スバルショップ三河安城の最新情報。新型フォレスター、速攻試乗記第二弾。遂に、公道デビュー。| 2018年8月1日更新

 

次のページ>>1 2 3 4

 

SGPが描く、正確無比なコーナリングライン。

新型フォレスター アクティブトルクベクタリング

ライントレースは、本当に正確無比。タイヤの位置決め精度が高いが故に、切り始めからしっかりラインをキープ。特に、微小舵角領域が秀逸。ロール剛性が高いので、スッとアウト側に荷重が乗って、穏やかかつリニアにヨーが立ち上がります。

重心が高いSUVは、コーナーではグラっと・フラッとしがち。それを嫌ってロールを抑え込むと、今度はタイヤの捩れに過敏な反応をして、神経質なステア特性となってしまいます。

水平対向エンジン搭載の新型フォレスターは、持ち前の重心の低さゆえに、そもそもロールが少ないのです。SGPによって、重心が尚更低くなると共に、ロール剛性も向上。サスペンションを固めずとも、リニアなステア特性に仕上げられているのです。

アクティブトルクベクタリングの効果も見逃せません。イン側のタイヤにブレーキを作用させて、ヨーを増加させるこのシステムは、全グレード標準装備。回り込んでいくコーナーで、アウトに流れがちなラインを修正します。素晴らしいのは、その効き方。作動がスムーズ過ぎて、いつ効いているのか分からないほど。高速道路の進入路などで、威力を発揮します。

頑強なシャシーとサスペンション。そして、素直なステア特性。新型フォレスターのハンドリングは、清々しい気持ちよさに溢れています。

 

世界最高峰の能力を誇る、アイサイト・ツーリングアシスト。

新型フォレスター アイサイト・ツーリングアシスト

新型フォレスター、一番の話題はアイサイト・ツーリングアシストでしょう。世界最高峰の予防安全性能を誇ると同時、これまた世界最高峰の運転支援機能をご提供します。

スバルが、世界で最も優れた「自動ブレーキ」を実現しているのはご存知だと思います。でも、ツーリングアシストが優れているのは、抜群の能力を誇る運転支援機能です。自動ブレーキは、危険が生じてから作動するもの。でも、運転支援機能は、予めリスクを減じてくれるものです。

大型連休時、進んだり止まったり。いつまでも続く果てしない渋滞。こんな時、ずーっと集中力を維持しろというのも難しい話。ついつい考え事をしたり、ペットボトルに手を伸ばしたり、ウトウトしたり。。。

そんな時、ウッカリ事故は起こるのです。

こんな時は、ツーリングアシストを使いましょう。ツーリングアシストは、0km/h〜120km/h超までの広い速度域での進路維持を実現。先行車に合わせて速度を調整しつつ、白線と先行車を認識して進路を制御。ドライバーは、渋滞時のほとんどのワークロードから開放されます。

でも、これだけなら他のメーカーでも実現している技術。スバル違うのは、ここから先です。

 
 

恐怖感なく、滑らかに作動するアイサイト。高速域でも、まったく不安なし。

新型フォレスター 走破性

今、ご紹介したのは渋滞時のこと。アイサイトに、ペダルとハンドルの操作を委ねていました。でも、これが100km/hでも可能だとしたら、どうでしょう?

いやいや、そんなの怖くてムリ!そんな速度で運転を任せるなんて、信用できるワケない!そう感じるはずです。

技術的に可能だと公称していても、「とても使い物にならない。」そんなシステムも実在しているのは確かです。車線の中を右に左にフラフラしたり、風に煽られて簡単に進路を失ったり。はたまた、追突しそうなほど車間が縮まったり、突如急ブレーキが掛かったり。。。余りにも怖いので結局使わない。そんな話も聞きます。

それでも、信用しろ。なんてのは無理な話。100km/hでは、少しのバグでも重大事故に直結します。一瞬のミスも許されない。完全な信頼と、確実な安心がないと、運転支援機能は使い物にならないのです。

でも、アイサイトは違います。

アイサイトが優れているのは、その滑らかさ。先行車が加速しても、アイサイトは無理に加速しません。車間が縮まる際には、先行車のブレーキランプ点灯を感知して、早くから減速を開始。ドライバーに一切恐怖心を与えません。常に穏やかで、車間を無理に縮めず、スピードを滑らかにコントロールします。

風に煽られても、ワダチがあっても、進路がフラつく事もありません。ドライバーは一切不安になることなく、ペダルとハンドルの操作を安心して委ねることができるのです。

 

スバルの高い走行安定性があるからこその、アイサイト。

新型フォレスター フラつき
新型フォレスター スタビライザーとロール剛性

では、アイサイトを他メーカー車に搭載すれば、同じ様に走るのでしょうか?

それは、違います。アイサイトは、スバル独自の走行安定性と結びついて始めて、実力を発揮します。低重心レイアウトがもたらすハイレベルな走行安定性。だからこそ、アイサイトは安定してクルマを走らせられるのです。

ボディやサスペンションが、グニャグニャのクルマを想定してみましょう。

風で右に取られた進路を修正する場合、ECUは即座に左に修正舵を当てます。しかし、反応が悪いのでECUはステア量を増加させるしかありません。すると、今度は修正量が過剰で逆の左に流れます。仕方なく、ECUは再び修正舵を当てて。。。こうして、クルマはフラつくのです。

では、反応が悪いのを見越して、修正舵の増加を遅らせてみましょう。すると、修正が遅れる分、風で右に流れるので、進路が定まりません。ドライバーは怖くて仕方ないでしょう。

タイヤの位置決め精度が高く、重心が低くボディの挙動が小さいことが、アイサイトの滑らかさの原点になっているのです。

新型フォレスターでツーリングアシストを使うと、その偉大さに驚かされます。100km/hを超えても、アイサイトは全く不安を抱かせません。路面のアンジュレーションでも、何処吹く風とばかり。先行車に追いついても、安定して追従していきます。重心高が高いSUVなのですから、素晴らしいの一言です。

 

ミリオンヒットのシングルナンバーというより、アルバムのベスト・バラード。

新型フォレスター ベストバラード

今や、スバルの大黒柱へと成長したフォレスター。万が一、新型フォレスターが北米で失敗すれば、スバルは生き残ることができません。今回のフルモデルチェンジに際して、相当に厳しいプレッシャーがあったことは、彼方此方に感じられます。それ故、新型フォレスターは変化は少ないものの、確実かつ堅実にフルモデルチェンジとなりました。

しかし、「飛び道具」や「インパクト」は無くとも、新型フォレスターの出来栄えは大変素晴らしいものです。SGPのもたらす走りは正確無比で安定感に優れ、最新のアイサイトは異次元の安全性能を提供します。視界は広く、室内はいつも明るく、たいへん運転がしやすいクルマです。

15km/Lを超える高燃費、刺激的かつ魅力的なデザイン、コストパフォーマンス等々、新型フォレスターにはない魅力をもつSUVは、他にもあります。しかし、トータルの完成度で新型フォレスターの右に出るものはありません。

新型フォレスターを例えるなら、ミリオンヒットのシングルナンバーというより、アルバムのベスト・バラード。ガッツリ系ではなく、シンプルな支那そば。中トロではなく、サヨリ。パリッとしたスーツではなく、着慣れたジャージ。

一発ガツン!としたパンチは、正直言ってありません。でも、きっと長く乗りたくなる。そんなクルマです。週末は、ぜひスバルのお店でその魅力の一端に触れてみて下さい。

 

新型フォレスター、オススメブックス。

 

次のページ>>1 2 3 4

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要