スバルショップ三河安城の最新情報。ニュル24時間予選レースでクラス優勝。SP3Tクラスのライバルを徹底検証。| 2019年5月30日更新

 
Nurburgring 24H Qualify
SP3Tクラスで、優勝を飾る。
 
2019年5月19日 ニュルブルクリンク24時間予選レース。

次のページ>>1 2

 

グリーン・ヘルと呼ばれる、世界一過酷なサーキット。

深緑に覆われたドイツ北西部の山あいに突如現れる、自動車の聖地ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ。自然の起伏をそのままにレイアウトされたこのサーキットは、世界屈指無類の厳しさを誇ります。その全長は20.8kmに及び、市販車テストのメッカとして、そのラップタイムは総合性能を示す指標として、世界にその名を知られています。

現在のラップレコードは、2018年6月29日に「ポルシェ 919 Hyibrid Evo」が記録した5分19秒546。その映像からは、サーキットと呼ぶには余りにも危険なこのコースの特徴がよく分かります。

80年代末、その過酷さを知った日本人は、遥か聖地に次々に渡洋。果敢に挑戦を始めます。R32型GT-RやNSX、インプレッサWRX等、数多のクルマたちがこのコースで鍛え上げられました。今や、トヨタイムズのTVCFで、お茶の間の皆様もご存知かも知れません。

 

「隠れワークス」により様変わりする、ニュルブルクリンク24時間。

Nurburgring 24H Qualify WRX STI

このコース最大のイベントが、ニュルブルクリンク24時間レース。日本からも数多くの挑戦者が訪れています。

スバルは、2008年WRX STIでチャレンジを開始。可能な限り市販車に近い状態で参戦し、過酷なサーキットでマシンを鍛え抜き、将来へ向けた人材育成を図ることを目的としていました。当時は、牧歌的雰囲気が漂うお祭りレース。総合優勝を狙うのは精々数台で、各自思い思いのマシンがごちゃ混ぜに走っていました。

ところが、昨今はGT3クラスを中心に「隠れワークス」が大挙出場し、24時間を全力で駆け抜ける厳しいレースに様変わり。本来、GT3クラスはプライベータ向けのカテゴリーで、すべてのマシンに同一性能を保証し、ワークス活動も完全に禁止のはず。

ところが、なし崩し的に「隠れワークス活動」が始まると、技術開発は先鋭化し、車両価格も急騰。今や、お祭りレースの雰囲気は、完全に崩壊してしていまいました。

 

第1ラウンド「ブランズ・ハッチ」:開幕戦PPレース2で表彰台を獲得。

6月22〜23日に開催される本戦を前に5月19日に開催されたのが、6時間で争われる予選レース。スバルは、今年もSTIと共同でワークス参戦。WRX STIは安定したペースで順調に走行。出走98台中総合34位、SP3Tクラスでは優勝を飾っています。

SP3Tは、ニュルブルクリンクのこのレース独自のクラス。エンジンは排気量2000ccまでのターボ付きで、市販車両をベースとしたマシン争われるクラス。ライバルは少なく、出走は5台のみ。というのも、現在の主流はFIA-GT3やGT4クラス。SP3Tと違って、これらの車両は世界の様々なレースに参加できるからです。

決勝まで、残り1ヶ月弱。スバルWRX STIが争うことになる、SP3Tクラスに参加する4台をすべて見ていきましょう。なお、今回の予選レースに出走しなかった94号車はエントラント名が不明なため、調査できませんでした。

 

93号車:Bonk Motorsport [AUDI RS3 LMS]

ブルーとグリーンに、オレンジのアクセントが鮮やかなマシン。このBonk Motorsportはカスターマー向けレーシングチームであり、「勝ちに行く」というより、今あるクルマを「キチンと走らせる」のが仕事。ドライバー等の持ち込み資金で、保有車両を請負で走らせる仕組みです。今回、Bonk MotorsportはBMW M235iを2台エントリー。RS3はもう1台ありますが、今回は走行していません。

このRS3 LMSはAUDI Sportが製作したTCRマシンですが、なぜか今回はSP3Tクラスでエントリー。このRS3のファステストラップは、9分19秒台。一方、TCRクラストップのHyundaiのワークス車両は、9分2秒台と結構な俊足ぶりで、1周18秒の差があります。プライベータと本気のワークスチームとの差、と考えれば妥当でしょう。

WRX STIの今回のファステストラップは9分1秒台ですから、このRS3よりもHyundaiとの闘いの方を意識した方が、面白いかも知れません。ただ、Hyundaiは2台体制です。

 

89号車/91号車:GITI TIRE MOTORSPORT by WS RACING [VW Golf VI GTI]

この2台もSP3Tクラスにエントリー。このチームのプロジェクト名は「Girls only」で、世界でも珍しい女性だけのチーム。ドライバーだけでなく、エンジニアからメカニックまで。全てを女性でオペレーションするのが目標です。チームの主体はWS Racingで、GITI TIREとVolkswagenをパートナーとして、チーム体制を構築しています。

この真新しい2台のGolf TCRは、VWから提供されたものらしく、これまたSP3Tクラスでのエントリーとなっています。レースペースは厳しいものがあり、89号車のファステストラップは9分22秒台ですが、91号車は11分2秒台と大苦戦。

でも、遅いからといって駄目っていうワケじゃないのが、このレースの醍醐味。彼女たちの24時間のチャレンジに期待しましょう。

この他、まったく同じエントリー名の2台のAUDI R8 LMSが、GT4クラスにエントリーしています。こちらは、総合35位/49位で完走。ターボなしのGT4車両となる、SP8クラスで優勝しています。

 

かつてのライバル、レーダーモータースポーツは何処へ行った?

かつてWRX STIの好敵手だったのが、Raeder MotorsportのAUDI TT RSでした。FRvs4WDという事で、ドライ路面では明らかにTTに分があり、スバルファンは幾度も雨乞いをしたものでした。が、パタリとそのエントリーは無くなり、その役はLMS engineeringのTT RSが引き継いだものの、2017年にはこちらの活動も終了。今や、WRX STIは実質的なライバル不在の中での挑戦を強いられています。

さて、Raeder Motorsportの活動がどうなったのか調べてみると、2013年にマンタイ・レーシングと合併していました。その後、このマンタイ・レーシングの株式の51%がポルシェが取得。今では、ポルシェの(隠れ!?)ワークスチームの一部門として存続しているようです。

LMS Engineeringの方は、2017年頃にエントラントとしての活動は中断し、今ではスペアパーツ供給等の裏方として参加しているようです。

 

次のページ>>1 2

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
GWの休業のお知らせ。

2019年04月27日 スバル

GWの休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

2019年01月25日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第3弾「ステルス技術の全貌。」

 
 
 
 
スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

2018年12月29日 クラブ・スバリズム

スバリズムレポート第2弾「航空機はなぜ飛ぶのか?」

 
 
 
 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要