SOAのぶっ飛び企画「ボブスレーのコースをWRXで爆走!!」 [2017年03月19日更新]

WRX 最新情報 モータースポーツ
 
1100
photo by SUBARU
衝撃!WRXがボブスレーのコースを爆走。
 
2017年3月19日 SUBARU of Americaが破天荒な仰天企画!

ニュース ピックアップ [  WRX  最新情報  モータースポーツ  ]

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

SOAのぶっ飛び企画「ボブスレーのコースをWRXで爆走!!」

photo by SUBARU of America

SUBARU of America(以下、SOA)は、やっぱり破天荒!今回もやってくれました。

これまでSOAとマーク・ヒギンスは、マン島TTのロードコースを600psオーバーの怪物仕様のWRX STIでフルアタックするなど、数々の「無謀」なチャレンジを繰り返してきました。

今回の新ネタは、完全にクレイジー。スイスにある世界最古のボブスレートラック「St. Moritz-Celerina Olympic Bobrun」を、WRX STIで爆走するというもの。どう考えても、コース幅が足りないのは目に見えてるわけで、動画をご覧になれば分かりますが、予想通りガツガツとウォールにヒットしながらの走行となっています。

 

注目は「prodrive」のステッカー。

728
photo by SUBARU

2017年1月の東京オートサロンでの辿々しいスピーチで発表された、GRCへのSTI公式サポート。久々のワークスサポートのラリーマシンの登場です。ただ、この活動にはprodriveは一切関与していません。マシン製作はアメリカのVermont SportsCarで行われているからです。

一方で、SOAは伝説のパートナーである、あのprodriveとの関係を維持したいらしく、昨年のマン島TTのアタック用マシン製作をわざわざ依頼するなどSOAとの関係が続いています。

今回の「無謀なチャレンジカー」は、内装が残されているなど極めてノーマルに近い仕立てになっているものの、フロントアンダースポイラーには、しっかりとprodriveのロゴがあります。この車両にprodriveがどう関わっていたかは不明ですが、後々の展開を期待してしまいます。

 

さて、今年のマン島TTはどうなるのか。勝手にニュルに出てくれないか。

2016年のマン島TTのアタックは、行き着く処まで行った感があります。あれ以上のパワーは危険ですし、前回以上のオドロキは生み出せないでしょう。そうなれば次のプロジェクトは何なのでしょう?

ここまで破天荒に来たのなら、次はニュルのフルアタックしかないでしょう。昨年のスペックなら、6分台は間違いなし!そのままの勢いで、特認クラスでニュル24時間に参戦!!なんていうのは、どうでしょう?

現実問題、prodriveのスタッフはアストンマーチンのサポートのために当日ニュルにいるのですから、全く不可能ではないのですが・・・どうでしょうか。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

336

 

スバルショップ三河安城 店舗案内

スバルショップ三河安城本店
スバルショップ三河安城和泉店
 

>>最新情報一覧

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三河安城本店GW休業のお知らせ...

2022年04月30日 三河安城本店

 

和泉店GW休業のお知らせ

2022年04月28日 和泉店

 
 
 
 
 
 
 
 

和泉店冬季休業のお知らせ。...

2021年12月28日 スバル

 
 
 
 
 
 
 
ニュースピックアップ