スバルショップ三河安城の最新情報。検証記事追加:「使い勝手検証しました」レガシィB4、アウトバック| 2014年11月16日更新

 
スバル車の使い勝手、独自に検証してみました。
 

スバル車のホントのトコロ、どうなのか。

ご意見募集中です。
photo by FHI

カタログやオフィシャルサイトを見ても伝わらないことを、私たち「スバルショップ三河安城」が正直にお伝えしよう。そんな新企画をスタートさせます。

「荷物は載せやすい?」「ゴルフバッグは載るの?」「ご年配の方でも乗り降りしやすいのは、どのモデル?」など、お客様から数多くのご質問を頂きます。今回は、そんな気になるトコロを実際に検証してみました。

もし、その他知りたいことや調べて欲しいことがございましたら、下記からぜひご意見をお寄せください。第2弾、第3弾で、実際に検証させて頂きたいと思います。

>>ご意見募集中。

 

スバル車使い勝手 検証1:「フォレスター」

フォレスター荷室サイズ
フォレスター荷室a フォレスター荷室b フォレスター荷室c

先代に比較して全長35mm、全幅15mm、全高20mmのサイズアップが図られた現行SJ型「フォレスター」。やはり、スバル車ならではの突出部の少ない荷室がPRポイント。

ゴルフバックを収納したのが、下のイメージ。今回は1個だけですが、奥行きと高さがあるので山積みにすれば少々無理がききそう。

荷室床面は開くことが可能で、底面に固定されたスペアタイヤ上のスペースに取り外し可能な「荷物トレー」があります。このトレーは発泡スチロール製で、簡単に水洗いをすることができるので大変便利で、お客様に大好評です。

また、荷室床面は頑丈で、人間が腰掛けてもバタつくことはありません。

フォレスター運転席乗り降り フォレスター後席乗り降り

現行「フォレスター」の特徴は「内側に引っ込んだサイドシル」。ドアパネルがボディ最下部までボディを覆っているので、足を外に振り出さずに地面へ付けることが可能。これなら、ロングスカートの女性でも雨などで裾が汚れる心配がありません。

ただ、そこはやはりSUV。最低地上高を高く設定しているため、足裏を地面に付けるには少々ヒザを立てる必要があります。それでも、ステップが設けられているようなモデルに比べれば、圧倒的に乗降はラク。床面が比較的低いので、よじ登って乗り込むイメージはありません。

 

スバル車使い勝手 検証2:「インプレッサ スポーツ」

インプレッサスポーツ荷室サイズ
インプレッサスポーツ荷室a インプレッサスポーツ荷室b インプレッサスポーツ荷室c

「インプレッサスポーツ」で驚くのは、2645mmのたっぷりとしたホイールベースを生かした、想像以上に広々とした室内空間です。

やはり、「インプレッサスポーツ」でも荷室内の突出は少なく、有効活用が可能です。また、リヤシート頂部のツマミを引き上げてリヤシートを倒せば、さらに広い荷室空間とすることができます。ただ「フォレスター」では荷室サイド壁面に備わる「リヤシート可倒スイッチ」がないのが残念なところ。

ネックとなるのは、傾斜の強いDピラーの影響で荷室上部空間が少ない点。正直申しまして、4人乗車で2泊3日の旅行荷物を載せるには少々の無理と工夫と妥協が必要になるかも知れません。

インプレッサスポーツ運転席乗り降り インプレッサスポーツ後席乗り降り

「インプレッサスポーツ」と銘打っただけあって、座面はそれなりに低く、一般的なハッチバックモデルと同様のイメージ。ストンと、スムーズに室内に収まる感じです。

シートの両端は柔らかく、シートサイドに妨げられることなくスッと体の向きを変えることが可能。降りる際も、車外に足を下ろせば自然に足裏が地面に付きます。そこから立ち上がるには、ヒザに少々力を入れる必要があります。

なお、スポーティグレードの「2.0i-S EyeSight」では、サイドスポイラーが標準装備になります。ドア下の張り出しが少々大きくなるので、乗り降りの際、かかとが少々気になるかもしれません。

 

スバル車使い勝手 検証3:「XV HYBRID」

XV HYBRID荷室サイズ
XV HYBRID荷室a XV HYBRID荷室b XV HYBRID荷室c

「HV HYBRID」の特徴は、低回転からトルクフルなボクサーエンジンにモータのトルクのアシストが加わる、スムーズかつ力強い加速。低速域から高速域まで、意外なほど伸びるその加速は、他のハイブリッドでは決して味わえない爽快感です。

その加速を生み出すハイブリッドユニットは、リヤシート後方床下のスペアタイヤを収めるスペースに収納しています。

それゆえ、床板下の「隠れ収納スペース」は、ハッチゲート直下に設けられた小さなスペースのみ。また、荷室床面も50mm嵩上げされており、その影響からリヤシートを立てた状態での荷室スペースには多少の不足感があるかもしれません。ゴルフバッグは、詰め込んでも3個が限界かな、というトコロ。

XV HYBRID運転席乗り降り XV HYBRID後席乗り降り

「XV」「XV HYBRID」のPRポイントは、乗り降りしやすい絶妙な座面高さ。決して高くはないものの、「少々高い」だけのそのシートポジションのお陰で、ヒザに負担を欠けずに自然な姿勢のまま乗り降りが可能です。

降りる際は、体重を掛けつつスッと下に足を振り出すと、自然に立ち上がることができます。

一方で、ドア下のモールは乗り降りの際、少々スネに当たるので気になる方もいらっしゃるかもしれません。無地のプラスチックのため補修が効きにくく、多少気を使えば良いかと思います。それでも、サイドスポイラー装着車に比べれば、その突出は大したことはありません。

 

スバル車使い勝手 検証4:「ステラ」

ステラ荷室サイズ
XV HYBRID荷室a XV HYBRID荷室b XV HYBRID荷室c

ステラは、初代プレオの後継として登場した背高軽ワゴン。このモデルは、ダイハツ「ムーヴ」をベースとする2代目となります。2012年12月にはビッグマイナーチェンジを実施、スマートアシストなど装備を大幅に充実させて新登場しています。

魅力は、何といっても荷室の高さ。今回測定したどのモデルよりも高い830mmを確保しています。また、荷室床面は開けることができ、ここ使ってさらに背の高い荷物を積載することもできます。

最大の特徴は、横開きのテールゲート。雨の振り込みの問題などで好みは分かれるものの、狭い場所でも少し開けただけで荷物にアクセスできる横開き式に分があると、当店では考えています。スゴく使いやすいので、ぜひ一度確かめてみてください。

XV HYBRID運転席乗り降り XV HYBRID後席乗り降り

背高軽ワゴンですので、座面は高めの設定。降りだした足をカカトまで付けるのは少々窮屈かも知れません。逆に言えば、ストンと降りられるので、降車は楽になります。

もちろんSUVではないので、床面は通常の高さ。ですので、乗り込みもラクラク。各シートが立てた設定になっているためシート前後長が短くて済むので、リヤシートの足元もひろびろ。

使い勝手もよく、中も広々している背高軽ワゴン。軽乗用車の本流となるのも、頷けるところです。

 

スバル車使い勝手 検証5:「プレオプラス」

プレオプラス荷室サイズ
プレオプラス荷室a プレオプラス荷室b プレオ+荷室c

激戦の日本の軽自動車市場で切磋琢磨してきた軽乗用車らしく、インプレッサに迫る驚異的な開口スペースを確保。

リヤコンビランプがコンパクトにまとめられているため、開口幅は最小でも920mm。一方で、後席シートバックはハッチゲート間際に迫っており、大きな荷物を存分に積載したい場合はリヤシートを倒した方が良さそうです。

最大荷室幅は何と1110mmを確保。全幅1475mmから考えれば、このサイズは驚異的。しかし、少々カラクリが・・・。タイヤハウス上方のサイドパネルが凹んでいるのがミソ。ここで荷室幅を稼いでいるのです。カタログ上の数値だけで比較されることの多い昨今、エンジニアの涙ぐましい努力がうかがい知れるようです。

プレオ+運転席乗り降り プレオ+後席乗り降り

これぞ、日本の軽自動車。と呼ぶべき、サイズとプロポーション。幅広い年齢層の方からご好評頂いているプレオプラス。

乗降の際もヒザに大きな負担を掛けることなく立ち上がることができそう。ただ、背の高い方だと、低い座面から立ち上がる動作となるため、ヒザに多少負担になるかもしれません。

サイドシルの張り出しも少なく、これなら裾を汚してしまう心配は無さそう。

 

スバル車使い勝手 検証6:「レガシィB4」

レガシィB4荷室サイズ
レガシィB4荷室a レガシィB4荷室b レガシィB4荷室c

6代目となった「レガシィB4」、驚くべきはそのトランクルームの広さです。奥行きはなんと、1070mmに達します。さらに、後席が分割可倒式に変更されたため、最大では1930mmまでの長尺物を積み込むことができます。

トランクリッドのヒンジは、荷室内に入らない優良設計。有効に荷室スペースを活用できます。

興味深いのはB4の方が、荷室幅が広い点。通常、このような事にはならないのですが、恐らくゴルフバッグ対策で限界まで横幅を確保したかったのでは、と考えられます。やはり、プレミアムクラスのセダンで重視されるべきは、今も変わらず「ゴルフバッグが何個積めるのか。」B4は充分なスペースを確保しました。

XV HYBRID運転席乗り降り XV HYBRID後席乗り降り

乗降性は、やはりセダン。少し、立ち上がるように車外へ出る必要があります。それでも、かつてのレガシィシリーズに比較すれば、確実に高い座面設定になっています。その甲斐あって、乗降性は向上しています。

ドアはほぼ90度までキレイに開きますので、狭い足元に難儀することも少ないでしょう。乗降の際は、カカトと裾に少々気を使うかもしれません。

 

スバル車使い勝手 検証7:「アウトバック」

アウトバック荷室サイズ
アウトバック荷室a アウトバック荷室b アウトバック荷室c
アウトバック ゴルフバッグ アウトバック+運転席乗り降り アウトバック+後席乗り降り

ワンサイズ成長した効果アウトバックの一番の魅力は、広々とした荷室でしょう。ただ、一見すると果てしなく広大というイメージではありません。

それでも、いざ測定してみるとそのサイズが明らかになります。ワンタッチ操作でポンポンと後席を倒すと、全長1930mmもの広大なスペースが誕生。アウトドアは前泊が基本という方にも、充分すぎるスペースでしょう。

また、床下のトレーを使う際に、フックを使って開放状態で固定できるのは、嬉しい気配りです。このトレー、深さが250mmもありますので、汚れたシューズなどがここにギリギリ収納できるかもしれません。また、ここにはトノカバーを収納可能。外した際も邪魔になりません。

乗降性は、XVと同様に極めて良好。ヒザが痛む方には、曲げ伸ばしが極めて少なく、力を掛けずに乗り降りできるという点で非常に優れています。ワゴンモデル故のリヤドア後方の頭上スペースも充分。これなら屈まずに、楽に乗り降りができます。

 

スバル車使い勝手 検証8:「レヴォーグ」

レヴォーグ荷室サイズ
レヴォーグ荷室a レヴォーグ荷室b レヴォーグ荷室c

北米をターゲットに大幅に大型化したレガシィの穴を埋めるべく、国内専用モデルとして開発された「レヴォーグ」。その荷室は、「想像以上」でした。

まず、WRX系とシャシー前半を共有することでハイレベルのボディ剛性を確保しつつ、これだけの開口部を持つハッチゲートが備わっているのは、驚異的です。そのうえ、室内への突出部を最小限に抑えることで、一回り大きい「アウトバック」に迫る荷室サイズを確保しています。

荷室フロアは、これまでのスバルのセオリーと異なる2分割式。2枚のパネルは取り外すことができ、それぞれの床下スペースにアクセス可能です。リヤシートをフラットにするなどして邪魔になったトノカバーは、床下にスッキリ収納できます。

レヴォーグ+運転席乗り降り レヴォーグ+後席乗り降り

「リアルスポーツツーリング」を標榜するだけあって、スバル車の中ではドライビングポジションは低め。しかし、これはむしろ高めのドラポジの仕立てが多い近年のスバル車と比較しての印象。BP/BL型以前のレガシィと比べれば、随分と見晴らしが良くなりました。

スポーツカーのシートはバケットシートと呼ばれ、ドライバーをガッチリ支える左右の大きな張り出しが特徴。レヴォーグはこの張り出しを低めに抑えることで、しっかりと乗降性を確保。スポーティドライビングに充分対応しつつ、日々のユーティリティを犠牲にしません。

小手先の演出でごまかしたりせず、実用性とリアルスポーツの本当のベストバランスを極限まで追求したツーリングワゴン。それが、レヴォーグです。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 
 

ニュースリスト

 
 
和泉店が大幅パワーアップ!!

2017年02月25日 和泉店

和泉店が大幅パワーアップ!!

 
 
 
 
 
 
 
和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

2016年11月04日 クラブ・スバリズム

和泉店「クリスマスフェスタ 2016」を11月27日開催!!

 
 
 
 
 
 
「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

2016年09月05日 スバル

「LEVORG 1.6 STI Sport EyeSight」試乗記

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
XVに決定版、ProudEdition現わる。

2016年06月08日 スバル

XVに決定版、ProudEdition現わる。

 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要