スバルショップ三河安城の最新情報。STI Sport第3弾は、WRX S4。満を持して、登場。| 2018年9月12日更新

 
BTCC 2018 LEVORG
WRX S4 STI Sport、それはスバル究極のセダン。
 
2018年9月3日 誰でも買える、いつでも買える、STIモデル。第3段は、WRX S4。

次のページ>>1 2

 

STI Sport第3弾、それはWRX S4。しなやかな乗り心地と最高のパフォーマンス。

WRX S4 STI Sport リヤビュー

スバル伝統のボクサーターボと、左右完全バランスのAWDシステム。没個性などという言葉とは、全く対局にある貴重なハイパフォーマンスセダン。それが、WRX S4です。

スバル伝統の、ホットなピュアスポーツイメージを受け継ぎつつ、世界最高峰の安全性能と運転支援技術を両立する、世界でも珍しいモデルです。

アイサイト付きのスポーツモデル?CVTのハイパフォーマンスセダン?そんなの邪道!まったく矛盾している!と断じる方もいらっしゃいますが、それは早計と言うもの。一度、乗ってみてください。スバルが提案する、新時代のスポーツセダンの姿がありありと感じられるはずです。

そんなS4に今回登場したのが、最高峰モデル「STI Sport」です。

2016年5月にレヴォーグで登場したSTI Sportは、これが第3弾。「スバルならでは」の走りにさらに磨きを掛け、より高い動的パフォーマンスを実現すると共に、しなやかな乗り心地をさらに進化させています。

 

WRX S4 STI Sportのチューニングレシピ。

WRX S4 STI Sport DampMaticII WRX S4 STI Sport クランプスティフナー
 

チューニングレシピは、レヴォーグと共通。サスペンション系のチューニングがメインです。前後スプリング&ダンパーは専用品に変更され、より高次元で乗り心地とパフォーマンスを両立させます。

STI Sportならではの乗り心地を実現する魔法のダンパー「DampMatic®Ⅱ」は、フロントに採用。このダンパーの秘密は、中子にあります。ダンパー筒内に封入された中子の動きによって、フルードの通過抵抗が変化。小ストローク時は柔らかく、大ストローク時には固くなります。そのため、乗り心地はあくまでマイルドでありながら、ボディの挙動はガッチリ抑え込むことが出来るのです。「完全アナログ」な仕掛けだからこそ、電子制御特有の不自然さを排除しつつ、リニアかつ自然な減衰特性を実現しています。

また、ステアリング系の精度と応答性を高めるために、専用の高剛性クランプスティフナーを採用。ステアリングギアボックスの取付剛性を向上を図っています。

 

シックな装いの大人のスポーツセダンが、渋めの進化。

WRX S4 STI Sport インテリア WRX S4 STI Sport シート
 

エクステリアでは、一見して分かる変更点は多くありません。むしろ、WRX STIとの判別が難しくなっています。鮮やかなSTIバッジが各部に配されますが、これだけで瞬間的にWRX STIと見分けるのは、至難の業。フロントフォグランプの有無と、リヤのS4のバッジで見分けるしかありません。

18インチのホイールは、ダークグレーメタリック塗装となり、ブラックのドアミラーと共にサイドの印象をグッと引き締めます。トランクスポイラーは、大人な雰囲気のリップスポイラーを採用。ちょっと大袈裟なアピアランスは気が引ける、なんて方にも安心です。

インテリアは、STI Sport共通のワインレッドを基調とした本革仕立て。カタログ写真では派手過ぎるとお感じになるかも知れませんが、実際に乗ってみると存外に落ち着いた色合い。これが意外に馴染むのです。

これ見よがしの派手さは追わず、シックな場にもちゃんと馴染む、大人のスポーツセダン。そんな印象です。

 

ただ、速ければイイってもんじゃない。それが、STIの哲学。

WRX S4 STI Sport ホイール

WRX S4 STI Sportは、尖ったドーピングモデルとは一線を画しています。エンジンには一切手を付けておらず、専ら足廻りのチューニングのみ。そこには、STI独自の哲学があります。

STIが目指すのは、サーキットでのラップタイムではありません。いつ如何なるときも快適でありつつ、クルマとの対話を楽しめる、濃密なマン・マシン系の実現にあります。尖った性能、つまりスリルではなく、安心の上にある愉しさ。それが、STIの哲学です。

ラップタイムを稼ぐなら、手っ取り早くタイヤを変えればイイだけのこと。でも、そこに楽しさはありません。

路面にしなやかにタイヤを追従させつつ、限界付近でクルマと語り合う。冷や汗をかきながらクルマと戦うのではなく、鼻歌を歌いながらコーナーを楽しむ世界。それが、STIの目指す真骨頂です。

WRX S4 STI Sportは、オリジナルのS4の世界をさらに突き詰めて、STIの哲学を注ぎ込んだモデルです。実は、このS4こそが今のスバルの理想形であることをご存知でしょうか。

 

安心と愉しさ。それを具現化するスバルの象徴。それが、WRX S4の存在価値。

WRX S4 STI Sport シート

安心と愉しさ。それは、スバルのブランド・スローガンです。実は、WRX S4がそれを象徴する存在なのです。

愉しみたいときは、溢れんばかりのパフォーマンスで愉しさを。移動に徹するときは、最新鋭の運転支援システムでアシストで安心を。あらゆるシーンで最高の愉しさと、最高の安心をお届けする。それが、WRX S4の魅力です。

低重心・左右完全バランスのドライブトレインは、シュアでリニアなハンドリングを実現。ただ、曲がるだけじゃない、完璧な人馬一体感を描き出します。スポーツリニアトロニックはCVTとは思えぬダイレクト感を実現。踏んだ瞬間に濃密なトルクで路面を蹴り出します。

世界最高峰の能力を誇る、アイサイト・ツーリングアシストは0km/hからの先行車追従と車線維持が可能。数十kmの行楽渋滞でも、疲れ知らずです。プリクラッシュブレーキは、光学カメラならではの確実な目標判別を実現。S4の強力なストッピングパワーで、衝突の危機を最大限回避します。

スバルの誇る、究極の愉しさと、最高峰の安心。それをギュッと1台に詰め込んだのが、WRX S4。それに、さらにSTI哲学をプラスしたのが、WRX S4 STI Sportです。400万円というプライスタグは、一見高く感じます。しかし、300ps級のスポーツモデルが国内唯一であり、海外勢が軒並み500万円オーバーだと考えれば、相当にリーズナブル。ちょっと値がはるかもしれませんが、スバルとSTIの理想をギュッと詰め込んで生まれた、WRX S4 STI Sport。かなりオススメです。

 

スバル公式:WRXS4STISportの主要装備

足回り/メカニズム

・245/40R18タイヤ&18インチ×81/2Jアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)

・STIチューニングビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング(フロント:DampMatic®Ⅱ、倒立式)

・高剛性クランプスティフナー(左右)付電動パワーステアリング

エクステリア

・WRXS4STISportフロントグリル(ダークメタル塗装)

・STIエンブレム付サイドガーニッシュ(ブラックカラード)

・STIエンブレム(フロント&リヤ)

・ブラックカラードドアミラー

・トランクリップスポイラー(ブラックカラード)

・シャークフィンアンテナ(ブラックカラード)

インテリア

・本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ+高触感革+STIロゴ入りハイグロスブラックベゼル)

・本革巻シフトレバー(レッドステッチ+高触感革+ハイグロスブラック加飾パネル)

・RECAROフロントシート(ブラック/ボルドー、レッドステッチ+STIロゴ入り)

・STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)

・フェルト巻フロント&リヤ大型ドアポケット(ボトルホルダー付)

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要