スバルショップ三河安城の最新情報。新型フォレスター、速攻試乗記第二弾。遂に、公道デビュー。| 2018年8月1日更新

 

次のページ>>1 2 3 4

 

進化を遂げたリニアトロニックが生み出す、滑らかで力強い加速。

新型フォレスター セレクトレバーとX-MODE

今回のフルモデルチェンジに合わせ、リニアトロニックも大改良。レシオカバレッジが広がり、ロックアップの範囲も拡大され、ダイレクト感が桁違いに進化しました。

アクセルの踏みこみに、即座に反応。エンジントルクがグッと立ち上がると、間髪入れずスーッと加速を開始します。ズルズル―ッともたつくことなく、どの速度域からでもグッと力強い加速。「演出された加速感」などという子供騙しではなく、右足の動きにリニアにキレイに反応していきます。

それ故、凄く運転がしやすい。思った時に思ったように滑らかに加速するので、アクセルを踏む時に躊躇せずに踏み込んでいけるのです。信号からのゼロ発進、先行車がコンビニに消えたあとの再加速、すべてが思うがまま。やはり、この感触はターボには出せません。

ブレーキを掛けてみます。クッと踏むと、スッと減速Gが立ち上がって、凄くスムーズな印象。近年、スバルはペダルストロークを小さくして、微妙なタッチで制動力を制御できるような仕立てに変えてきています。

慣れるまではカックンブレーキになりがちですが、慣れてくると踏み込みが小さく済むのでラク。ガッツリ制動したいときも、奥までペダルがズブーッと行かないので咄嗟のブレーキには効果的です。

 

+500ccの余裕が作る、高速域でも続く力強い加速。

新型フォレスター リアビュー

では、高速域で試してみましょう。

本線へ合流するため、アクセルを踏み込んでランプを駆け上がっていきます。その加速は、実に素晴らしく力強い!上り勾配でも、重力に負けずに一気に加速。余裕をもって合流できます。

追い越し車線に出てみましょう。高速域でも、爽快な加速感は留まることを知りません。グッ―ッと息の長い加速が、何処までも続いていきます。もちろん、目の醒めるような加速ではありません。でも、SUVに乗っていることを忘れるような、安心感と力強さに溢れた加速は、実に頼もしく感じられます。

先行車に追いつき、ブレーキング。すると、グッとフロントを地面にめり込ませるように、力強く減速。ただ、1.5t超のボディ。スムーズに減速するなら、パドルシフトを併用しましょう。ブレーキを掛けつつ、パドルを小気味よく引いていくと、シャクることなくトンー・トンー・トンーとキレイにシフトダウンしていきます。

 

高負荷領域では、自動でステップ変速に変化。

新型フォレスター サイドビュー

今度は、高負荷加速を試してみます。アクセルを強く踏み込むと、リニアトロニックは自動的にステップ変速モードに移行。タンターンターーンッと多段ATの如く、シフトアップしつつ加速していきます。

CVTは、変速時に伝達効率が低下する欠点があります。無段階変速をしつつの加速では、全てのトルクを伝達し切れません。これでは、加速でもたつくのも自明。そこでスバルは、高負荷領域で自動的にステップ変速をさせるようにしたのです。これは、大トルクを伝達できるチェーン式CVTならではの芸当。

スペック表をご覧になって、「CVTは絶対にヤダ!」と仰る方がいらっしゃいます。でも、一度乗ってみて下さい。絶対に、CVTのネガは気にならないはず。それくらい、スバルのリニアトロニックの完成度は高いんです。スバルは、噂にあるような多段ATの開発は行っていません。これからも、リニアトロニックは究極のトランスミッションを目指して、更なる進化を遂げていきます。

 
 

大入力でも、何処吹く風。トトト・タタタッと軽くいなす。

当然ながら、走行距離が100kmに満たない個体ですから、当たりのザラつき感は仕方ないところ。

ただ、秀逸な乗り心地の片鱗は、十分に感じられます。ちょっと身構える程の、酷い路面の凸凹。新型フォレスターでは、拍子抜けのあっさり感。ゴンッ・ドンッなどと馬脚を現すことなく、トトトト・タタッタタッと軽い調子でいなしていきます。タイヤのクッションに頼ることなく、兎に角よく脚が動くのです。微小領域でも、低周波数域でも、ダンパーがしっかり仕事をします。

驚くことに、高速域で結構なアンジュレーションに突っ込んでも、それは同じ。スッスと脚がキレイに伸びて、進路を失う予感さえ抱かせません。小生の乗る現行インプレッサよりも、間違いなく安定・安心感は高いです。重心高が遥かに高いのですから、これは偉大なる進化と言えるでしょう。

17インチを履いているX-BREAKですが、ルーズなフラつき感は皆無。四輪でガッツリ路面を掴んでいる感覚が、実に頼もしく感じられます。

 

異次元の高剛性シャシー、SUBARU GLOBAL PLATFORM。

SUBARU GLOBAL PLATFORM

どんな路面入力を受けても、何処吹く風とばかりに進路を維持する新型フォレスター。ただ硬いだけのサスペンションではなく、ガッシリしたボディでしっかりサスペンションを動かしていく。正に、教科書通りのサスペンション設計。その頼もしさは、素晴らしいの一言。その秘密は、何処にあるのでしょうか?

それは、新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM(以下、SGP)」のおかげ。縦に7本のフレームを形成し、フロアを徹底強化。強い路面入力で「ゴンッ・ドタンッ!」と音になってしまうフロア共振も、相当のレベルまで抑え込んでいます。新型フォレスターが段差を乗り越えた時、振動はあっても、音がしないのは、そのためです。

劇的に向上したシャシー剛性とサスペンション剛性がもたらす、高いタイヤ接地精度。強い路面入力でも、タイヤの接地面変化を極小化できるのです。

路面入力を受けると、ボディは微小変形します。しかし、サスペンション取付点の変位は、走行安定性と乗り心地にとって最悪。突き上げの度にタイヤがグニャッと動き、進路が定まらない。

SGPは、そこを徹底強化。路面入力に屈しない頑強なシャシー、それがあるからこその新型フォレスターなのです。

 

しっとりさとクイックさ、穏やかさと愉しさを両立する、VGRの恩恵。

新型フォレスター アダプティブドライビングビーム

ステアリングは、中立付近では軽めの仕立て。だからと言って、フラつき感はありません。操舵に素直に反応しつつも、SUVらしくしっとりと落ち着いた感触です。

でも、そこから切り込んでいくと・・・ん?ちょっと違和感。グッとインに引き込まれるように曲がっていく感触に驚きます。

これは、新採用されたVGR(Variable Gear Ratio)の効果。ラック側のギアピッチが一様ではなく、大舵角領域ではギア比が速くなる機構を採用。中立付近での穏やかなステア特性と、交差点等での小舵角を両立しています。

VGRには、慣れが必要。BMWの同種のシステムもそうですが、タイトコーナーでは「曲がり過ぎる!」感があります。でも、その感覚になれてしまえば、本当に便利。スッスッと向きを変えたいS字コーナーでは、とってもクイック。

SUVだと、穏やかすぎるステア特性故に無難な運転に終始しがちです。でも、新型フォレスターならワインディングでも、しっかり楽しめそうです。

 

次のページ>>1 2 3 4

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要