スバルショップ三河安城の最新情報。「自動ブレーキ」という言葉と、問われるエンジニアの善意。| 2019年1月6日更新

 

次のページ>>1 2

 

レベル3の認可に問題は無いのか。

一方で、日本の警察庁はレベル3の認可に向けて、法改正の検討を進めています。これを機会に、自動運転技術の国際競争力を一気に高めようという国家戦略の一環でもあります。ただ、この規制緩和が、新たな「進化の代償」を生む原因となることは無いのでしょうか。

ここで重要なことは、ドライバー全員が善意を持っていると限らない、という点です。旅客機や鉄道が、専門教育を受けたプロの操縦者によって運行されるのに対し、自動運転車を運転するのは「素人」です。「自動運転車」だと言って、運転席に居眠りしたり、足をダッシュボードの上に載せたりすれば、レベル3車両では絶対に事故は免れないのです。

確実に安全に注釈が付くレベル3車両ですが、これを市販するか否かはメーカーに委ねられています。市販に際して、国交省の認可を受けるだけの技術を実証することは不可能ではないでしょう。しかし、実際の道路では、様々なことが起こります。それを鑑みて、機能を制限するか否かは、エンジニアの善意に掛かっているのです。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 

2019年04月27日 スバル

GWの休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年01月25日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

 
 
 
 

2018年12月29日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

 
 
 
 
 
 
 
 

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要