フォレスターが年次改良を実施し、最終完成形へ進化。 [2017年03月25日更新]

フォレスター
 
1100
photo by SUBARU
フォレスターが年次改良を実施
 
2017年3月25日 絶好調の現行フォレスターの最終進化版。

ニュース ピックアップ [  フォレスター  ]

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

最終進化を遂げた、フォレスターが登場。

1100
photo by SUBARU

米国で月販15,000台に達し、日本でも好評を博している現行フォレスター。予定通りの進捗ならば、2018年にフルモデルチェンジを迎えます。

日本国内ではマツダCX-5と比較されることが多い、フォレスター。ディーゼルという強力な商品力を持つライバルがフルモデルチェンジを終えた今、さらなる商品力強化が欠かせません。(参考記事:「ボクサーディーゼル国内投入はあるのか?」)

一昨年には、ビッグマイナーを実施。足廻りを大幅に強化してサスペンション剛性を劇的に改善。SUVとは思えぬ精度の高い走りへと、劇的な進化を果たしています。SUVながら硬めの乗り味へとガラリと趣向を変え、クイックなステアリングによって、意のままに走る気持ちよさを獲得したのです。

そして、2017年3月13日。現行フォレスターにとって恐らく最後となる年次改良を実施しました。

275 275 275 275 275 275 275 275
上段:クリスタルホワイトパール、アイスシルバーメタリック、ダークグレーメタリック、クリスタルブラックシリカ、下段:セピアブロンズメタリック、ジャスミングリーンメタリック、ヴェネチアンレッドパール、ダークブルーパール:photo by SUBARU
 

ミニマムコストでフォレスターを。「2.0i EyeSight」が登場。

今回の年次改良の目玉は、お買い得グレード「2.0i EyeSight」の追加です。これまで、2.0iには最小限の装備しか用意されておらず、EyeSightも選択できませんでした。これに代わってこの度設定された、2.0i EyeSight。必要にして充分な装備を備えおり、スバルの本格SUVをミニマムコストで購入可能です。

外観ではフォグランプとウィンドウのメッキモールの有無で識別可能です。実用上では、キーレスの設定が無いので多少の不便がある他、パドルシフトが無いので降坂時のダウンシフトに面倒が増えるかも知れません。それ以外で特に問題は感じることはないでしょう。

550
550
photo by SUBARU

2.0i EyeSightと2.0i-L EyeSightの装備差は以下のとおりです。

○シートヒーター

○SI-DRIVE(スポーツモードを選択できない)

○フロントフォグランプ

○LEDリヤフォグランプ

○ドアミラーLEDウィンカーランプ

○パドルシフト(シフトダウンは、ATの[M]レンジを利用する)

○ピアノブラック調内装パネル→シルバー塗装パネル

○シフトブーツ

○本革巻ステアリングホイール

○エアコンの左右独立温度調節機能

○リヤシートセンターアームレスト

○コンソールリッドのスライド機能

○ルーフスポイラー

○サイドウィンドウモール

○マフラーカッター

2.0i-L EyeSightで追加選択可能な以下の装備は、搭載不可能です。

●キーレスアクセス&プッシュスタート

●運転席&助手席8Wayパワーシート

●パワーリヤゲート

●アドバンスドセイフティパッケージ

●ルーフレール

●サンルーフ

 

隠れたベストセラー。X-BREAKが進化を遂げる。

472

東京モーターショーへの参考出品に始まり、今や主役グレードとなりつつあるX-BREAK。NAエンジン+17インチホイールモデルの2.0i-L EyeSightの装備に、オレンジステッチがアクセントの撥水加工インテリアが嬉しい、アウトドア派御用達グレードです。今回、そのX-BREAKが進化を遂げています。撥水ファブリックシートが新仕様となり、サイドを合成皮革に変更。鮮やかなオレンジのストライプが追加されています。

また、全8色のボディカラーのうちモノトーン4色に「カラーアクセント仕様」が新設定されました。この仕様では、フォグランプカバーのメッキ加飾、サイドクラッディングがオレンジとなり、エクステリアにビビットなアクセントを与えます。アルミホイールはダークグレーに、ルーフレールとグリル、ドアミラーカバーがブラックに変更されます。

シンプルながら、SUVらしいアクティブ感を演出しています。

304 293
280 274 265 277
414 376 309
332 319 448
photo by SUBARU
 

現行フォレスターを求めるなら、迷わずお早めに。

700
photo by SUBARU

フルモデルチェンジ直前に在庫を安く購入できないか、というご質問をお客様に頂くことがあります。

残念ながら、それは不可能です。現在スバルでは、北米向けが好調なため在庫はほぼ存在しません。また、生産キャパシティの少ないスバルの場合、生産上の都合で想像以上に早く現行モデルの生産を終了することがあります。つまり、フルモデルチェンジ直前にはオーダーをお受けできなくなっているのです。次期フォレスターは少々サイズアップし、シャープなスタイリングを纏うことになると考えられます。(参考記事:「スバル・アセント軽微な偽装でテスト走行を実施」)現行フォレスターがお気に入りの方は、ぜひお早めにご来店下さい。

 

フォレスター オフィシャルフォト

E型フォレスター_1 E型フォレスター_2 E型フォレスター_3 E型フォレスター_4 E型フォレスター_5 E型フォレスター_6 E型フォレスター_7 E型フォレスター_8 E型フォレスター_9
 
E型フォレスター_10 E型フォレスター_11 E型フォレスター_12 E型フォレスター_13 E型フォレスター_14 E型フォレスター_15 E型フォレスター_16 E型フォレスター_17 E型フォレスター_18
 
E型フォレスター_19 E型フォレスター_20 E型フォレスター_21 E型フォレスター_22 E型フォレスター_23 E型フォレスター_24 E型フォレスター_25 E型フォレスター_26 E型フォレスター_27
 
E型フォレスター_28 E型フォレスター_29 E型フォレスター_30 E型フォレスター_31 E型フォレスター_32 E型フォレスター_33 E型フォレスター_34 E型フォレスター_35 E型フォレスター_36
 
E型フォレスター_37 E型フォレスター_38 E型フォレスター_39 E型フォレスター_40 E型フォレスター_41 E型フォレスター_42 E型フォレスター_43 E型フォレスター_44
 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

スバルショップ三河安城 店舗案内

スバルショップ三河安城本店
スバルショップ三河安城和泉店
 

>>最新情報一覧

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三河安城本店GW休業のお知らせ...

2022年04月30日 三河安城本店

 

和泉店GW休業のお知らせ

2022年04月28日 和泉店

 
 
 
 
 
 
 
 

和泉店冬季休業のお知らせ。...

2021年12月28日 スバル

 
 
 
 
 
 
 
ニュースピックアップ