スバルショップ三河安城の最新情報。東京オートサロン2019 ブース写真追加。| 2019年1月12日更新

 
東京オートサロン2019開催
2019年 東京オートサロン開幕する。
 
2018年12月26日 フォレスターとインプレッサにSTI Sport?

次のページ>>1 2

 

2019年東京オートサロン出展概要。

1FORESTER(STI コンセプトモデル)参考出品車
2IMPREZA(STI コンセプトモデル)
3LEVORG(カスタムパーツ装着モデル)
4WRX STI(カスタムパーツ装着モデル)
5SUBARU BRZ GT300 2018モータースポーツ参戦車
6WRX STI NBR CHALLENGE 2018
7WRX STI 全日本ラリー参戦車
8CG ROBOT Racing 2018(SUBARU BRZ)

カスタムカーの祭典である東京オートサロンが年明け早々、1月11日から開催されます。今や、東京オートサロンは第2の東京モーターショーであり、より趣味性の強いモーターショーとして幅広く活用されています。

スバルは、2019年の東京オートサロンで8台の車両を展示します。2台の市販検討モデルと、2台の用品装着車両、そして4台のモータースポーツ参戦車両です。

 

次のSTI Sportか。注目の2つのSTIモデルが登場。

BRZ STI Sport

よりアフォーダブルなSTIモデルとのコンセプトで展開される、STI Sport。レヴォーグに始まり、BRZ、WRX S4と、これまで3つのモデルに設定されてきました。

ただ、第1弾のレヴォーグの反響に比べれば、BRZとS4はピリッとしないのは事実。STIコンプリートが発売済みだったため、STI Sportが「もっともホットなグレード」では無かったからでしょう。また、エンジンチューニング無しというSTI Sportのレシピは、ハイパフォーマンスモデルには馴染まないのかも知れません。

新たに登場するSTIコンセプトモデルは、フォレスターとインプレッサSPORT。どちらも、マイルド路線へのキャラ変更を惜しむファンの多いモデルです。それだからこそ、待ちわびたモデルとも言えるでしょう。

 

FORESTER STIコンセプトモデル

FORESTER STI コンセプトモデル SK9 STI ConceptModel

ベースは、e-BOXER(2.0LNA+モータアシスト)搭載のAdvance。フロントには、brembo製モノブロック対抗6ポッドキャリパーを装備。タイヤはより扁平率を高め、19インチ化。ボディカラーは、新色の「ファイターグレー」。当然ながら、STIにより足回りは仕立て直されています。

アクセントカラーは伝統のチェリーレッドではなく、蛍光イエロー。細いストライプが、イイ感じです。南アフリカで発売されたWRX STIしかり、蛍光イエローが今後アクセントに用いられていくのでしょうか。

やはりと言うか、ベースはAdvande。スバルがもっともアピールしたグレードなのでしょう。ただ、Advanceの絶対的な動的パフォーマンスが、STIというブランドイメージには不足しているのは確実。追い越し車線を走れないSTIモデル、などあり得ないと思うのですが。。。

 

IMPREZA STIコンセプトモデル

IMPREZA STI コンセプトモデル GP7 STI ConceptModel

こちらのベースは、2.0i-S EyeSight。まず、目を引くのはブラックアウトされたルーフとパーツ類。これにより、ハードなスポーツモデルへと、印象をガラリと変えています。リヤには、センター出しのマフラーが、そのパフォーマンスを主張しています。

愛があるクルマらしいので、ファンの期待するスポーツイメージが希薄になりがちな、現行インプレッサ。ただ、SGPによるシャシー性能はレヴォーグを凌ぐもので、極めて高いハンドリング精度を誇っています。

STI Sportの発売によって、インプレッサの走りに注目が集まることが期待されます。ただ、インプレッサは2019年中盤にマイナーチェンジを予定。となると、その登場は、後期型への進化を待ってからになるでしょう。

 

レギュラーメンバー、4台のモータースポーツ参戦車両。

ブースには、STIが関わる4台のモータースポーツ参戦車両が展示されます。

SUBARU BRZ GT300 2018は、岡山国際サーキットで優勝を飾ったマシン。性能調整で優遇されているものの、2000cc+ターボという非力な組み合わせ故に、常に劣勢を強いられているSUPER GT。ところが、屈指のハンドリングサーキットで一矢を報いる、見事なポールtoウィン。シーズン唯一の優勝を飾っています。

WRX STI NBR CHALLENGE 2018は、恒例行事となったニュルブルクリンク24時間レースの参戦車両。主流はFIA GT3とGT4、TCRに移行したものの、すっかり過疎化した2000ccターボのクラスでの参戦を続けています。2018年のレースでは、開始早々にパワステポンプにトラブル発生。さらに、豪雨による中断では、ECUに水が入るトラブル。。。完走を果たしたものの不甲斐ない結果に終わっており、2019年はさらなる飛躍が期待されます。

 

2019年シーズン、新型エンジンはいつ投入されるのか。

次期WRX STIは、伝統あるEJエンジンを捨て、新型ユニットに換装すると言われています。現行のEJ20は、STIの手練の職人による限界チューニングでも329psが精一杯。S207とS208では、その差は1psに過ぎません。もう、限界なのです。

ところが、間もなく登場するAMG A45は、同じ2.0Lながら395ps!その差、66ps。余りに圧倒的です。もちろん、F1、DTM、GT3と様々なカテゴリーを制圧してきたAMGと、WRCを去って10年を経たSTIを比べるのも、土台無理な話。

ただ、熱いスバルファンはそんな言い訳を聞きたくはないでしょう。次期WRX STIが圧倒的なパフォーマンスで登場するのを待ち侘びているのです。

機体高まる新型エンジンですが、GT300に先行投入する可能性は無いのでしょうか?次期WRXでは、海外と国内でエンジンが共通化されるはずで、アセントと共通の2.4L直噴ターボが想定されます。この排気量ならば、GT300での劣勢を打開できる可能性があります。次期WRXの登場は、2020年。そう、残された時間は多くありません。

2019年の東京オートサロンでは、新型エンジンデビューの華々しいニュースを期待しましょう。

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

2019年01月25日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

 
 
 
 
スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

2018年12月29日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

 
 
 
 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要