スバルショップ三河安城の最新情報。新型フォレスター、遂にデビュー。最速試乗記公開!!| 2018年6月21日更新

 

次のページ>>1 2 3

 

ライントレースの自在感は、格別。

新型フォレスター試乗会

SGPは、やはり偉大。強烈なボディ剛性が、新型フォレスターの走りを劇的に高めています。

かなりの横Gを掛けていっても、プアなアンダーは皆無。グッとコーナリングGに耐えつつ、全輪をガッチリ路面にグリップさせていきます。舵角は、とにかくミニマム。ほんの少しのステアリング操作にも、シャシーがしっかり反応してくれます。

フロントでコーナリングフォースが立ち上がると、リヤでもしっかり横Gが発生。フロント主体に切れ込んでいくのではなく、前後均等の横Gで旋回していきます。

ロール角が非常に小さいので、次のアクションへの自由度が高いのも特徴。コーナリングGに比例して、重みの増していくステアリング。その操舵力をスッと抜くか、維持するか。スロットルを踏み込むか、スッと抜くか。ほんの些細なアクションで、先行車のアウト側に出るか、イン側に進めるか。コーナリング中もライントレースは自由自在です。

正に、オン・ザ・レール。その感覚は、スバルだから実現できるもの。低重心の水平対向エンジン+左右対称のドライブトレインという、スバル独自のパッケージングの賜物です。

 
新型フォレスター試乗会 新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
 

競合車との差は歴然。素晴らしく正確なハンドリング。

新型フォレスター試乗会

今回、比較対象に持ち込まれたのは、某M社の◯◯-5と、某N社の◯-TRAILの2台。その差は、走行性能の面で特に歴然としていました。

◯-TRAILは、残念ながらシャシー性能に限界があるようです。基本設計の古さが隠せないのか、かなり早い段階でフロントが音を上げてしまい、ズルズルとアンダーに引きずられていきます。EPSのデキも酷いもので、常にゴムを掴んでいるような感触。操舵感も希薄で、タイヤの接地精度も低く感じます。この辺りは、近年の某N社共通のフィーリングです。往年の「901活動」を鑑みると、某N社の現状は嘆くほかありません。

オッと思ったのは、某M社の◯◯-5。コレはかなりの秀作です。ディーゼル特有の野太いトルクが、重量級のボディをグングンと押し出していきます。若干、新型フォレスターよりもコーナリング限界は低いものの、限界付近でもコントローラブル。

但し、接地精度ではやはり新型フォレスターに分があるようです。それが為にスポイルされているのが、「運転の愉しさ」です。グワーッと走って、グーッと止まる。けれども、楽しくない。運転の愉しさを重視するなら、新型フォレスター一択でしょう。

 

乗り心地評価は、また後日。

スパ西浦は、非常にクリアでスムーズな路面であるため、乗り心地評価は不可能でした。縁石に載せてみたりしたものの、これだけで評価するのは無謀。申し訳ございませんが、乗り心地評価やツーリングアシストの総合的評価には、今暫くお時間を頂きたく存じます。

 

塊感と力感が増した、新型フォレスターのエクステリア。

新型フォレスター試乗会 新型フォレスター試乗会 新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会

先代フォレスターのデザインは、柔らかいラインで構成されていました。手頃な優しさがある、エクステリア。荒々しく猛々しい強さのクロカン系SUVとは違い、威圧感なく乗れるアーバン系SUV。それでいて、オフロード性能とタフさも十分とあって、日本国内でも好評でした。

新型フォレスター(SK形)は、完全なるキープコンセプト。それでも、ボディを細かく見ていくと、躍動感が増していることに気が付きます。

フェンダーには無塗装ガーニッシュが追加されており、ホイールアーチを大きく見せて、SUVならではの力強さを与えています。ボディ全体を包むキャラクターラインは、複雑なカーブを描き、躍動感と力強さを与えています。ハイライトはクッキリ入り、煌めき感が増しているため、上質感と風格が格段に向上。

都会派でありながら、ガッツリ行けるSUV。それでいて、上質。マッシブな次期RAV4、流麗なCX-5、新型フォレスターはそれらと好対照を成すでしょう。

 

緻密さと精密さが好印象。それでいて、使いやすい。スバルらしいインテリア。

新型フォレスター試乗会 新型フォレスター試乗会 新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会

スバルは、インテリアでも安全最優先。「使いにくいインテリア=運転中に目を離す=前方注意が疎かになる=事故率が高い」ですから、使いにくいデザインは、ご法度。パッと見て、スグ使えるデザイン。それが、スバルの信条です。

新型フォレスターでも、それは同じ。常時使うスイッチ類は、分かりやすくまとめられています。

エアコンはダイヤルを回して温度調節するか、ダイヤル内のスイッチでON/OFFするだけ。アイサイト関連は、全てステアリングホイール上にレイアウト。ヘッドライトとワイパーは、全グレードオートライト化済み。慣れてしまうのに、1日も掛からないでしょう。

ビックリする程美しくても、使いにくければタダのハリボテ。スバルのインテリアは、使う人のことを最大限に考えたデザインになっているのです。

手に触れるパネル類は、すべてソフトパッドのシボ加工仕様。カツカツと残念な爪音にガッカリすることはありません。この辺りの上質感は、スバルの長年の弱点でした。しかし、ここ数年で急速に改善。今やライバルを凌駕する勢いです。

 

バックリ開く、大きなリヤゲート。巨大で四角い荷室は使い放題。積み放題。

新型フォレスター試乗会

何より驚くのは、巨大なハッチゲートの開口部。ゴルフバックが真っ直ぐ入る、その巨大さは驚きです。右奥に押し込んで、左をヨッコイショ。そんな必要はありません。しかも、ゴルフバックは4つ平積みOK。まだまだ、余裕がありそうな荷室は余裕たっぷりです。

リヤゲート下端と完全にフラットなのも、加点要素。重い荷物を傾けて、手の入れる隙間を作り、さぁヨッコイショ。そんな必要はありません。そのまま引きずって出すことが可能です。

長い荷物を積む時、面倒なのはリヤシート。奥に手を伸ばし、何とかノブを引いて、ヨッコイショ。そんな必要はありません。荷室側面のハンドルを引けば、ストンとリヤシートが倒れます。

ハッチゲート近くに移動したカーゴランプも便利です。今まで、荷室側面にあった為、荷物が多いと隠れてしまったのです。これなら、荷室の明るさも充分。オプションのカーゴランプも不要かも知れません。

荷室床版のシッカリ感も、自慢です。ここがバタバタしたり、ベコベコしたり、すぐにズレたり。よくあるチープさが、新型フォレスターでは皆無。寝返りを打っても、ビクともしません。

 
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
新型フォレスター試乗会
 

次のページ>>1 2 3

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要