スバルショップ三河安城の最新情報。富士重工業 新中期経営ビジョン策定。| 2014年5月9日更新

 
際立とう2020
photo by FHI
 
富士重工業 新中期経営ビジョン策定
 
2014年4月22日
プレス発表

富士重工業 新中期経営ビジョン「際立とう2020 (Prominence 2020)」策定。

富士重工業は2014年5月9日、新たなステージでの競争力強化と事業基盤整備を進め、持続的成長と発展を目指す新中期経営計画ビジョン「際立とう2020(Prominence 2020)」を発表しました。今回の「際立とう2020」は、2011〜2015年度までを対象期間とした中期経営計画「Motion-V」の主要目標を前倒しで達成できたため、これに代わる新たな新中期経営ビジョンとして策定されたものです。

「際立とう」というフレーズからは、スバルとしての個性をより一層強化する意気込みが感じられます。北米をはじめとして、スバルは「ブランド」としての認知が進み、着々と業績を伸ばしています。一方で、旺盛な需要を満たすにはその生産能力は不十分であり、能力拡大が求められています。それでも、Motion-Vの100万台に対して110万台+αに留めたのは、堅実な経営路線を維持するという決意の表れでもあると考えられます。

主要車種の今後については、まず新プラットフォームの投入が発表されています。北米を中心としてより一層厳しくなる衝突案件への対応が目的とされていますが、その登場は2016年以降に予定される次期「インプレッサ」まで待つ必要がありそうです。さらに、直噴エンジンの拡大展開、気筒休止、リーンバーンへの取り組みも合わせて発表されています。次世代エンジンは、以前最新情報でお伝えした新型「レガシィ」のマイナーチェンジでの搭載が考えられます。特に気筒休止は多気筒エンジン向けの技術ですので、これらから次期6気筒エンジンのアウトラインが想像できます。「FB16DIT」より小さい、2.0LNA代替の「BlueBoxerDIT」が登場するのか気になります。

HV関連では、トヨタの技術協力を得て北米向けにPHVを投入する計画が明らかになっています。北米専売ということは「インプレッサ」系の車種ではなく、「レガシィ」「アウトバック」「トライベッカ後継車」などの大型モデルへの限定的な設定が見込まれます。市場動向の変化に敏感なプレミアムクラスの顧客には、個性的なスバルのPHVモデルはさぞ魅力的に映ることでしょう。しかし、「VIZIV2」の市販版となる次世代HVモデルの国内導入が後ろ倒しにされたのは、残念な情報です。

現時点でHVやEVに関する「大々的な発表」が無いということは、スバルが最低でも今後6年間はこれら次世代車をラインナップの中心に据える計画が存在しない証左でもあります。一方で、取組項目に見られる「新商品を間断なく投入」とは何を指すのかが気になります。2014年に一挙4車種を更新した結果、主要車種のFMCは全て完了しており、次世代モデルとなる次期「インプレッサ」までかなりの時間があります。字面通り「新商品」であるなら、全くのニューモデルが「間断なく」登場するのでしょうか。

ひとつには、プレミアムクーペの登場が考えられます。「アルシオーネSVX」など過去に例のないジャンルではありませんし、北米では伝統的に確固たるマーケットが存在します。プレミアムブランドとしての訴求力を強化するためにも、次世代6気筒エンジンを搭載した「ボクサークーペ」の登場は十分に考えられます。このクーペが「レガシィクーペ」になるか、全くの「新商品」になるかは不明ですが、もしも登場すればこのクーペは北米のレーシングシーンでも見られるようになるでしょう。

また同日、富士重工業は米国インディアナ州の生産拠点でのトヨタ「カムリ」の受託生産の終了を正式発表しました。受託生産は2016年秋まで続き、その後は「トライベッカ」の後継車種の生産が実施される見込みです。

「トライベッカ」は2005年に発売された北米専売の大型3列SUVです。「トライベッカ」後継車は「エクシーガ」と統合された全く新たな3列SUVとして生まれ変わるとの情報があります。「エクシーガ」後継車はスライドドアを持つミニバンではなく、東京モーターショーで発表された「クロスオーバー7」のようなSUVテイストの強い3列シート車に生まれ変わる可能性が高いといえます。

「際立とう2020」を見る限り、喜ばしいことに富士重工業は極めて堅実です。成長路線で足元を見失い、拡大路線から一気に転落した企業は数知れません。スバルブランドがなぜ愛され、どうしたら愛し続けられるか、富士重工業は理解しようと努め、それをブランドの強化に着実に繋げたいと考えているようです。これからのスバルに、ぜひとも期待したいところです。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要