スバルショップ三河安城の最新情報。「レガシィツーリングワゴン」ついに最終章。| 2014年4月26日更新

 
レガシィツーリングワゴン最終型
photo by FHI

「レガシィ」それはツーリングワゴンの代名詞。

日本のツーリングワゴンの歴史、それは「レガシィ」の歴史でもあります。この25年に渡る「レガシィツーリングワゴン」の歴史が、いま終焉を迎えようとしています。

ラストチャンスは、2014年6月30日。この日をもって、「レガシィツーリングワゴン」はオーダーストップとなります。

度重なる年次改良によって熟成を重ね、最高の仕上がりを見せる「最終型」。それは「レガシィ」のあらゆる魅力が詰まった究極の姿。

この究極の「レガシィ」を、お客様の手に。ご検討中の皆さまは、お急ぎください。

 

レガシィは、新たなる時代へ。

新型「レガシィ」年内発売
photo by FHI

いつの間にやら、スバルが生産するモデルは全て「3ナンバー」。北米や中国では「プレミアムブランド」として認知されていて、アウディやBMWなどと競合しているとか。「360」からスタートしたことを思い返せば、隔世の感があります。

一方、日本の軽自動車市場は熾烈な激戦区。もし、スバルがこの競争に巻き込まれていたとしたら、きっと生き残ることは難しかったでしょう。

「レガシィ」の北米での大成功があったからこそ、今のスバルがあるのです。

スバルの「中興の祖」であり、「救世主」であり、「復活の立役者」でもある「レガシィ」。

「ツーリングワゴン」の歴史は2014年をもって終了となります。ですが、セダンボディのみとなった「レガシィ」、その挑戦はこれからも続いていきます。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 

2017年09月04日 スバル

オレたちのスバルが向かう道。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要