スバルショップ三河安城の最新情報。レヴォーグに、WRブルー+ビルシュタインの特別仕様車登場。| 2018年11月29日更新

 
XV HYBRID DEBUT
レヴォーグに、特別仕様車が登場!!
 
2018年11月29日 ビルシュタイン+WRブルーのオトクな1台。

次のページ>>1 2

 

レヴォーグに「やっと」オトクな特別仕様車登場。

レガシィツーリングワゴンの伝統を受け継ぎ、2014年に登場したレヴォーグ。国内専用車として構想されただけに、日本でも使いやすい手頃なサイズ感が魅力です。

かつてのレガシィには、代々人気の特別仕様車がありました。それが後期型に設定された「B-SPORT」です。上級グレードの装備を、標準グレードの価格で買えるB-SPORTは、非常に人気の高いグレード。わざわざ、その登場を待ってから購入するのをルーティンにしていた方も、多くいらっしゃいました。

そんな「伝説のグレード」が、4年ぶりにやっと帰ってきます。その名は「V-SPORT」。B-SPORTの「B」は、レガシィ伝統の型式の頭文字。これが、レヴォーグでは「V」なので、それに伴っての変更です。

 

何と、WRブルーパールが選べる!!!これは、欲しい!

LEVORG 1.6GT EyeSight V-SPORT

スバルと言えば!WRブルー。WRCの栄光を今に伝える伝統あるオリジナルカラーです。色単体としても非常に美しいのですが、選べる車種が限られるので、どうしても敷居が高く感じられがちです。レヴォーグでは、これまで最高峰グレードのSTI Sportのみでしか選択できませんでした。

が。。。V-SPORTでは、これが選べるんです!なぜ、今頃になって。。。感は否めませんが、これだけでもV-SPORTを選ぶ理由になりそうです。何しろ、50万円安くWRブルーを手に入れられるのですから、オトク感満載です。

 

V-SPORTも、伝統に恥じぬオトクな装備が満載。

 

レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORTは、GT-S用のビルシュタインダンパーと18インチホイールを、1.6GTの価格で提供するのがポイント。レヴォーグは欲しいけど、ちょっと高い。。。とお考えの方にジャストフィットです。

そして、一番嬉しいのが「WRブルー」です。これまで、WRブルーを手に入れるには、STI Sportを選ばねばなりませんでした。しかし、これでは予算は400万円オーバー。。。ちょっと手の出る価格ではありません。しかし、V-SPORTなら50万円も安い!!!これは、大変お買い得です。待ってましたッ!!という方も多いことでしょう。

このV-SPORTは、シンプルな装備構成。サンルーフや本革シート等のカスタマイズは一切できません。まずは、その装備を見ていきましょう。

1.6GT EyeSight V-SPORT [op:68C] 285万円(税抜き)

・アイサイトセイフティプラス[運転支援]:ハイビームアシスト、スバルリヤビークルディテクション

・アイサイトセイフティプラス[視界拡張]:サイドビューモニタ、フロントビューモニタ

・キーレスアクセス&プッシュスタート

・LEDヘッドランプ(ステアリング連動)

・LEDフロントフォグランプ

・オートワイパー&オートライト

・225/45R18タイヤ&アルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)

・運転席パワーシート

・コールドウェザーパック:フロントワイパーデアイサー、フロントシートヒータ

・UVカット機能付き濃色ガラス

・スーパーUVカット&撥水加工フロントドアガラス

 

対 1.6GT-S EyeSight [op:DXC] 300万円(税抜き)

レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight
 

内容を比べるとしたら、ターゲットモデルとなる1.6GT-Sと比較するべきでしょう。GT-Sは、ビルシュタインダンパーとブルー系のスポーツインテリアを組み合わせた上級グレード。これぞレヴォーグ!と言うべき、主役グレードです。

・レス装備一覧

スマートリヤビューミラー、運転席パワーシート(10Way→8Way)、助手席パワーシート、内装ブルーステッチ、シート形状(スタンダード)、ロゴ入りサイドシルプレート

スマートリヤビューミラーは使用機会が限られるので、無ければ無いで我慢できる装備でしょう。助手席パワーシートやスポーツシートは、ちょっと残念感があるかも知れません。ただ、「ビル足」最優先の方ならば、気にならないのではないでしょうか。価格では、15万円もオトク。V-SPORTは、かなりお買い得です。

 

対 1.6GT EyeSight [op:DXC] 283万円(税抜き)

レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT レヴォーグ 1.6GT EyeSight
 

量販グレードの1.6GTは、ホイールは17インチでダンパーはスタンダード。脚が硬めの仕立てだった前期型は、ドタバタ感が否めませんでしたが、後期型では大胆に路線変更。仕立てを一気に柔らかめにすることで、ドタバタ感を全面解消。しなやかにコシのある乗り味が「これもまた良し」と感じられるようになっています。

この1.6GTをベースに、ビルシュタイン+18インチホイールを加えたのが、V-SPORTです。

・プラス装備一覧

18インチアルミホイール、ビルシュタインダンパー、17インチ2ポッドキャリパー、アルミペダルパッド、ブラックカラードドアミラー、ブラックベゼルLEDヘッドランプ、ダークメッキ+ブラック塗装フロントグリル

・レス装備一覧

ウェルカムライティング、スマートリヤビューミラー

何と言っても、V-SPORTはGT-S仕様のエクステリアが魅力。しかも、ダンパーもビルシュタイン。価格も、たった+2万円。もはや、1.6GTを選ぶ意味が。。。

 

対1.6GT EyeSight Smart Edition [op:61C] 273万円(税抜き)

レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT レヴォーグ 1.6GT EyeSight SmartEdition
 

Smart Editionは、1.6GTをもっとオトクにしたモデル。ヘッドランプはブラックベゼルで、グリルもダークメッキ。アルミペダルパッドとブラックのドアミラー。但し、ダンパーはノーマルです。

・プラス装備一覧

スーパーUVカット&撥水加工フロントドアガラス、ビルシュタインダンパー、18インチアルミホイール、17インチ2ポッドキャリパー

V-SPORT比、ー12万円。確かに、SmartEditionのオトク感は際立っています。ただ、熱烈なスバルファンからするとビルシュタインは外せないところ。そう考えると、V-SPORTはアリでしょう。

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要