スバルショップ三河安城の最新情報。東京モーターショーで、新型レヴォーグがワールドプレミア。| 2019年10月24日更新

 

ニュース ピックアップ [  レヴォーグ  モーターショー  ]

 
 

次のページ>>1 2

 

SGPの採用と、フルインナーフレーム構造により、ボディ剛性を劇的に向上。

新型アウトバック

シャシーは現行インプレッサ以降で採用され、高い評価を受けている「SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)」を採用しています。フロアを前後に縦貫する7本のフレームと、Aピラー基部の高剛性設計により、比類なき強度・剛性を確保。これにより、新時代へ対応する高い衝突安全性能を実現すると共に、スバルの新時代に相応しい高度な「動的質感」を実現します。その評価は目覚ましく、走りの良さと安全性を高度に両立したインプレッサは、強豪を押しのけてカー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。

スバルが次世代シャシーとして全精力を投じて開発したSGPは、ボディ剛性及びサスペンション剛性は2倍近くまで高められており、強靭な体幹を基に正確かつリニアな走りを実現します。

新型レヴォーグではこれに加えて、フルインナーフレーム構造を採用します。米国で先行デビュー済みの新型レガシィで初採用したこの技術は、さらなる剛性向上や軽量化、部品点数削減を実現します。

従来は、アンダーボディとアッパーボディを各々アッセンブリーした後、これをドッキングすることで車体骨格を製造していました。この工法は、生産工数こそ少なくて済むものの、スポット溶接等の接着面積を広く取ることができず、重量あたりのボディ剛性に限界がありました。

フルインナーフレーム構造は、昨今採用が拡大している工法で、先行して骨格構造をアッセンブリーし、これに外板となるパネルを貼り付けていくものです。この工法では生産工数は増加しますが、フレームを成す各コンポーネント同士の接合点をより濃密に確保できるため、重量あたりのボディ剛性を高めることが可能です。

その結果、より高いボディ剛性を得つつも、軽量化を達成すると共に、工程の工夫によってコンポーネント数の削減も可能となるのです。

新型レヴォーグは、インプレッサよりも高い出力を常用する、ハイパフォーマンスワゴンです。それに相応しいボディをまとって登場するのは、間違いないでしょう。

 

新型レヴォーグ、その注目の発売時期はいつ?

新型レヴォーグのデビュー時期は、オフィシャルには「2020年後半に日本市場で発売を予定」としています。この文面を意地悪く読めば、最速でも2020年後半以降ということ。となれば、早くても7月以降の発売=出荷開始となります。もし、すべてが順調に進むのであれば、来年初冬に先行予約を開始し、初夏に発表、夏に発売とのスケジュールになるでしょう。ところが、この通りに進むかどうかは定かではありません。

現時点で憂うべき最大の課題は、やはりver4に進化するアイサイトでしょう。その詳細は別項に譲りますが、「ハンズオフ走行支援」を実現するからには、国交省・警察庁の許認可が必要となります。その過程において、いくつか問題が発生する可能性は、ゼロではありません。

スバルは一連のリコール問題の最中に、次世代アイサイトの公道試験の一切を中止しています。そのため、ver4に限っては、過去に行われたような数万キロに及ぶ公道テスト走行は、一切行っていません。その代わり、新設された美深試験場や葛生テストコース内の仮設市街路でのみ、実地試験が実施されています。しかし、常設のテストコースの試験だけでは、国交省・警察庁の許認可を受けるのは不可能なはずです。

恐らくは、新型レヴォーグは許認可を得るために、今後公道試験を実施することになるでしょう。そのためには、エクステリアを発表済みとして、要らぬ混乱を招く可能性を排除したかったのかも知れません。もし、この許認可の過程で要修正箇所が見付かるようならば、スケジュールが遅れるのは致し方ないでしょう。

そして、それらの問題がすべてクリアになった後、改めて発表・発売が決定されるものと思われます。

 

2019年 東京モーターショー

TMS_2019_1 TMS_2019_2 TMS_2019_3 TMS_2019_4 TMS_2019_5 TMS_2019_6 TMS_2019_7 TMS_2019_8 TMS_2019_9
 
TMS_2019_10 TMS_2019_11 TMS_2019_12 TMS_2019_13 TMS_2019_14 TMS_2019_15 TMS_2019_16 TMS_2019_17 TMS_2019_18
 
TMS_2019_19 TMS_2019_20 TMS_2019_21 TMS_2019_22 TMS_2019_23 TMS_2019_24 TMS_2019_25 TMS_2019_26 TMS_2019_27
 
TMS_2019_28 TMS_2019_29 TMS_2019_30 TMS_2019_31 TMS_2019_32 TMS_2019_33 TMS_2019_34 TMS_2019_35 TMS_2019_36
 
TMS_2019_37 TMS_2019_38 TMS_2019_39 TMS_2019_40 TMS_2019_41 TMS_2019_42 TMS_2019_43 TMS_2019_44 TMS_2019_45
 
TMS_2019_46 TMS_2019_47 TMS_2019_48 TMS_2019_49 TMS_2019_50 TMS_2019_51 TMS_2019_52 TMS_2019_53 TMS_2019_54
 
TMS_2019_55 TMS_2019_56 TMS_2019_57 TMS_2019_58 TMS_2019_59 TMS_2019_60 TMS_2019_61 TMS_2019_62 TMS_2019_63
 
TMS_2019_64 TMS_2019_65 TMS_2019_66 TMS_2019_67 TMS_2019_68 TMS_2019_69 TMS_2019_70 TMS_2019_71 TMS_2019_72
 
TMS_2019_73 TMS_2019_74 TMS_2019_75 TMS_2019_76 TMS_2019_77 TMS_2019_78 TMS_2019_79 TMS_2019_80 TMS_2019_81
 
TMS_2019_82 TMS_2019_83 TMS_2019_84 TMS_2019_85 TMS_2019_86 TMS_2019_87 TMS_2019_88 TMS_2019_89 TMS_2019_90
 
TMS_2019_91 TMS_2019_92 TMS_2019_93 TMS_2019_94 TMS_2019_95 TMS_2019_96 TMS_2019_97 TMS_2019_98 TMS_2019_99
 
TMS_2019_100 TMS_2019_101 TMS_2019_102 TMS_2019_103 TMS_2019_104 TMS_2019_105 TMS_2019_106 TMS_2019_107 TMS_2019_108
 
TMS_2019_109 TMS_2019_110 TMS_2019_111 TMS_2019_112 TMS_2019_113 TMS_2019_114 TMS_2019_115 TMS_2019_116 TMS_2019_117
 
TMS_2019_118 TMS_2019_119 TMS_2019_120 TMS_2019_121 TMS_2019_122 TMS_2019_123 TMS_2019_124 TMS_2019_125 TMS_2019_126
 
TMS_2019_127
 
photo by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年04月27日 スバル

GWの休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要