スバルショップ三河安城の最新情報。2020年登場の次期レヴォーグが現れた!!| 2018年11月11日更新

 

次のページ>>1 2

 

次世代アイサイト、ついに姿を現す。

安心・安全への取り組み1
 

注目されるのは、ADAS用ステレオカメラです。アイサイトは天井前縁にカメラを設置していますが、テストカーのシステムはガラスに密着しており、見た目からして全く違うものです。すなわち、これが巷で話題の、次世代ADASとみて間違いありません。

2019年発表の次期レガシィのテストカーには、ver3.5と思われるアイサイトが搭載されていました。一方、2020年発表の次期レヴォーグは次世代ADASを搭載しています。つまり、2020年を境にスバルのADASは次世代型へと大きな飛躍を遂げるのです。

最新のアイサイトは、自動車専用道路の同一車線上であれば、レベル2に相当する機能を実現しています。ただ、それは先行車追従に限定されており、側方から自車レーンに進入してくる車両は一切感知しません。つまり、次のステップはそこにあります。

 

見た目からして全く異なる、ステレオカメラ。

安心・安全への取り組み2
 

スバルと日立オートモーティブがいち早く実用化したステレオカメラは、今ではほとんどのメガサプライヤーで採用され、スタンダードとなってます。物体を形状で識別しつつ、視差で測距。デジカメ2個と極めてシンプルな構成ながら、画像処理アルゴリズム次第で能力はいくらでも拡張できます。ただ、対象物体を直接測距できないのが欠点です。

今回の次期レヴォーグのテストカーには、前後バンパーに4個ずつのセンサーが追加搭載されています。このセンサーは、その欠点を補う測距用のセンサーだと思われます。側方用センサーが見当たりませんが、何処かに隠されているかも知れません。

内側2個が前後を、外側2個が斜め方向を、そして側方用センサーが真横。これで全周囲警戒が可能です。側後方から接近する車両を探知し、車線変更のアシストを実現するでしょう。

 

欧州を意識して、走りをさらに磨き上げる次期レヴォーグ。

次期レヴォーグは、如何なるパフォーマンスを有しているでしょうか。

排気量は+200ccとなるも、熱効率は向上して燃費もパワーも改善されるはずです。但し、SGPへの刷新によって車重は40kgの増加が見込まれますが、シャシー剛性は現行比2倍近くまで引き上げられます。ボディサイズは、現行とほぼ同等に収まるため、数年後に現れるライバルと比較するとかなり小振りに見えるはずです。

昨今のリコール問題によって、スバルは安全一本槍のイメージを自らブチ壊してしまいました。次世代アイサイトの性能も、決して他メーカーを凌駕するレベルにはないと見込まれています。となると、「スバル=走り」という、旧来の戦略に回帰するしかありません。

次期レヴォーグは、多分に欧州市場を意識するはずですから、高い次元の走りをスバルは仕込んでくるはずです。ギュッとコンパクトで、バシッと走るツーリングワゴン。もしかすると、現行よりもよりスバルらしい1台に仕上がるかも知れません。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要