スバルショップ三河安城の最新情報。東京モーターショー 2017 出展概要。| 2017年9月29日更新

 
VIZIV PERFORMANCE CONCEPT
photo by SUBARU
東京モーターショー 2017 出展概要発表。
 
2017年9月29日 SUVから一気に舵を切って、スポーティモデルが目白押し!

東京モーターショー開催概要、発表さる。

奇数年の秋に開催される東京モーターショー。今年もその時期が迫ってきました。各メーカーが、華やかなショーカーを発表し、期待の新型車のお披露目をする。ファン待望の秋の到来です!

バブル期までは、それはそれは国民的行事だった東京モーターショー。幕張メッセは、超満員。かく言う小生も、モーターショーでブースに羨望の眼差しを注いでいた一人でした。しかし、今や昔。東京モーターショーはかつての勢いを失い、海外勢の出展も減少の一途を辿っています。

さて、2017年の東京モーターショーは、かつての華やかさを取り戻せるのでしょうか?今回は、スバルが出展概要を公開しましたので、その詳細を見ていきましょう。

 

スバルは今回、STIを前面に打ち出す戦略か。

今回のショーの目玉は、大量出品されるスポーツモデル。ここ数年、安全性能とSUVを前面に押し出してきましたが、企業戦略に変化が感じられます。EV・自動運転時代を目前に、スバルらしさを際立てるための「原点回帰」なのでしょうか。

スバルの100%子会社であるSTIは、パフォーマンス系パーツに定評があるワークスチューナーです。かつてはWRC活動を担っていただけに、マニアックな人気が高く、限定モデルはオリジナルより200万円以上高価であっても即日完売。絶大な人気を誇ります。

メルセデスAMGやアウディスポーツなど、今世界はワークスチューナー全盛期。国内でもGR、NISMOの本格展開が始まり、ブーム間近といった情勢です。そこで、スバルも遅まきながら、STIを活用したブランド戦略を本格導入。レヴォーグに導入したSTI Sportを皮切りに、ハイエンドグレードとして各モデルに展開していく計画です。

 

メインステージは、まさかの次世代WRXコンセプト。

VIZIV PERFORMANCE CONCEPT 1
VIZIV PERFORMANCE CONCEPT 2
photo by SUBARU

今回、メインステージに飾られるのは、VIZIV PERFORMANCE CONCEPT。次世代WRXを想像させるパフォーマンスセダンのコンセプトモデルです。

スバルの発表によれば・・・「SUBARUがお客様にお届けする安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトモデルです。将来の自動運転技術普及期を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を、運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンボディに搭載することで、SUBARUらしい安心で愉しいドライビングの世界観を提示します。」

とあり、スバルならではの走りと自動運転技術を結びつけるコンセプトモデルであることが分かります。トドのつまり、次世代S4そのものです。恐らく、このコンセプトモデルは2020年に予定されているEyeSight ver.4の技術発表をメインに据えているのでしょう。

ver.4では、高速道路上での自動運転を実現する予定です。もう、自動運転時代はスグそこに迫っているのです。となると、スバルは自動運転時代の新たなるスバル像を編み出さねばなりません。運転をクルマ任せにするのなら、「走りの魅力」も、スバルのこだわりも、まったく無用。つまり、スバルというブランドも、無用となってしまいます。

この時代の流れに抗するには、何をすべきか。その答えが、このVIZIV PERFORMANCE CONCEPTなのです。スバルならでは、の走り。そして、スバルにしか実現できない最高の安全性能。スバルのこの先10年のビジョンが、そこに示されているはずです。

 

次世代ドライブトレインの発表はあるのか。

さて、このVIZIV PERFORMANCE CONCEPTではドライブトレインについての技術発表はあるのでしょうか。次期レヴォーグ/S4には、1.8Lの次世代ダウンサイジングターボユニットが初搭載されます。このエンジンは、今後スバルの主力を担うユニットで、1.5Lと1.8Lの2種が用意される計画です。スバルはこの次世代エンジンで全エンジンの約8割を賄う予定であり、近い将来にはエンジンはすべてダウンサイジングターボ化される模様です。技術仕様にはドラスティックな変化はないものの、燃焼に最新技術を導入することで、熱効率の大幅改善を図ります。

そして、近い将来には電動化も計画されています。となると、Hybridに関する技術発表も機体したいトコロ。当店が独自に入手した情報では、ドライブトレインでの外部への依存度が高まるのは間違いないようです。そもそも、トヨタと資本提携下にあるスバルなのにトランスミッションを自社調達するのは理にかなっているとは言えませんし、複雑な次世代ハイブリッドユニットを自力開発するのは最早不可能なのです。

 

STI渾身の作。今回も即日完売は間違いなし!?S208登場。

S208 1 S208 2
photo by SUBARU

究極のスバルであり、究極のSTIである。それが、S208です。

後期型WRX STIをベースにエンジン、サスペンション、インテリア等々、すべてにこだわり抜いて完成した孤高の存在です。今回の東京モーターショーでは、最新作のS208がデビューを飾ります。限定450台は、完売間違い無し。それを見越して、発表当日に抽選方法が公表される予定です。

近年、転売目的で購入する例が跡を絶たず、STIは苦労しているようです。それでも、マニア垂涎の1台であれば、それは宿命。今回もご多分に漏れず、プレミア付きでショップ店頭に並ぶことになるのでしょう。

 

こっちは、買えるSTI!!STI Sport第二弾は、S4ではなくBRZだった。

最上級グレードのGTをベースに、STIが専用チューニングの足廻りを与えたBRZ STI Sport。抜群の操縦安定性と素晴らしい乗り心地を実現した、最高峰グレードとして誕生します。新型XVのカタログカラーをまとった、100台限定の「クールグレーカーキEdition」も話題必至です。

BRZ STI Sport 1 BRZ STI Sport 2
BRZ STI Sport 3 BRZ STI Sport 4
photo by SUBARU
 

何と、次期フォレスター不在!!

来年秋の発売が予定されているフォレスター。しかし、今回の出展概要には何の記載もありません!どうしたことでしょう。小生は、市販モデルの公開はせずとも、前回のインプレッサのようにデザインコンセプトの公開があると、思っていました。2017年秋にコンセプト公開、来年初頭に市販版をワールドプレミア、というスケジュールです。

1年に1モデルと定めているスバルですから、今回のモーターショーでは新型車の発表は何も無い、という事。ちょっぴり残念感が漂います。

 

ガッシリ系XVとスマート系インプレッサスポーツ。

XV FUN ADVENTURE CONCEPT 1 XV FUN ADVENTURE CONCEPT 2

インプレッサ兄弟からは、イエローに彩られた2つのショーモデルが登場します。現行モデルベースだけに実現の可能性も高そうですが、各部のフィニッシュを見る限り、市販の可能性は限りなく低いように思われます。市販を前提としたのではなく、既存モデルのイメージ訴求を狙っているのでしょう。

XV FUN ADVENTURE CONCEPTはイエローメタリックの専用塗装に、スバルSUVらしいタフさを強調したエクステリアが特徴の1台です。車検等の規制が緩い北米では、オールテレーンタイヤに換装するチューニングメニューがLP Aventureから発売済み。アウトドアの本場アメリカで鍛え上げられてきた、本物のSUVだからこそ漂う本物感。XVの新たなる一面が見られそうです。

IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPTはインプレッサスポーツをベースにしつつ、前後バンパーを専用デザインに換装することでスポーティイメージを強調しています。どちらかと言えば、ファミリーカーとして知られるインプレッサスポーツ。ところが、その走りの実力はそんじょそこらのスポーツカーに匹敵するレベル。このコンセプトモデルは、ポップでスポーティなエクステリアでインプレッサスポーツ本来の魅力を訴求します。

他には、アウトバックの特別仕様車として発売予定のLEGACY Limited Smart Editionが登場します。Limitedからアーバンテイストを取り去ることで、シンプルかつタフな印象を強調。ウルトラスエードのインテリアと専用エクステリアが魅力的な1台です。

IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT 3 IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT 4
photo by SUBARU
 

SUBARU 東京モーターショー 2017

東京モーターショー2017_1 東京モーターショー2017_2 東京モーターショー2017_3 東京モーターショー2017_4 東京モーターショー2017_5 東京モーターショー2017_6 東京モーターショー2017_7 東京モーターショー2017_8 東京モーターショー2017_9
 
東京モーターショー2017_10 東京モーターショー2017_11 東京モーターショー2017_12 東京モーターショー2017_13 東京モーターショー2017_14 東京モーターショー2017_15
photo by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

東京モーターショー 2017 出展概要。

2017年09月29日 スバル

東京モーターショー 2017 出展概要。

 
 
 
 
オレたちのスバルが向かう道。

2017年09月04日 スバル

オレたちのスバルが向かう道。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要