スバルショップ三河安城の最新情報。スバル史上初の本格PHVデビュー。但し、北米専売。。。| 2018年11月20日更新

 
XV HYBRID DEBUT
スバル初のPHV登場。但し、北米専売。
 
2018年11月20日 トヨタ製ハイブリッドを搭載したXVが誕生。

次のページ>>1 2

 

遂に現れた、北米専売のPHV。その名は「SUBARU CROSSTREK HYBRID」。

先だって、トランスミッションのみひっそりと公開されていたスバル初のPHV。10月19日、遂に正式発表となりました。搭載車種は予想通り、XV(北米名:CROSSTREK)でした。

国内向けe-BOXERがハイブリッドを名乗らないのに対し、こちらはPHVとは言わずにHYBRIDを名乗るようです。ちょっと、ややこしい感じです、トドのつまり。正式名称は「SUBARU CROSSTREK HYBRID」。PHVなのですが、HYBRIDです。。。

 

PHVシステムは、トヨタとの共同開発。EV航続距離は、27.2km。

CROSSTREK Plug-in LOGO

トランスミッションはリニアトロニック(電気式無段変速機)を名乗るものの、実態はAISIN AW製のTHS。トヨタが開発した、2モータのHVユニット。これをスバル用にカスタマイズして搭載しています。

注目のEVモードでの航続距離は、17マイル(27.2km)ほど。ちょっと短めですが、AWDであることと、専用車種でないことを勘案すれば、充分と言えるでしょう。

一番重要な情報ですが、このPHVが国内発売されることはありません。このモデルは、カルフォニア州のZEV規制対策のために開発されたもので、スバルの本命HVユニットは3年後を目指して別途開発中なのです。つまり、緊急リリーフに過ぎない、のです。

 

エンジンは、2L直噴NAユニット。モータは、カムリと同型か。

XV Plug-in PowerUnit XV Plug-in FB20
 

スバル伝統の完全左右対称パッケージングであるボクサーエンジン+シンメトリカルAWDを核に、トヨタの最新HV技術を組み合わせたこのPHVシステムは、新たに「SUBARU StarDrive Technology」と名付けられています。

最大の特徴は、依然として常時全輪を駆動し続けるドライブトレインにあります。これこそが、スバル最大のこだわりです。「滑った」時だけしか4WDにならない、巷のシステムとは違います。

エンジンはノーマルXVやe-BOXERと共通の、2L直噴NAエンジンを搭載。但し、このユニット、外観からして違いますし、スペックも変更されています。THSとのマッチングに合わせて、仕様変更がなされたものと思われます。

モータ出力は、120ps/202N-mに達します。e-BOXERのの約10倍です。このモータをスペックから調べると、新型カムリから採用された、3NMと共通。ただ、カムリはFFベースですから、ほぼ全面的に新規開発がなされたHVユニットだと思われます。

バッテリとインバータユニットは、リヤ荷室下に収納されているようです。ただ、写真を見る限り、パワーユニットが相当に嵩張るようで、荷室床面が相当嵩上げされて、荷室容量が犠牲になっています。

XVにおける、エンジン比較

モデル名XV 2.0i-L EyeSightXV Advance e-BOXERCROSSTREK HYBRID
パワーユニット概要2.0L 直噴NA2.0L 直噴NA
リニアトロニック(1モータ)
2.0L 直噴NA
THS(2モータ)
エンジン最高出力113kW(154ps)/6000rpm107kW(145ps)/6000rpm102kW(139ps)/5600rpm
最大トルク196N-m(20.0kgf-m)/4000rpm188N-m(19.2kgf-m)/4000rpm182N-m(18.5kgf-m)/4400rpm
モータ最高出力-10kW(13.6ps)88kW(120ps)
最大トルク-65N-m(6.6kgf-m)202N-m(20.6kgf-m)
 

システム総出力は、150ps程度か。但し、重量増は250kg。

CROSSTREK Plug-in PowerUnit CROSSTREK HYBRID FrontView
 

システム重量の増加によって、重量増は約250kgに達するようです。e-BOXERが110kgですから、2倍以上。恐らく、1670kg程度の車両重量となるのでしょう。ただ、他メーカーのPHVと比較する限り、決して飛び抜けて重い、という訳ではないようです。

システム総出力は、150ps程度の模様。モータアシストの威力により、EVモードは最大104km/hまで利用可能で、0-60mphのダッシュは約1秒短縮されています。

タンク容量は50Lのまま存置され、航続距離は480mile(772km)に達します。燃費性能は、米国標準の燃費表示で90MPGe。現行のトヨタ・プリウスPHVが133MPGe、Audi A3 e-tronが86MPGeですので、まぁまぁといったところでしょう。

プラグインのチャージポートは左リヤクォーターにあり、ドアには「PLUG-IN」のロゴが印されています。バッテリはリチウムイオンで、大容量のものが荷室下に搭載されています。インバータユニットは、トヨタに準じたものが搭載されていると思われます。

 

内外装は、国内仕様のAdvanceと基本的に共通。

CROSSTREK HYBRID Interior XV PHV Interior
 

インテリアは、基本的に国内仕様のAdvanceと共通。ノーマルのオレンジステッチを廃し、HVイメージを訴求するブルーが各所に用いられています。本革シートは、ネイビー/ライトグレーにブルーステッチを加えたもの。全体的に、明るく涼やかなイメージです。

メータパネルは、PHV化によりタコメータを撤去。エネルギーメータに置き換えられています。センターコンソールは、AVHの代わりに走行モードを変更するPHV専用スイッチが配置されています。

エクステリアも、Advanceと共通。ボディ各部にシルバーの加飾が追加され、ハイグレードなイメージをアピールしています。写真の専用ボディカラー、ラグーンブルー・パールも、これまたAdvanceと共通です。但し、ルーフレールは専用の薄型のものに換装されています。

 

緊急リリーフのPHVだけど、スバルらしいこだわりに溢れる1台。

CROSSTREK HYBRID Off-Road XV PHV Off-Road
 

実にスバルらしい!と思ったのは、「X-mode」が装備されていること。ZEV規制対応のためのピンチヒッターにも関わらず、ちゃんと悪路走破性を確保しているのは、スバルのこだわりです。様々に世間をお騒がせしているスバルですが、クルマ創りのこだわりだけは微々たる揺らぎもないようです。

そのこだわりは、安全対策にも現れています。250kgの重量増に対応するフレーム強化と、大容量化したバッテリを保護する構造の追加によって、ノーマルモデルと同様の衝突安全性能を確保しています。バッテリ前後にはサポートフレームを廃し、堅固なケースに収納することで、万が一の際にもリークが無いよう万全の対策を施しています。

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要