HOLD」表示とともにACCがオンになります。ver3ではこれが不可能でした。こうすることで、停止中に車線を再認識。再発進後すぐにALKが作動してくれます。これは、想像以上に便利な機能でした。

 

素晴らしい機能を誇るツーリングアシスト。ただし、自動車専用道路専用。

ツーリングアシストは、これまでよりも明らかに運転負荷は軽減されています。完成度が高く、非常に素晴らしいシステムです。巷で「レベル2」が実現した?と騒がれるのも、無理もないでしょう。それ程、素晴らしいシステムです。

しかし、スバルはこのツーリングアシストの使用を高速道路および自動車専用道路に限定しています。対向車、歩行者、自転車、駐車車両、道路工事などなど、一般道での出来事はとても複雑なのです。そうした事象のすべてを完全に理解・判断させるには、人類の技術は未だ足りていません。

スバルは、アイサイトの自律走行機能を「運転支援技術」と呼んでいます。それは、自動運転という言葉自体がユーザーの安全意識を交代させてしまうと考えているからです。安全のための技術、それが事故の原因となってはいけない。ですから、スバルはツーリングアシストの使用を自動車専用道路に限定しているのです。

ところが、ver3のACCには一般道を想定した機能が搭載されているのはご存知でしょうか。赤信号で先行車が減速中にACCで追従している際に車線変更で先行車をロストすると、赤信号を認識して再加速をキャンセルする機能がそれです。この機能は間違いなく、一般道の走行を前提にしているはずです。しかも、この機能はver3.5でも、ちゃんと作動します。

 

ココだけの話ですが、あくまで「想像」です。

スバルが一般道での使用を禁じていますので「小生の想像」の範囲で、お話します。

低速時にもALKが動作可能となったver3.5ですが、交差点の通過時に進路を見失ってしまう事が多いようです。右折レーンが始まる所で車線が太くなっていく区間が苦手のようなのです。青信号で交差点を通過する度に、ALKがオフになってしまいます。しかも、再びALKが作動するには3〜5秒要します。まだまだ、ALKの一般道での日常使用は時期尚早なのでしょう。

ツーリングアシストは、白線と先行車認識で進路を認識しています。当然ながら、路面上のレーン表示を認識できませんし、交差点を越えた先の進入先も認識・判断する訳ではありません。当然と言えば当然なのかも知れません。

ツーリングアシストをご利用の際は、必ず高速道路および自動車専用道路にてご使用ください。

 

カタログ値だけで測れない、本当のアイサイトの性能。実はもっとスゴい。

アイサイトの本当の性能
photo by CJH

アイサイトの操作は極めてシンプルです。その機能と、その機能の限界を確実に把握していれば、幅広いシチュエーションで使用して運転負荷を軽減できます。

スバルのアイサイトは信頼性が極めて高く、毎日使用している小生も怖い目に遭ったことは一切ありません。トラブルや誤作動もありませんし、よっぽどの大雨でないかぎり、雨天でもしっかり作動します。

そして何より信頼できるのは、実際の能力はカタログ表記よりも遥かに高い、というスバルの実直さです。例えば、プリクラッシュブレーキによる衝突回避の上限速度はカタログ値では50km/hですが、実際の試験では70km/hでも衝突回避可能です。スバルのカタログ値や説明書記載値は、「条件が揃った場合の最大値」ではなく、「必ずお約束できる下限値」なのです。

ですから、スバルをご検討なさる際は、カタログ表記を「眉唾もの」と思わないで頂きたいのです。同じカタログ値の製品があったとしても、性能は段違い。それが、スバルのアイサイトです。

 

折角のアイサイト。フルに性能を発揮させたい!

それだけの高性能を誇るアイサイトですから、折角ならその性能をフルに享受したいところでしょう。さらに、機能が増えたツーリングアシストなら、尚更です。

しかし、それには問題があります。

様々な交通環境、あらゆるシチュエーション。そんな状況下で、いつでも安心してアイサイトをフル活用していただくには、やはりトレーニングが不可欠です。実際に走行して頂いて、その時折に起こるシチュエーションを教材に、アイサイトの「ふるまい」をご理解していただくのが一番です。

交通教本だけでは、自動車の運転ができないのと一緒です。マニュアルだけご理解いただくのは、土台無理なのかも知れません。

 

実際に走って体感しよう。それでなくちゃ、分からない。

そこで、スバルショップ三河安城和泉店では、納車の際に必ず実施させて頂くのが、実体験トレーニングです。23号線を使って、自動車専用道路上でのACCとALKの作動を実体験して頂きつつ、ご使用上の注意やアイサイトの癖なども小生が詳しくお伝えしています。より正しく、より安心してアイサイトを使用していただくためのトレーニングです。

ツーリングアシストにご興味をお持ちなら、ぜひご来店下さい。納車時と同じトレーニングを、ご試乗でもご体験頂けます。ぜひ、お気軽にお申し出下さい。ではご来店心より、お待ち申しております。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
 
東京モーターショー 2017 出展概要。

2017年09月29日 スバル

東京モーターショー 2017 出展概要。

 
 
 
オレたちのスバルが向かう道。

2017年09月04日 スバル

オレたちのスバルが向かう道。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要