2020年8月20日、ついに新型レヴォーグ先行予約開始。ベストバイはどれだ!? [2020年08月27日更新]

レヴォーグ
 
1100
新型レヴォーグ、遂に先行予約開始。
 
2020年8月20日 ワールドプレミアから10ヶ月。漸くデビュー。

ニュース ピックアップ [  レヴォーグ  ]

次のページ>>1 2

 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

2020年8月20日、新型レヴォーグの先行予約が開始される。

1100

2020年8月20日、昨年10月のワールドプレミアから10ヶ月を経て、遂に新型レヴォーグの先行予約が開始されました。新開発の1.8Lターボエンジンと第2世代SGPを採用し、世界最高峰の運転支援機能を実現した新世代アイサイトを搭載。新型レヴォーグはあらゆる新基軸を詰め込んだ、スバル渾身の一作として誕生しています。

その技術詳細は正式発表時に譲るとして、今回はザックリとグレード構成について見ていきましょう。

 

第2世代SGP、新開発1.8Lリーンバーンターボ、アイサイトX。新技術満載の新型レヴォーグ。

1100

まずは、新型レヴォーグの核となる、期待の新兵器をザックリと紹介します。

シャシーは言わずと知れたSGPながら、第2世代へ進化。新たにフルインナーフレーム構造へと刷新することで、強度及び剛性向上を果たしています。この構造は、米国で発売済みの新型レガシィ系で初めて導入されたもので、国内では初お目見えとなります。コロナ禍により試乗会は中止となりましたが、そのポテンシャルは大いに楽しみです。

続いては、エンジン。新開発の1.8Lリーンバーンターボは、先代1.6Lの弱点だった、出足のピックアップの悪さを改善すべく、排気量をアップ。最大トルクを増強するとともに、トルク発生回転域を下げて、実用域での力感を向上させています。また、低負荷域でリーンバーンを積極導入することで、熱効率を改善。実用燃費の改善を狙っています。

そして、アイサイトはハードウェアを完全刷新し、新世代化。カメラの視野角拡大により、最大の弱点であった斜め方向のリスクを低減します。また、前後コーナー部に内蔵したレーダにより、初めて出会い頭のリスクにも対応。また、自転車・歩行者に対する対応力を強化し、世界最高峰の予防安全性能をさらに進化させています。

そして、新型レヴォーグ最大の話題は、アイサイトXと呼ばれるハンズオフ機能でしょう。3D高精度マップとGPS(みちびき含む)を元に、現在位置を高精度で把握。カーブ手前減速を含む、屈指の運転支援機能を誇ります。また、アイサイトX仕様車はメータパネルもフル液晶。センターコンソールの巨大ディスプレイと合わせ、先進的イメージを演出します。

502 597
 

グレード構成は、「GT」「GT-H」「STI Sport」の3種松竹梅式。+「EX」グレード。

新型レヴォーグのグレード構成は「GT」「GT-H」「STI Sport」の3つで、分かりやすい「松竹梅」方式。これに加えて、ハンズオフを実現する「アイサイトX」を装備した「EX」グレード(+35万円※以下、すべて税別)が、各グレードに用意されます。結果的に、3×2の全6グレード構成となります。

ボトムを担う梅は「GT」で、お値段:282万円です。続く竹は「GT-H」で、302万円から。最高峰の松は「STI Sport」で、337万円。価格差はそれぞれ、20万円、35万円となります。よって、ボトムの「GT」から、トップエンドの「STI Sport EX」まで、90万円の価格差がある、やや広めの価格帯設定となっています。

GT

550

タイヤサイズは、215/50R17。パワーシートは運転席のみで8WAY、メモリー機能はありません。シートヒータは、前席のみ。この他、パワーリヤゲートと各種インテリア照明がレスとなっています。ヘッドライトは機能は共通ながら、非光輝仕様。メーカーオプションで、ナビのみを巨大な11.6インチインフォテイメントシステムとすることも可能ですが、このオプションを選択しても、メータパネルは「針」のままです。

 
357 153 295 295

GT-H

550

タイヤは225/45R18ですが、サスペンションはノーマル仕様。リヤゲートはハンズフリーオープンパワーリヤゲートを標準装備。パワーシートは、運転席が10WAYでメモリー機能付き、助手席は8WAY。シートヒータは前後席(リヤ中央はなし)装備。ドアミラーはリバース連動、メモリー機能、自動格納機能付き。ペダルは、伝統のアルミパッドです。また、インテリア各部にアンビエント照明が追加されます。オプションで、インフォテイメントシステムと本革シート(ブラック/ブルーステッチ)を選択可能です。

 
295 279 279 245
275 275 275 275

STI Sport

550

言わずと知れた、最高峰グレードです。タイヤサイズはGT-Hと共通ながら、ホイールは専用デザイン。サスペンションには、SACHS製の電子制御ダンパーを採用しており、モードセレクトによって減衰特性の変更が可能になっています。なお、このモードセレクトにはパワステ・エアコン・アイサイト等も含まれます。インテリアは、伝統のボルドーで本革仕様。エクステリアも、各部にSTIロゴを配した専用仕様になっています。

 
356 152 295 295
275 275 275 275

EX

550

アイサイトXを搭載するのが、各グレードに設定された「EX」仕様。アイサイトXのハンズオフ機能に加え、ドライバーモニタリングシステム・11.6インチインフォテイメントシステム・緊急時発報システムが搭載されます。

「GT EX」は、317万円(GTに+35万円)。「GT-H EX」は、337万円(+35万円)。「STI Sport EX」は、372万円(+35万円)です。

 
196 353 353 197
275 275 275 275
 

EX仕様の詳細と、アイサイトXの概要。

549 550
650

続いて、「EX」仕様を詳しく見ていきましょう。話題のアイサイトXは、スバル渾身の新兵器。今回はver.4と思いきや、「X」とのこと。何処かリンゴの香りが漂いますが、革新的進化を表現した結果、と捉えることができるでしょう。

これまで、アイサイトはスバルと日立オートモティブとの共同開発により、着実に進化を遂げてきました。2010年登場のver.2では、プリクラッシュブレーキを実現。続く2014年のver.3では、視野角拡大とカラー画像認識を導入。白線認識による車線中央維持機能(60km/h〜)が実現しました。また、より遠方・早期にターゲットの動きを認識することで、クルコンの速度制御が進化。よりスムーズな作動が実現しています。続いて、2017年のver3.5では車線中央維持機能の作動速度域が0km/h〜拡大。先行車or片側白線での進路維持、3秒以内の自動再発進機能など、新機能も追加搭載されて、より有効性が増しています。

ただ、拡張に拡張を重ねてきたアイサイトのプラットフォームは、既に限界に達していました。更なる進化を実現するには、ハードウェアの全面刷新が不可欠だったのです。

そして、2020年。カメラユニットはヴィオニア製へと変更され、視野角が大幅拡大。ECUも換装されて、処理能力を一気に拡大。さらに、前後方コーナー部に配されたレーダにより、スバルでは初めて360度センシングを実現。これに伴い、膨大な情報を高速処理し、周辺状況を精度良く把握しつつ、これらの未来予測を行うため、ソフトウェアは新たにゼロから設計し直されています。これにより、出会い頭等、カメラ視野角外のリスクに新たに対応しています。

加えて、アイサイトX仕様では、新たに3D高精度マップを搭載。GPS等により自車位置を高精度で把握することで、高速道路上での「先進運転支援システム」を実現。ハンズオフ機能を実用化しています。ただ、肝心のハンズオフ機能が使えるのは、50km/h以下のみ。。。恐らく、これ以上の速度域でも問題なく作動するのでしょうが、敢えて制限が設けられています。

EX仕様では、ハンズオフ機能に関する情報を表示するため、メータパネルはフル液晶。この他、ドライバーモニタリングシステム・11.6インチインフォテイメントシステム・緊急時発報システムが標準搭載となります。

 

アイサイトXは、絶対に必要か、それとも。。。

650

果てさて、今回の新型レヴォーグ。最大の論点は、アイサイトXで間違いないでしょう。アイサイトXは、要るや要らずや?付けるがトクか、付けぬがトクか。。。?

もちろん、マイカーは「商売道具」ではありません。予算は潤沢にあるし、いちいちコスパを気に掛ける必要はない、という方もいらっしゃるでしょう。小生の私見など、どうでも良い!そういう方は、是非是非読み飛ばして下さいませ。

まず、アイサイトXのオプション価格は、+35万円の設定。例えば、「GT-H EX」と「STI Sport」は全く同額の337万円です。アイサイトXを諦めるのであれば、GT-Hではなく、STI Sportが購入できるのです。これは、本当に悩ましい処。。。

ポイントとなるのが、ハンズオフ機能が50km/h以下・高速道路上に制限されていること。つまり、年間を通じて高速道路を利用する機会がどれだけあるのか。これによって要否が変わってくるのです。例えば、高速道路の50km/h以下での走行機会が長期連休だけだとすると、ハンズオフを使うのは年間3往復・6回のみ。所有を5年に限れば、精々30回程度。1回当たり1万円を超えてしまいます。。。

そもそも、非EX仕様でも先代後期型の「ツーリングアシスト」以上の能力を備えています。ステアリングの常時保持は基本ですが、0〜135km/hと広い速度域でライントレースが可能です。3D高精度マップを参照する訳ではないため、自動車専用道路であれば何処でもスグに使えます。ですから、EX車であっても、結局はこちらの機能を使う機会の方が多いはずです。

もう1点、重要なポイントがあります。EXに標準装備のインフォテイメントシステムは、巨大な11.6インチ。ところが、余裕たっぷりに見えて、実質的には表示幅は7インチ。テレビ・DVDや、マルチビューモニターを表示する際には、9インチのディーラーナビよりも格段に小さくなってしまうのです。加えて、HDMI入力がなく、CD/DVDユニットはオプション設定。。。

これを含めて考えれば、ベストバイは安直に「EX」とならない事をご理解頂けると思います。また、メーカーオプションで、非EX車にインフォテイメントシステムを選択することも可能ですが、これは余りオススメではない、と考えることもできます。

 

2.5Lは残念ながら、米国仕様のみ。

650

では、ベストバイのグレードは、一体どれなのでしょうか?

やっぱり、誰もが欲しいのが「STI Sport」でしょう。それに、新型レヴォーグの魅力を存分に味わうのであれば、その全てを満載にした「STI Sport EX」一択です。当然ながら、最高峰グレードは再販価格が最も高値安定する傾向にあります。もちろん、再販を重視するのであれば、ボディカラーはパールホワイトかブラックを選ばねばなりません。

ここで、契約時の価格をザックリ概算してみましょう。税金・登録費用・最低限オプション(ベースキット+ナビ+マルチビューモニタ+ドラレコ)を計算してみると、非EXでは+100万円程度、EXで+95万円程度が想定されます。すると、導かれるのは次の金額。「GT」は382万円、「GT EX」は422万円。「GT-H」では402万円、「GT-H EX」では442万円。「STI Sport」では437万円、「STI Sport EX」では、477万円。点検パックを除けば、この程度が大凡の予算総額となるはずです。

では、改めて装備差を考えてみましょう。

まずは、エクステリアです。「GT」だけは、17インチ仕様。これは、外観でもスグに分かるはず。じゃぁ、「GT-H」とすると、タイヤは同サイズでも「STI Sport」との差は歴然。となると、折角奮発するなら「STI Sport」に乗りたい、となるのが心情でしょう。結果的には、「STI Sport」が最善の答えになります。

続いて、走りの面で考えてみます。今回、「STI Sport」のみが搭載しているのが、走りのキャラクターを激変させられる、ドライブモードセレクト。モードセレクトによって、エンジン・ミッション・パワステ・ダンパー・AWD・アイサイト・エアコンの特性が変化させられます。また、これらセッティングを自分好みにして保存できる機能もあり、より積極的に新型レヴォーグを愉しむことが出来ます。また、SACHS製電子制御ダンパーに加えて、デフの制御もSportモードが新採用。これも、「STI Sport」のみの専用装備です。

次は、インテリア。やっぱりスペシャル感があるのは、ボルドーカラーの「STI Sport」でしょう。これが好みでない方は、「GT-H」のブラック系インテリアの本革仕様もありかも知れません。ここで注意したいのが、「GT」のレス装備。パワーシートが運転席のみとなる他、シートヒータも前席のみ。パワーリヤゲートも非装着です。

 

新型レヴォーグならば、やっぱり「走り」を味わって頂きたい。。。

650

最後にすべてを総じてみましょう。小生のオススメは、敢えて非EXの「STI Sport」とします。確かに総額437万円は高額ですが、「GT-H EX」よりは5万円安。それに、アイサイトXを使う機会は限られますから、実用上で差を感じることは殆ど無いはずなのです。

そして、最後のポイントが高出力仕様です。その登場がいつになるか、どういったものか、それは分かりません。ただ、その存在は既に明言されています。もし、それが+40万円程度なのだとしたら....。「STI Sport EX」を購入した後に、高出力仕様非EXの「STI Sport」なら買えたやん!との後悔に苛まれるかも知れません。

アイサイトXは、確かに素晴らしい技術的進化です。革命的だし、革新的だし、挑戦的です。加えて、+35万円というオプション価格も、他メーカと比較すれば完全に「バーゲンセール」です。

ただ、スバル本来の愉しさは、その「走り」にあると信じたい。残念ながら、私ども向けの試乗会はコロナ禍で中止となりましたが、各種媒体の試乗レポートでは相当のポテンシャルが感じられます。ならば、ならばこそ、その「走り」を味わって頂きたいのです。

だって、その「走り」の良さは、高速道路でなくても、50km/h以上でも味わえるのですから。

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 店舗案内

スバルショップ三河安城本店
スバルショップ三河安城和泉店
 

>>最新情報一覧

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三河安城本店GW休業のお知らせ...

2022年04月30日 三河安城本店

 

和泉店GW休業のお知らせ

2022年04月28日 和泉店

 
 
 
 
 
 
 
 

和泉店冬季休業のお知らせ。...

2021年12月28日 スバル

 
 
 
 
 
 
 
ニュースピックアップ