スバルショップ三河安城の最新情報。STIコンプリート、遂に北米上陸。S209、デトロイトで公開。| 2019年1月23日更新

 
SUBARU STI S209
遂に、Sシリーズ海外初進出。S209を発表。
 
2019年1月15日 デトロイトに史上最強のWRX、S209登場。但し、北米専売。

次のページ>>1 2

 

STIコンプリート、遂に北米上陸。S209、デトロイトで公開。

STI S209

これまで、門外不出の逸品であったSTIコンプリート。特に、SシリーズやRシリーズは日本国内専売とされ、日本のスバルファンだけが入手できる、ファン垂涎の1台とされてきました。

中でも、エンジンは逸品です。歴戦のEJは手練の職人により、徹底的にバランス取りされた上で、緻密に組み上げられており、俊敏なレスポンスと痛快なパワーを実現します。手組みエンジンはSとRシリーズのみが搭載する、最高の贅沢品です。

古くは、初代レガシィのType-RAに始まるその歴史。以来、四半世紀を経過した現在、STIコンプリートのプレミアムは日本屈指。今や「発売即完売」という、一種独特の協奏曲を演じるまでに、その名声は高まっています。

 

米国から熱烈なラブコールを受けて、登場。

しかし、それでは熱烈なSubieたち(米国の熱烈なスバルファン)が黙っていません。今や、米国でのスバル車販売は、日本国内の5倍以上。そう、今のスバルはスバリストではなく、Subieたちが支えているのです。それを知っているSubieたちが、我らがUSAにSTIが熱心でないことに納得するはずもありません。スバルが、メーカーとして力点を米国に移すのは、寧ろ自然なことなのです。

特に、STIコンプリートには熱烈なラブコールがありました。これに呼応するように、前中期経営計画である「際立とう2020」にて、遂にSTIの海外本格進出が明記されるに至ります。

2015年春、STIPerformance Conceptという、BRZベースのデモカーを北米にて参考出展。続いて、2016年春には、オーストラリアでフォレスターtSを300台限定発売しています。

 

WRX STI Diamond Edition

南アフリカで50台限定で発売される、WRX STI Diamond Edition。STI純正ではないものの、354ps/464N-mの圧倒的性能を誇る。

そして、満を持して2017年には北米初の限定車「WRX STI TYPE RA」を発売。エンジンはEUCチューンによって、+5psの314psに向上。CFRP製ルーフパネルとリヤスポイラーが目を引く逸品に仕上げられていました。同時に、BRZにもtSを用意。2台の限定車によって、STIは遂に北米に本格進出を果たしたのです。

続いてSTI限定モデルが発売されたのは、誰もが予想だにしない南アフリカ!2018年秋に、たった50台限定で発売されたプレミアムモデルは、スバルの「純正」モデル最強のバケモノマシン。エンジンはノーマルのEJ25ターボをベースに、専用ECUと排気系のチューニング。これにより、歴代「純正」最強の354ps/464N-mを発揮。0-100km/hは、5.03secを誇ります。ただ、こちらは恐らく現地法人の独自チューン。日本に先ごろお目見えした、T380と近いのかも知れません。

 

IMPREZA STIコンセプトモデル

S209 STI

2019年1月。遂に真打ちが登場します。その名は、「S209」。米国第3弾となるSTIコンプリートは、Sシリーズでは初となる2.5L水平対向4気筒を搭載。そして、発売は米国限定。台数はたった200台という超プレミアムモデルです。

まず目を引くのは、ド派手なオーバーフェンダー。これは、史上最太の265/35R19を収めるためのもの。大胆にも45mmも拡幅され、その全幅は、1839mmに達します。力強くソリッドなオーバーフェンダーは、ただならぬオーラを放ちます。フロントのオーバーフェンダーはフロントエンドに繋がっており、コーナー部には2枚重ねのカナードを備えています。また、前後のフェンダー後方にはアウトレットが開放されており、ホイールハウス内の圧力が低減され、リフト値を改善しています。

ボディカラーは、WRブルーパールとクリスタルホワイトパールの2色のみ。19インチのBBS製ホイールは、WRブルーパールはマットグレー、クリスタルホワイトパールはマットゴールドの組み合わせ。

 

S209のチューニングレシピ

S209 10
S209 3
S209 21
S209 19
S209 17
S209 32
S209 27
S209 25
S209 52
S209 51
S209 49

【S209主要諸元表(開発目標値)】

寸法・重量
全長×全幅×全高181.9 × 72.4 × 58.1in.
トレッド[前]/トレッド[後]60.8in./61.2in.
最低地上高4.9in.
車両重量3485lb.
エンジン
型式・種類EJ25・水平対向4気筒
最高出力341hp
燃料タンク容量15.9gal
燃料種類無鉛プレミアムガソリン

【S209の主要装備】

■足回り/メカニズム

・STI製ビルシュタインフロントストラット(倒立式)&コイルスプリング

・STI製ビルシュタインリヤダンパー&コイルスプリング

・STI製BBS19インチ×9.0J鍛造アルミホイール

・ダンロップ製265/35R19 タイヤ

・brembo製フロントベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&モノブロック対向 6 ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]

・brembo製リヤベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&モノブロック対向 2 ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]

・STI製フレキシブルタワーバーフロント

・STI製フレキシブルドロースティフナー(フロント/リヤシートバック)

・STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク(ラテラルリンク前・後)

・STI製サポートフロント

・鍛造ピストン

・鍛造コネクティングロッド

・強化バルブスプリング

・強化クラッチ

・大容量インジェクター&燃料ポンプ

・専用低圧損インテークダクト

・大型エアクリーナー&専用エアクリーナーボックス

・大径吸気パイプ

・低圧損ダクトブーツ

・大径ターボチャージャー

・低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)

・専用ECU

・パフォーマンスシュラウド

・インタークーラーウォータースプレイ(パドルスイッチ付)

・MOTUL製5W-40エンジンオイル

・エンジンソレノイドブラケット(シリアルナンバー付き)

・VDC[ビークルダイナミクスコントロール]

・アクティブ・トルク・ベクタリング

・STI製ショートストロークギヤシフトレバー

■操作性・計器盤・警告灯

・ルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付、STIロゴ入り)

・マルチファンクションディスプレイ(STIロゴウェルカム画面表示付き)

・インパネセンターバイザー[レザー調素材巻+シルバーステッチ]

・ウルトラスエード®巻ステアリングホイール(STIロゴオーナメント付き、シルバーステッチ)

・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)

・STI製本革巻 MTシフトノブ(STIロゴ入り、ブラック)、シフトブーツ(シルバーステッチ)

■オーディオ

・6スピーカー(フロント:4+リヤ:2)

・スターリンク7.0インチマルチメディアオーディオ

・ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)

■内装

・RECAROフロントシート[シルバーステッチ+シルバーアクセント、STIロゴ+S209ロゴ入り、SRSサイドエア

バッグ、シートヒーター付]

・リヤシート[シルバーステッチ+シルバーアクセント]

・インパネ加飾パネル(レッド、S209ロゴ付)

・サイドシルプレート(S209ロゴ入り)

・ドアアームレスト(シルバーステッチ)

・センターコンソール加飾パネル(シルバーステッチ)

・シリアルナンバープレート(コンソール)

・サブトランク(タイヤパンク修理キット付)

■外装

・メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、S209オーナメント付)

・フロントアンダースポイラー

・サイドアンダースポイラー

・リヤサイドアンダースポイラー

・バンパーサイドベゼル(スチールメッシュ&クロームメッキ加飾付)

・バンパーサイドカナード

・ワイドフェンダー(フロント+リア)

・フロントフェンダーエアアウトレット

・S209ロゴ入りサイドガ―ニッシュ

・リヤバンパー(チェリーレッドストライプ、エアアウトレットグリル付)

・S209リヤオーナメント

・ドライカーボンルーフ

・ブラックカラードドアミラー

・ドライカーボンリヤスポイラー(S209ロゴ入り)

 

STIの米国進出は、果たして成功するのか。

さて、このS209。米国では、如何なる評価を得られるのでしょうか。

日本と違って、米国市場でカギを握るのは一にも二にも絶対性能。米国は欧州と違い、峠道がほとんど存在しませんから、その評価はどうしても絶対的な加速性能に評価が偏りがち。オーバルサーキットとドラッグレースが人気なのも、それ故です。

ちなみに、インディ500で測定するのは、タイムではなく、平均速度。早さではなく、速さ。インディでのスピードは、勇気の結晶なのです。そう。彼らには、スピードこそ命なのです。

国内向けのEJ20ではなく、EJ25をチューニングしたのも、絶対的なトルクの太さを重視した故でしょう。

何れにしても、STIが遂に本格上陸を果たしたのは間違いありません。彼の地での評価は如何なるか、それはSTIの今後の努力とパフォーマンスに掛かっているでしょう。

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
GWの休業のお知らせ。

2019年04月27日 スバル

GWの休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

2019年01月25日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

 
 
 
 
スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

2018年12月29日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

 
 
 
 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。