スバルショップ三河安城の最新情報。クラブ・スバリズム特別編「トヨタ・ルマン挑戦の歴史」| 2018年7月7日更新

 

ニュース ピックアップ [  最新情報  モータースポーツ  ]

2020年12月24日 和泉店

和泉店冬季休業のお知らせ。

和泉店冬季休業のお知らせ。
 

2020年08月10日 スバル

和泉店夏季休業のお知らせ。

和泉店夏季休業のお知らせ。
 

次のページ>>1 2 3 4 5 6

 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

2018年:敵がいない、ルマン。トヨタが孤高の戦いの中、遂に完璧にミッションを成し遂げる。

6月16日決勝スタート。デビュー3年目のワークスマシンと、参戦初年度のプライベータマシンでは、ルマンにおける安定性は別格。予選1−2のトヨタは、安定したリードを構築していきます。

こうした場合、問題になるのはチーム間での無用な争いです。オーバーペースが過度にマシンに負担を掛けるばかりか、良からぬミスを誘います。そこで、今回のトヨタ陣営は、7号車と8号車に互いの位置関係とタイム差は、ドライバーに一切伝えていませんでした。まずは、チームとして勝つことを第一義とし、ドライバーもエンジニアもメカニックもすべてのメンバーは与えられた役割に徹する。それを徹底していたのです。

マシンは昨年とほぼ変わらず、チーム体制もほぼ変わりません。ルマンに勝つためにすべきこと。それを成すために、トヨタ陣営は完全に生まれ変わっていました。ピットでは、機械のように正確かつ無駄なくメカニックが動きます。リヤウイングユニットの交換の際も、慌てることなくほんの数秒で作業完了。その仕事ぶりから、トヨタ陣営の完璧な準備が伺えます。

ヒヤッとさせたのは、小林可夢偉がドライブ中にピットインをしそこねたこと。ユノディエール手前から、燃料不足となった7号車は、EVモードでゆっくりピットを目指します。ところが、ここでもトヨタは慌てる素振りを見せません。ミュルサンヌを通過すると、燃料残量がOKになったのか再びペースを取り戻し、何事もなくピットイン。そして、ピットアウト。マシン―ドライバー―チームが完璧な連携を見せた瞬間でした。

そして、午後3時。完璧なレース運びでトヨタは1−2フィニッシュを飾ります。トヨタが、ルマン勝利の方程式を遂に完成させたのです。しかも、2台のTS050はずっとクルージングをしていた訳ではなく、昨年より速いペースで周回を重ねていたのです。苦節33年、トヨタは苦労の末に遂に頂点に辿り着いたのです。

今回のトヨタの勝利は、偶然でも神頼みでもありません。勝つべくして、勝った。トヨタが今年得たものは、本当に価値のあるものです。横綱としてルマンに登場し、横綱相撲の役割を完璧にやり遂げたのです。惜しむらくは、この方程式を昨年に完成させられなかったこと。やはり、王者ポルシェを打倒しておくべきでした。。。

 

モータースポーツの中で、得るものとは。

モータースポーツの意義とは、何でしょうか。ブランド価値の向上?スポーツイメージの訴求?知名度の向上?本当にそれだけでしょうか。

もちろん、量産車の技術と、レーシングマシンの技術とは、似て非なるものです。それ故、「あんな物は金の無駄」だと、モータースポーツを揶揄する方がいるのは事実です。ルマンで勝ったら販売台数が増えるのか?と問われれば、答えに窮するのは必定。

しかし、世界の頂点を目指した、ライバルとの厳しい戦い。その中で得られるもの。それは、閉ざされたラボの中では絶対に得られないものです。

今年で7年目を迎える、ハイブリッドでのトヨタのルマン挑戦。その間、プリウスのフルモデルチェンジはたった1度のみ。技術の進化の度合いを比較すれば、その差は明らかでしょう。「開発―試作―実験―実証―投入―評価―解析」と、モータースポーツでは凄まじいサイクルで開発が進行します。

そして、その技術の優劣は、勝敗によって立処に明らかになります。言い訳もゴマカシも一切通用しない、勝負の世界。その中で、エンジニアが育っていく。その事こそが、モータースポーツの真の価値なのです。

 

モータースポーツの中で、得るものとは。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2 3 4 5 6

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020年12月24日 和泉店

和泉店冬季休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要