スバルショップ三河安城の最新情報。ボクサーディーゼル国内投入はあるのか?| 2017年3月15日更新

 

ニュース ピックアップ [  XV  最新情報  ]

 
 

次のページ>>1 2

 

そんな欧州でも、退潮傾向にあるディーゼル。

欧州で全販売台数の約半数を占めるディーゼルですが、潮目は変わりつつあります。

自動車エンジンは、近い将来確実に過去のものとなります。EUが2030年以降の内燃機関搭載車両の販売禁止という法案を真剣に検討している他、トヨタも2050年には「すべての内燃機関」の生産を終了すると発表しています。

ディーゼルに残された時間は、余り多くありません。自動運転や電動化、つながる化など、自動車メーカーは膨大な開発費の捻出に追われています。このタイミングで、ディーゼルにさらなる投資することは、自動車メーカーにとって得策ではないのです。乗用車ディーゼルの生産は継続するでしょうが、大掛かりな新技術の投入はほとんど無いでしょう。

欧州メーカーは次のターゲットに「PHV」を据えており、その軸足をシフトしつつあります。国境を超えた移動も多い欧州では、純EVでは航続距離が不足。これを発電で補うことができるPHVは、欧州に最適なのです。

 

スバルは、ディーゼルを国内投入しない。

XV 2017 debut
photo by SUBARU

現状、スバルは6車種+新規1車種を抱え、その開発と年次改良で手一杯の状況。新型プラットフォームを開発したばかりで、2019年には次期主力エンジンの投入を控えています。

その次期主力エンジンとは、2016年12月26日の記事で記載した、2019年投入予定の新世代ダウンサイジングターボエンジンです。2021年には約8割をこの新エンジンに移行する計画です。内燃機関に残された年数は余り多くなく、残り2割のためにわざわざ次世代ディーゼルを開発するのは得策とはいえません。

それを示すかのように、右の中期経営計画にもディーゼルの文字は何処にも記載がないだけでなく、環境対応と燃費規制は効率改善と電動化で対応とわざわざ記載されています。

スバルにとって、喫緊の課題は電動化対応。アイシンAW製モータの使用も噂されています。幻のディーゼルよりも、次世代ハイブリッドAWDを期待して待ちましょう。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要