家にいよう。特別企画 クラブ・スバリズム歴史発掘!技術的偉業10選 第3弾「ポルシェ 956/962」 [2020年04月22日更新]

スバリズム
 

ニュース ピックアップ [  スバリズム  ]

第58回クラブ・スバリズム開催予告:「チャック・...

2021年03月28日 クラブ・スバリズム

第57回クラブ・スバリズム開催予告:「チャック・...

2021年03月04日 クラブ・スバリズム

第53回クラブ・スバリズム開催予告:「純白の怪鳥...

2020年09月16日 クラブ・スバリズム

第52回クラブ・スバリズム開催予告:「電気式気動...

2020年07月14日 クラブ・スバリズム

第51回クラブ・スバリズム開催予告「RX-7もの...

2020年06月16日 クラブ・スバリズム

家にいよう。特別企画 クラブ・スバリズム歴史発掘...

2020年04月25日 クラブ・スバリズム

次のページ>>1 2

 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

美しくシンプルで無駄のないパッケージング。

このマシンの白眉は、美しく洗練されたパッケージングにあります。すべてのコンポーネントが左右対称に存在し、まったく無駄がなく、極めてロジカルにデザインされていたのです。スポーツカーレーシングは、耐久レースがメイン。信頼性と共に、整備性にも配慮されていたのです。

1982年6月19日、ルマンをリードする3台のワークス956は、燃費をキープすべく過給圧を1.1barまで落として周回を重ねていきます。そして翌20日、3台はカーナンバー順にチェッカーを受け、1-2-3フィニッシュを飾ります。956の伝説はこの時から始まるのです。

初期のターボエンジンでは、燃料冷却を常用していたため、その燃費は劣悪なものでした。熱効率と出力を高めるには、過給圧と圧縮比を高めねばなりません。すると、異常燃焼の可能性が高まります。そこで、燃料を過剰噴射し、その気化潜熱で燃焼室の冷却を行っていたのです。しかし、グループCでは燃費は最優先。燃料冷却をせずに、高出力を実現せねばなりません。そのカギとなったのが、エンジンの電子制御技術でした。

 

ディーラーで購入可能なレーシングカー。

650

プライベータ956は、世界のレースを席巻した。Aj 1986 at the English Wikipedia / CC BY-SA

1982年後半、ワークスは電子制御化した935/77を実戦投入します。最終的に圧縮比は8.0:1まで高められ、10%の燃費向上を実現していました。

1983年、遂にポルシェは956の市販を開始します。ただ、プライベータ向け956は、信頼性と技術的難易度を考慮して、機械式インジェクションの935/76へスペックダウン。それでも、プライベータの956は恐ろしい強さを発揮します。956は、エンジンを中心に進化を遂げつつ、世界中のレースを席巻。ポッと出のワークスなぞ、彼らの敵ではありませんでした。

ポルシェは、米国IMSA-GTP規定に合わせた962をデリバリー開始。FISAも追随して規定を合わせたため、956も962Cへ進化を果たします。そして、再び勝利を重ねてくのです。

956/962が最も恐ろしいのは、「誰でも買えた」ことです。当時の価格で6500万円程。ポルシェディーラーで注文すれば、キーと説明書付で納車されました。そして、各パーツには純正品番があり、これもまたディーラーで普通に注文可能だったのです。

 

未来永劫色褪せないポルシェ956/962の偉業。

TWRジャガー、ザウバー・メルセデス、トヨタ、日産、マツダ。彼らは、全力でポルシェ打倒を目指します。当面の敵は歴戦のプライベータ。それでも、牙城を崩すことはできません。1988年のルマン、TWRジャガーは5台ものワークスカーを投入。対するポルシェは3台のワークス962Cで迎え撃ちます。両者は伝説的な死闘を繰り広げ、漸く悲願は達成されたのです。

プライベータポルシェ打倒を期して、トヨタ、日産は潤沢な予算を投じます。しかし、それを果たすには更に2年もの歳月が必要でした。

以降も、962Cの歴史は続いていきます。1994年には、隠れワークスのダウアー962LMが突如ルマンに現れ、非難轟々の中で優勝。改造されたマシンは1995年頃まで現役でレースを続けていくのです。

シンプルかつロジカル。だからこそ、956/962はワークス、プライベータを問わず、活躍を続けることができたのです。モータスポーツ界に燦然と輝くその偉業は、未来永劫色褪せることは無いでしょう。

 





 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

336

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 店舗案内

スバルショップ三河安城本店
スバルショップ三河安城和泉店
 

>>最新情報一覧

 
 
 
 
 
 
 
 

JAPAN MOBILITY SHOW 2023...

2023年10月12日 スバル

 
 

夏季休業のごあんない

2023年08月12日 スバル

 
 
 
 
 
 
 

自動車は、どう進化すべきか。...

2023年05月09日 スバル

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニュースピックアップ