スバルショップ三河安城の最新情報。一部記事修正:新型「アウトバック」まもなく登場。| 2014年10月17日更新

 
スバル「アウトバック」10月24日デビュー。
photo by FHI
 

スバルSUVの頂点、新型「アウトバック」。

movie by FHI

BN/BS型レガシィシリーズがツーリングワゴンモデルを失ったことで、新型「アウトバック」の存在はスバルの全ラインナップの中でも、重要性を増しています。スバル「アウトバック」は、この度5代目へと進化し、円熟の域に到達しました。北米だけでなく、オセアニアの地でも、タフネスさとユーティリティを兼ね備えたビックサイズワゴンとして、好調な販売を続ける「アウトバック」。その魅力とはどんなものでしょうか。

10月24日に控える新型「アウトバック」の国内デビューを前に、新型「アウトバック」の魅力を考えてみましょう。

 

いかなる道も、いかなるフィールドも。アクティブに遊ぶあなたへ。

山深く分け入って自然をアクティブに楽しんだ最高の休日。晴天一転、突然の豪雨によって帰路を急がねばならない状況。そんな時もしもスタックしてしまったら・・・。急峻な登坂路、深い泥濘路などとの遭遇は、愉しい休日を一気に恐怖の1日へと暗転させてしまいます。

新型「アウトバック」は、スバル独自の4WDシステムである「アクティブトルクスプリットAWD」に加え、「フォレスター」に搭載される「X-mode」を新たに標準搭載しました。

「X-mode」は、タイヤが空転によりその場でスリップやスタックしてしまうような劣悪な路面コンディション下において、コンピュータがエンジン・トランスミッション・AWD・VDC(つまり、ブレーキ)を各輪ごとに独立制御して、車両のスムーズな脱出を実現するシステムです。

脱出に不安が伴うような危険な状況に遭遇したら、停止状態で「X-mode」のスイッチをオンにしてください。その後は、アクセルを踏むだけ。コンピュータが自動的にスリップしたタイヤにブレーキを掛けてグリップを強力にキープ。あとはハンドルを操舵するのみ。

「アウトバック」はスムーズにその場を脱出し、お客さまの安全を強力に守ります。

新型「アウトバック」は、いかなる道でも、いかなるフィールドでも、いつでも変わらぬ「安心と愉しさ」をお客さまにご提供します。

スバル「アウトバック」
image by FHI
 

他を圧倒する性能は、オフロードだけでなく、ハイウェイクルーズでも。

アウトバックとアウトドアライフ
image by yoogoo

新型「アウトバック」のもうひとつの魅力は、「EyeSight ver.3」が提供する自慢のハイウェイクルーズです。

どこまでも涼やかに澄み切った青空。一面に絵の具を広げたように色鮮やかな紅葉。飛沫をあげてキラキラと流れ行く渓流。美しい大自然の空気をお腹いっぱい吸い込んで、アクティブにエンジョイした楽しい週末。さぁ、そろそろ帰ろうか・・・。しかし、家路は遥か彼方まで続く道。ドライバーのあなたにだけ着々と蓄積していく疲労、静々と忍び寄る眠気。

新型「アウトバック」では、カメラの能力を大幅に拡張することで新たに進化した「EyeSight ver.3」を全グレードに標準搭載。前方車両に合わせて速度を自動制御する「全車速追従機能付クルーズコントロール」がスムーズに作動し、ハイウェイ走行を快適にサポート。どんなロングドライブでも苦になりません。

もしも、急な体調不良や居眠りなどで車線を逸脱しそうになった時には、「車線逸脱抑制機能」によって不意の危険を回避。新型「アウトバック」は、自身を車線の中央に戻します。(一部記事修正:65km/h以上で車線を認識してステアリングを自動操舵する「車線中央維持」機能は、新型「レガシィ」「アウトバック」及び後期型「インプレッサ」「XV」には搭載されない模様です。)

万が一、突然の危険に遭遇した際には「プリクラッシュブレーキ」が作動。「アイサイト」の衝突回避ブレーキには、上限速度も下限速度もありません。カタログ上の衝突回避上限速度は50km/hですが、それ以上の速度でもプリクラッシュブレーキはとにかく作動。衝突時の相対速度を可能な限り低下させ、被害の軽減を図ります

開発から四半世紀。信頼と実績の先進の運転支援システム「EyeSight ver.3」が、あなたのハイウェイドライブをしっかりサポート。いつでも安心。万が一の際にも、安心。楽しい週末を、楽しい思い出に。

さぁ、今度はどこに行こうか。どこまで足を伸ばそうか。そんなアクティブなあなたをサポートするのが、新型「アウトバック」の使命です。

アウトバックとアイサイト
image by FHI
 

ただの高級車ではない。ただのSUVでもない。それが「アウトバック」。

スバル「アウトバック」
image by FHI

「アウトバック」はただのプレミアムワゴンでもなく、カタチだけのクロスオーバーSUVでもありません。厳しい使用環境で知られるアメリカ中部で実際にタフネスさを鍛え上げられてきた、「真のSUV」なのです。新型「アウトバック」は、ありとあらゆるフィールドをアクティブに駆け巡る「自由」をお客さまにお約束します。

一方で、「アウトバック」はただのSUVでもありません。スバル独自の水平対向ボクサーエンジンによる低重心レイアウトと、シンメトリカルAWDレイアウトが創りだす、軽快なハンドリングと優れた走行安定性。SUVだからといって、コーナーの侵入速度で躊躇する必要はないのです。ワインディングでも、そのハンドリングを存分にお楽しみ頂けます。

悪路での走破性と、上質なハンドリングと乗り心地、そして余裕の広さを誇る室内空間。スバル「アウトバック」には、その全てがたった1台に凝縮されています。

国内向け新型「アウトバック」のラインナップは、2.5LNAの1エンジン、2モデル。モデル名の付かない標準グレードと上級グレードの「Limited」からチョイスが可能です。そして、レガシィ伝統の魅力的なサラウンドシステムも・・・。

スバルショップ三河安城和泉店には、新型「アウトバック」のデビューに合わせ上級グレード「Limited」の試乗車がまもなく登場予定。北米市場で絶賛される新型「アウトバック」。少し大人の雰囲気が漂うあなただけの上質な空間とその走りを、ぜひお確かめ下さい。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要