スバルショップ三河安城の最新情報。「技術ミーティング」分析第二弾。〜2030年死亡交通事故を目指して〜| 2020年2月23日更新

 
ニュースピックアップ
 

ニュース ピックアップ [  スバル  最新情報  ]

2022年04月30日 三河安城本店

三河安城本店GW休業のお知らせ

三河安城本店GW休業のお知らせ

2022年04月28日 和泉店

和泉店GW休業のお知らせ

和泉店GW休業のお知らせ
 

2021年12月28日 スバル

和泉店冬季休業のお知らせ。

和泉店冬季休業のお知らせ。
 
次のページ>>1 2
 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

最新車の進化に遅れをとる、旧型車。レトロフィットなしで目標達成は可能なのか。


スバルは、次なるアップデートを2025年以降に予定しており、インフラ及びコネクテッドの連携により、運転支援機能がさらに拡充される計画です。第4.5世代アイサイトとなるこのバージョンでは、自動運転システムが導入され、自動駐車/自動バレー駐車等の機能が実用化されます。第4.5世代アイサイトは、ハードウェアは第4世代と共通としつつ、信頼性が確保された分野について機能の最大化を図り、システム全体の能力を拡張していくことでしょう。

高度な危険対処能力を実現するには、リアルワールドに於ける情報の蓄積が不可欠です。しかし、試験車両で様々なインシデントに遭遇しようというのも難しいでしょう。となれば、コネクテッドを活用したユーザからのビッグデータ収集が唯一の解決方法となります。もし、これが実用化されれば、技術開発は加速度的に進むはずですが、収集した情報の個人情報保護については明瞭・明確な「交通整理」が必要となるでしょう。

収集・蓄積したデータを解析し、これを基にシステムを逐次アップデートしていく。こうした現在のスマホやPC用OSのような仕組みがあれば、一旦出荷された車両でもどんどん能力が拡張され、安全性能が高まっていきます。新車に買い換えない限り安全性能が向上しないという現在の方法よりも、死亡交通事故ゼロに対しては遥かに効果的でしょう。

米国の軍用機には、50年を超えて運用されている機体も少なくありません。こうした機体は、10数年ごとに最新のアビオニクスにアップデートすることで、第一線の能力を維持し続けています。これを「レトロフィット」と呼びます。日本の航空自衛隊も、80〜90年代に製造したF-15J MSIP機の大規模アップデートを進めています。このアップデートにより、F-15Jは最新のアビオニクスを搭載した新世代機へと生まれ変わり、今後数十年に渡り第一線で運用される計画です。

現在、自動車に於いてアップデートサービスを提供しているのはテスラのみですが、今後はレトロフィットが新たなコンテンツとして注目されるようになることでしょう。

ただ、コネクテッドが深度化すれば情報上の脆弱性も増加しますから、これに対抗するセキュリティ技術も必須となります。こうした分野は、自動車メーカーの手には負えない領域ですから、オールジャパン体制で運営されるMONETが、その基幹技術の確率を担うことになるでしょう。MONETは、トヨタとソフトバンクの歴史的な提携により設立された企業で、スバルを含む国内8メーカーが出資。MaaS時代の情報技術の創造と確立を目指します。

 

さらなる未来を見据えて、第4.5世代アイサイトはAI技術を導入する。

スバル技術ミーティング 死亡交通事故ゼロに向けたシナリオ スバル技術ミーティング 人の命を守る安全技術
 

2020年代後半、スバルはアイサイトにAI技術を取り入れる構想を持っています。より正確な認識と、より的確な判断。それを、あらゆる状況下で下すことができるシステム。その実現のためには、より深度化したプロセスをもつAI技術が不可欠なのです。

しかし、現在のADASは、遭遇した状況を事前想定したシチュエーションに当てはめ、その対応を実行するだけのものです。ですから、交通が錯綜するような複雑な状況には対応できません。それ故、現在のADASはあくまで「運転支援」に留まるのであって、自律運転には依然程遠いものなのです。そう、現時点では本格的な自動運転など夢物語なのです。

複雑な知的行為である自律運転を行うには、自律的に状況を判断・理解するAI技術の投入が不可欠です。AI=人工知能とは、人のような知的行為を可能にする技術です。もし、AIがナイトライダーのKITTのように運転してくれるのなら、それが理想でしょう。AIが自ら考えて、運転を習得。複雑な交通状況をすべて理解し、常に最適な判断を下してくれる。それならば、人間は安心してAIに運転を一任することができます。しかし、2020年現在、人類は未だそれを可能とする、AI技術を実現できていません。

人は、「能動的」知的行為である考えることで、状況を判断・予測し、運転を行っています。常に「受動的」で良い、ADASとは求められるものは違います。

ですから、AIに自律運転をさせるには、AI自らが能動的に考えられねばなりません。そもそも、「考える」とは何なのか。「考える」ことは、受動的な行動である「判断」「分析」とは違います。現在でも、コンピュータにアルゴリズムを与えれば、受動的な判断・分析は可能です。しかし、能動的に「考える」のは不可能です。「考える」ことと「判断・分析」との間にある隔たり。その隔たりを乗り越えねば、真の自律運転は不可能なです。

 

AACNの導入により、適切な救助体制を早期手配を実現。救命率の向上に挑む。

スバル技術ミーティング 死亡交通事故ゼロに向けたシナリオ スバル技術ミーティング 人の命を守る安全技術
 
スバル技術ミーティング 死亡交通事故ゼロに向けたシナリオ スバル技術ミーティング 人の命を守る安全技術
 

コネクテッドは単一の機能ではなく、複数の機能として自動車に新たな可能性を与えるでしょう。その可能性の一つとして、スバルは緊急事態時の救命率が改善することを考えています。

現在、提供される一般的な「つながる」サービスは、エマージェンシーコールです。乗員自らがスイッチを作動させることで、緊急事態を発報。コールセンターと乗員との通話によって、いち早く救助要請を行うためのシステムです。レクサスなどでは、これを活用して、コールセンターとの通話によるコンシェルジュサービスも提供しています。

このシステムの延長線上にあるのが、AACN(Advanced Automatic Colision Notification)です。事故発生時に、GPS情報や事故の状況及びその衝撃をシステムがコールセンターに自動通告。たとえ、乗員が意識を喪失していたり、緊急通報が不可能な状態にあっても、救助要請を行うことができるシステムです。これにより、救命率の向上を図ります。

続いて、スバルは自動通告する事故情報の深度化を図ろうとしています。シートセンサーとの連携による、事故時の乗員数の通知。そして、歩行者保護エアバッグとの連携による、乗員以外の負傷者の有無などです。また、高速度通信が可能であれば、アイサイト取得映像をアップロードし、コールセンター側でより深く状況を理解することも可能になります。また、ドライバーモニタリングシステムとの連携による、急病人発生の通知も考慮されています。

第一報の時点で、事故情報を明確に把握できれば、レスキュー隊やドクターヘリ、特殊機材の必要性など、救助側はより適切な救助体制を整えることが可能です。そして、それは救命率に直結します。

ただ、こうしたシステムを24時間365日稼働させることは容易なことではありませんし、警察・消防の協力も不可欠ですから、メーカーの枠を超えたオールジャパン体制で実現を目指していくことになるでしょう。

 

目指すのは、世界初の称号ではない。自動車に携わる者の責務、死亡交通事故ゼロ。

スバルは死亡交通事故ゼロを目指すために、アイサイトの開発を日夜続けています。しかし、スバルは最新技術を拙速に市場投入することは、決してありません。技術開発が不十分なまま市場投入すれば、リスクをむしろ増大させてしまうからです。ADASで最も忌むべきは、誤作動です。時にそれはドライバーの意思に反して、事故を誘発してしまいます。それでは、全く本末転倒となってしまうからです。

スバルは、今後も細心かつ慎重に新技術を投入していくことでしょう。それでは歩みが遅いように思われるかも知れません。しかし、スバルが求めているのは「世界初」の称号ではありません。死亡交通事故ゼロを目指しているのです。

 

スバル 技術ミーティング

tech_meet_1 tech_meet_2 tech_meet_3 tech_meet_4 tech_meet_5 tech_meet_6 tech_meet_7 tech_meet_8 tech_meet_9
 
tech_meet_10 tech_meet_11 tech_meet_12 tech_meet_13 tech_meet_14 tech_meet_15 tech_meet_16 tech_meet_17 tech_meet_18
 
tech_meet_19 tech_meet_20 tech_meet_21 tech_meet_22 tech_meet_23 tech_meet_24 tech_meet_25 tech_meet_26 tech_meet_27
 
tech_meet_28 tech_meet_29 tech_meet_30 tech_meet_31 tech_meet_32 tech_meet_33 tech_meet_34 tech_meet_35 tech_meet_36
 
tech_meet_37 tech_meet_38 tech_meet_39 tech_meet_40 tech_meet_41 tech_meet_42 tech_meet_43 tech_meet_44 tech_meet_45
 
tech_meet_46 tech_meet_47 tech_meet_48 tech_meet_49 tech_meet_50 tech_meet_51 tech_meet_52 tech_meet_53 tech_meet_54
 
tech_meet_55 tech_meet_56 tech_meet_57 tech_meet_58 tech_meet_59 tech_meet_60 tech_meet_61 tech_meet_62 tech_meet_63
 
tech_meet_64 tech_meet_65 tech_meet_66 tech_meet_67 tech_meet_68 tech_meet_69 tech_meet_70 tech_meet_71 tech_meet_72
 
tech_meet_73 tech_meet_74 tech_meet_75 tech_meet_76 tech_meet_77 tech_meet_78 tech_meet_79
 
photo by SUBARU

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 

2022年04月30日 三河安城本店

三河安城本店GW休業のお知らせ

 
 

2022年04月28日 和泉店

和泉店GW休業のお知らせ

 
 
 
 
 

2021年12月28日 スバル

和泉店冬季休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 

2021年08月04日 クラブ・スバリズム

和泉店夏季休業のお知らせ。

 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要