スバルショップ三河安城の最新情報。SUPER GT第6戦で、BRZが圧倒的な速さで優勝を飾る。| 2018年10月4日更新

 

ニュース ピックアップ [  モータースポーツ  BRZ  ]

 

2020年01月22日 スバル

「TOKYO AUTO SALON 2020」まとめ

「TOKYO AUTO SALON 2020」まとめ
 

次のページ>>1 2

 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

早くも崩壊の危機?GT3に未来はあるのか。

ただ、GT3の将来が明るいか、と言えばそうでもありません。数年以内に崩壊する可能性すらあります。

市販GTカーそのままの見た目で走るGT3は、メーカーにとって格好の広告塔。逆に言えば、絶対に負けてはならないレースでもあります。こうなると、欧州メーカーはあの手この手で関与を深めてきます。

本来、プライベータのために作られたGT3規定。しかし、欧州のレースでは競技レベルがあっという間に高騰し、上位陣は今やすべてセミワークス体制。大金を叩いて買ったのに、ワークスより確実に遅い。これでは、プライベータはバカバカしくてやっていられません。

しかも、主要なGT3レースをAMGとAUDIが独占しつつあります。ポルシェやBMWは完全に劣勢。フェラーリは、完全に興味を失ったようです。トヨタや日産、ホンダに至っては買う者がおらず、契約チーム(これも、実質セミワークス)のみが奮闘する状態。

マシンを開発した張本人が関与するチームと、完全なるプライベータ。その技術差は、火を見るよりも明らか。プライベータが興味を失うのは時間の問題でしょう。GT3は、早くも衰退の瀬戸際に立たされています。

それをもっとも懸念するのは、GT3構想を立ち上げた張本人のステファン・ラテル。彼は、プライベータ向けに新たにGT2を創設する構想を発表。逆に言えば、プロ/アマ分離を真剣に考えねばならぬほど状況は深刻、とも言えるでしょう。

 

これからも苦戦必至!?一刻も早く、彼らにパワーを。

XV 新型ハイブリッド
XV 新型ハイブリッド

スバルはR&D SPORTとタッグを組んで、2009年からGT300に参戦。2011年まではレガシィB4、2012年以降はBRZにベース車両を変更して戦っています。と言っても、変わったのはマシン外観のみで、ドライブトレイン等は2009年以来、改良を継続して今に受け継がれています。

見た目はBRZですが、中身はパイプフレームのオリジナルシャシーで生粋のレーシングカー。エンジンは、WRC時代から引き継ぐ歴戦のEJ20で、トランスミッションは2010年途中からトランスアクスル化。排気量がたった2000ccしかないため、ブースト圧と車重で思い切った優遇処置を受けて戦っています。

ただ、ライバルとなるGT3やマザーシャシーが、軒並み倍以上の排気量を持つため、BRZは劣勢を強いられています。ブースト圧でパワーを稼いでも燃費が悪化して、ピットでのロスタイムが増加。車重を軽減して、コーナーでタイムを稼いでも前のマシンに引っ掛かれば、マージンは帳消し。

そんなこんなで「苦戦もやむ無し」の状態が続いているのです。しかも、相手はプライベータ。。。

それでも、何とかSUGOで勝ったのですから、SUPER GTの性能調整が素晴らしく機能しているのは、間違いないでしょう。BRZは諦めることなく、今後も厳しくも逞しい戦いを続けることでしょう。ただ、エンジンだけは何とかして欲しい。。。その願いは、いつか届くのでしょうか。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 

2020年12月24日 和泉店

和泉店冬季休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要