スバルショップ三河安城の最新情報。未来のクルマのあるべき姿とは。中心にあるは、常に「人」たるべし。| 2020年9月13日更新

 

ニュース ピックアップ [  最新情報  ]

2020年12月24日 和泉店

和泉店冬季休業のお知らせ。

和泉店冬季休業のお知らせ。

2020年08月10日 スバル

和泉店夏季休業のお知らせ。

和泉店夏季休業のお知らせ。
 
 

次のページ>>1 2

 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

7.シンギュラリティの向う側

人工知能が発達し、自らの能力を自ら拡張できるようになると、人知を超えて人工知能が際限なく発展を継続。我が子たる人工知能が人類の能力を超えた末に、支配関係が逆転する。シンギュラリティとは、そういう状況を予測するものです。

こうした次元に於いては、人類技術そのものが劇的が変化することが予測されます。まず、インターフェースなしで直接的にデバイスを操作することも可能になるでしょう。それはいつか、脳とデバイス間での「伝送」へと発展するでしょう。また、人体の一部は「発展的」に人工化され、選択的に能力が拡張されることでしょう。人類が空を飛ぶことや、ネットワークで自身の「存在」を伝送することも可能になるという訳です。

そういう時代に於いては、移動という概念自体が変わってしまいます。自らの肉体は何処かに留め置いても、精神のみで移動が可能になるのですから。自動車などという「旧世紀の製品」は不要になるのです。

こうした状況を考えたとき、もっとも熟慮すべきは「技術倫理」です。技術は本来、人類の発展・幸福のためにあるべきもの。それが人類の最終倫理である「生死」を超越すること、世界人類・地球の幸福を侵害することは、決してあるべき姿ではないのです。

その技術論理が一部に軽んじられている現実は、決して看過されて良いものではありません。現に、COVID-19の感染拡大防止及びワクチン開発では、多くの国家で技術論理は完全と無視されているのです。

アインシュタインは自らが発展させた物理学が、地球さえも破壊し得る核兵器を生み出したことを、最期まで後悔していました。現在は、辛うじて「MAD」によって均衡は保たれているものの、その驚異に常に、核兵器の脅威に怯え続けねばなりません。人類は、こうした過ちを二度と犯すべきではないのです。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020年12月24日 和泉店

和泉店冬季休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要