スバルショップ三河安城の最新情報。フォレスター特別仕様車「Advantage Line」登場| 2014年5月28日更新

 
SJG 2.0XT EyeSight
photo by FHI

FORESTER 2.0XT EyeSight AdvantageLine 誕生

スバル「フォレスター」は、プレミアム感と走破性、適度なサイズ感を兼ね備えた数少ない本格派SUVとして、幅広い層のお客様からご好評頂いております。日本国内をはじめ、世界各国で堅調な販売実績を残しており、他メーカーからの代替え需要が旺盛な車種でもあります。

現行フォレスターの特別仕様車と言えば、「2.0i-L EyeSight X-BREAK」が思い浮かびます。X-BREAKは、撥水加工を施したシートやカーゴフロアボードなど、アウトドアユースを意識したアクティブなイメージが色濃いモデルです。

これに対し、この度誕生した「Advantage Line」は、フォレスターの最高峰「2.0XT EyeSight」の内外装に新たに上質な仕立てを施した結果、プレミアム感漂う魅力的なハイパワーターボSUVモデルに仕上がりました。

気になる特別装備品の数々

FORESTER AdvantageLine
フォレスター AdvantageLine
photo by FHI
photo by FHI

【フォレスター「2.0XT EyeSight Advantage Line」の主な特別装備】

<エクステリア>

18インチアルミホイール(ハイラスター塗装)[図:02]

サテンメッキドアミラー[図:01]

<インテリア>

ウルトラスエード シート(ブルーステッチ)[図:03]

ウルトラスエード ドアトリム(ブルーステッチキルト加飾)

スライド機構付コンソールリッド(ブルーステッチ)

高級本革巻きステアリングホイール(ダークキャストメタリック加飾)[図:04]

ブルーメタリックドレープ加飾パネル[図:05]

シルバーリング付ピアノブラック調エアコンスイッチ


エクステリアのポイントは何と言っても、オリジナルカラーの18インチアルミホイールでしょう。オリジナルがシャドウ部分をブラックアウトしているのに対し、「AdvantageLine」ではハイラスター塗装のみとしており、かなり趣きが異なります。もちろん、「XT」や「i-S EyeSight」のオーナーの方々も部品としてオーダーすることが可能です。

もちろん、ドアミラーはターンシグナル内臓のサテンメッキドアミラー。ここ数年、スバルの特別仕様車のお決まりアイテムです。

インテリアはスバルエンブレムとよくマッチする、クールなブルーステッチが印象的。また、シートとドアトリムの一部には「ウルトラスエード」を採用しています。「ウルトラスエード」は東レが1970年代に開発したスエード調の人工皮革で、「エクセーヌ」とも呼ばれる高級素材。つまりは「アルカンターラ」です。

程よく体を包み込むウルトラスエードシートに身をうずめ、しっくりと手に馴染む仕立ての良い高級本革巻きステアリングを握りしめ、心地よく右足に力を込めれば、とてもSUVと思えぬ激しいパワーが炸裂。刺激的でありながらも、どこまでも上質な走り。ハイパフォーマンスプレミアムSUV「フォレスター 2.0XT EyeSight AdvantageLine」をぜひ、あなたに。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要