スバルショップ三河安城の最新情報。新中期経営ビジョン「STEP」発表。今後のスバル大胆予想!| 2018年7月16日更新

 

次のページ>>1 2

 

新SUBARUづくり活動。

新中期経営ビジョンへの想い

「SUBARUづくり」とは、モノづくりに留まらず、商品・サービス全般までを対象にしています。そして、お客様価値の向上を「高品質」「高付加価値」「低コスト」で実現します。如何に個性的で素晴らしくとも、アフォーダブルでなければ意味がありません。高品質・高付加価値と共に、低コストという言葉が出てきたことは、スバルファンとして嬉しい限りです。

2代目レガシィや初代インプレッサWRXは、「高品質」「高付加価値」「低コスト」の真骨頂でした。こんなクルマが、こんな値段で買える!これなら、自分でも買えるじゃないか!!かくいう小生自身も、心ときめかせた一人でした。

EyeSightも、同様でしょう。ver.2が登場した頃、同種の機能を実現していたのは、LEXUSではLSだけでした。総額300万円弱で、世界最高の予防安全技術を手にできる。間違いなく、それはバーゲンだったのです。

日本にマイカーブーム到来を告げ、高度経済成長の象徴たる伝説の名車。スバルの原点たる「360」がそうだったのですから、当然なのかも知れません。

 

誰でもより運転を愉しむことができるアフォーダブルな⾃動運転技術。

新中期経営ビジョンへの想い

EyeSightには、大きな変化がありました。自動運転(レベル3以上)をロードマップから除外したのです。その代わり、2030年までにスバル車が関係する死亡事故をゼロとする、という新たな目標を立てました。

スバルがEyeSight開発に着手した動機は、「事故ゼロを目指すため」であって、自動運転の実現ではありません。その原点に立ち返り、「自分たちが何をすべきか。」を見直した末の結論でしょう。「レベル2の運転支援技術を磨き上げる」との言葉からは、世界最高のAEB(衝突被害軽減ブレーキ)実現へ向けての強い思いが感じられます。

一方で、「ただ⽌まればいいってもんじゃない」のも事実です。AEB(衝突被害軽減ブレーキ)が発動すると、前方車両に対するリスクは下がっても、後続車両に対するリスクは増加します。危険を探知したからと言っても、停止すべきではないシーン(回避の方がベター)もあるわけです。如何に、トラフィック全体のリスクを下げられるのか。それは、大いに課題となるでしょう。

 

気になる次世代EyeSightは、どうなるのか。

新中期経営ビジョンへの想い 新中期経営ビジョンへの想い

某誌で盛んに報じられているように、ver.3→ver.4への進化は大きなステップとなるようです。といっても、上段で述べたように「自動運転狂想曲」からスバルは脱退を表明していますから、自動運転へシフトするメガサプライヤとは距離を置くいわゆる「吊るし製品」をそのまま搭載するような事態には決してならないでしょう。

今後は、進化の幅は小さくとも着実なブラッシュアップを継続するのが、基本路線。但し、アイサイトECUの能力は限界に来ていますから、日立オートモーティブ製であるアイサイトAssyが、他メーカー製もしくは日立の最新版に切り替わるのは間違いありません。

今年、レヴォーグの年次改良に際して、小改良が実施されています。今後も、こうした小改良を重ねつつバージョンアップを図り、何処かのタイミングでハードウェアの刷新を図るものと思われます。

次なる大幅アップデートは、地図情報とビッグデータとの融合です。2022年までには、国内向けナビもSTAR-LINK化するとありますから、このタイミングでEyeSightは地図情報とリアルタイム交通情報との融合を図るものと思われます。

 

スバルは、もっとスバルらしく。

新中期経営ビジョンへの想い 新中期経営ビジョンへの想い

急激な販売拡大路線は、スバルに大きな歪を残しました。その反省から、今後のスバルは現実路線へと方針を転換します。より個性を極め、スバルに乗ることに幸せを感じてもらえるような、もっと愛されるメーカーへと生まれ変わっていくのです。

となれば、電動化と自動運転を急進する他のメーカーとは、間違いなく色合いの違いが際立ってくるでしょう。そんなスバルが評価されるかどうか。それは、10年後の世界に聞いてみないことには分かりません。でも、私たちスバルファンがいればこそ、スバルはスバルらしくあるはずです。

今後とも、皆様のスバルのご愛顧を何卒お願いいたします。

 

スバル新中期経営ビジョン「STEP」

STEP_1 STEP_2 STEP_3 STEP_4 STEP_5 STEP_6 STEP_7 STEP_8 STEP_9
 
STEP_10 STEP_11 STEP_12 STEP_13 STEP_14 STEP_15 STEP_16 STEP_17 STEP_18
 
STEP_19 STEP_20 STEP_21
 
document by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要