スバルショップ三河安城の最新情報。遂に純正採用された、オールシーズンタイヤ。そもそも、タイヤって何が良いの?| 2019年2月13日更新

 

次のページ>>1 2

 

空気圧、摩耗、温度、様々な要因でタイヤの特性はガラリと変わる。

乗用車のタイヤ選びをする際、車選びのように、すべての種類を試乗して試すことはできません。でも、乗ってみなければ、分からない。。。

しかも、タイヤの特性は摩耗していけば、特性はドンドン変わっていきます。空気圧を少し変えただけでも、特性はガラリと変わります。もちろん、前後の空気圧バランスだけでも。もちろん、クルマが違ったり、路面温度や気温が違えば、発揮する特性は全く違ってきます。

もし、タイヤを完全に評価しようと思えば、同じ気温、同じ路面温度、同じクルマ(同じ、ヤレ具合)、同じ走行ルートで、同じ走行パターンでテストせねばなりません。

現代のタイヤは、その特性差はほんの微々たるものです。これを理解して評価するのは、並大抵のことではありません。だからこそ、評価を行うには本当に厳密でなければならないのです。特に、プラシーボ効果には注意が必要です。

 

やはり、純正タイヤに交換すべき?

新車で購入したクルマも、4〜5年乗るとタイヤ交換の時期が参ります。その時、新車装着のタイヤにすべきなのでしょうか。

当然ながら、新車装着のタイヤはそのクルマの特性を鑑みて、仕様を決めて製造し、納品しているものです。ただ、そのタイヤは一般に市販されている同一銘柄のものと、まったく同じものではありません。そのため、このタイヤそのものが欲しいのであれば、ディーラーの部品センター経由で、メーカーから直接購入せねばなりません。それは、物凄く高価な買い物になるでしょう。

でも、、、です。そこまでこだわっても、クルマは5年間にそれなりにヤレて来ています。つまり、新車の状態とは随分違ってきています。この状態のクルマと、新車装着のタイヤが最適にマッチングするかと言われれば。。。恐らく、違うでしょう。

そうなると、導き出される結論は一つ。。。「予算に合わせて、タイヤを選びましょう。」

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 

2019年01月25日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

 
 
 
 

2018年12月29日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

 
 
 
 
 
 
 
 

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要