スバルショップ三河安城の最新情報。2代目BRZ試乗車到着記念企画第3弾〜メカニズム徹底解説シャシー&サスペンション編〜| 2021年9月18日更新

 

ニュース ピックアップ [  BRZ  ]

 
 

次のページ>>1 2

 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

剛性向上に歩みを合わせ、各部の徹底補強で2020年代に相応しい衝突安全性能を実現。。

2代目ZD型BRZ 衝突対応と各部補強 2代目ZD型BRZ 側面衝突
 

ZD型開発に際して難題となったのが、10年以上前に設計されたプラットフォームで、スバルブランドに相応しい安全性能を実現することでした。

スバルは、2030年死亡交通事故ゼロを掲げ、世界最高峰の安全性能を追求することを公約としています。スバルの掲げる安全性能は、広い視界とシンプルな操作系でインシデントの発生を抑止する「0次安全」、高い走行安定性と操縦性により危険回避を可能にする「走行安全」、アイサイトを中心に事故の回避を目指す「予防安全」、衝突時に乗員及び歩行者の生命を確保する「衝突安全」の4つです。

そこで、ZD型ではAT仕様に初めてアイサイトを搭載。また、ダッシュボード高さを抑えることで、視界の確保を図っています。

ただ、衝突安全だけは付け焼き刃的な対応では、改善不可能です。本来なら、強靭な骨格が不可欠です。しかし、それではプラットフォームを刷新せねばなりません。一方で、フルモデルチェンジを実現するには、開発コストの低減は絶対条件でした。車両価格が無闇に上昇すれば、プレミアムクーペになってしまうからです。

そこで、スバルは剛性向上と歩調を合わせ、衝突安全性強化を図ることとしました。衝突安全性能で鍵を握るのが、Aピラー及びバルクヘッド周辺の構造です。

ZD型では、SGPでの知見をフル活用。Aピラー基部を前方に延長しつつ、この周辺構造を徹底強化。さらに衝撃吸収部材を追加しつつ、衝突荷重の伝達性を改善することで、高い前面衝突に対する安全性能を確保しています。また、側面衝突対応として、インナーフレーム構造採用による強度向上に加え、ドアパネル及びA〜Bピラー周辺にホットプレス材を多用。重量増を最低限としつつ、衝突安全性能を向上させています。

 
2代目ZD型BRZ 全面衝突とAピラー拡大 2代目ZD型BRZ ドアパネル
2代目ZD型BRZ ルーフクラッシュ
 

変更は最小限。徹底した走り込みと、徹底したこだわりにより、ピュアスポーツとして更に進化。

2代目ZD型BRZ フロントサスペンション
2代目ZD型BRZ リヤサスペンション

サスペンションは、フロントにマクファーソン・ストラット、リヤにダブルウィッシュボーン。前後共に大掛かりな変更は行われておらず、基本的にZC型からのキャリーオーバー。ただ、エンジン出力増大に伴う各部の剛性向上、ハンドリング精度向上のための各部のブラッシュアップが行われています。特に、サブフレームはエンジントルク増大に対応した強化が図られており、外観上の違いは少ないものの、徹底した走り込みによって、2020年代のピュアスポーツに相応しいポテンシャルが与えられています。

フロントサスペンションで話題となっているのが、3kgの軽量化を達成したフロントアクスルハウジング。BRZのみ採用されるアルミ製ハブは、主にバネ下重量の削減による路面追従性向上を企図したものですが、86では対象的に鋳鋼製が継続採用されます。タイヤ入力をすべて受け止めるハブの材質は、応力の伝達特性に違いを与えます。懐の深いBRZと、刺激の強い86。兄弟車たる86/BRZは、基本的には共通の設計ですが、このように各部の仕様を変えることで、キャラクターを分けた仕立てとされています。

この他、フロントのショックアブソーバには、リバウンドスプリングを採用。伸び方向の動きを抑制しつつ、戻り側の動きを活性化。姿勢変化を抑制すると共に、応答性の向上を実現します。フロントスタビライザーをφ18mmの中実から、ほぼ同径の中空タイプに変更。剛性を確保しつつ、軽量化を図っています。

リヤサスペンションでは、スタビライザの取付点を変更。ZC型ではサブフレーム取付点から、サブフレームの足を伸ばしていたのに対し、ZD型ではサブフレームを挟み込むように左右を連結するステーを新設。このステーに取付点を設けることで、ボディ側への取付としています。これにより、スタビライザの危機を高め、姿勢変化を抑制します。

また、リヤのショックアブソーバでは、トップマウント及びブッシュのこじりバネ定数を低減。ストローク時に生じるフリクションを低減し、より効果的にダンパー効果を得るよう改善されています。

ZD型に於けるスバルの狙いは明らかです。第一は姿勢変化の抑制。そして、第二はタイヤ接地精度の向上です。これにより、ドライバーの挙動の把握を容易にしつつ、応答性と操縦性を改善。人馬一体感を創出する。これらはSGPの開発目標と全く同じであり、スバルのシャシー開発の理想形がここにあると考えて良いでしょう。

 

さらなる高みへ。ルーフパネルのアルミ化、車高10mmダウンにより、重心高4mm低減を実現。

2代目ZD型BRZ パッケージング 2代目ZD型BRZ ボディサイズ
2代目ZD型BRZ 重量配分と重心高 2代目ZD型BRZ 軽量化の取り組み
 

ZD型の「フルモデルチェンジ」に際して、スバルとトヨタの開発チームが掲げた目標は実に意欲的なものでした。ボディ設計をほぼそのまま維持しつつ、ボディ剛性と衝突安全性能を大幅に向上させながら、車両重量はZC型同等を厳守しつつも、重心高をさらに下げる、というものです。

しかし、アチコチ補強を行えば、重量は嵩み、重量バランスは崩れ、重心高が上がるのがセオリー。しかし、開発チームはZC型の車重を維持しただけでなく、重心高を4mmも低下させることに成功しています。

エンジン・トランスミッションの移動さえ叶わぬモデルチェンジで、如何にして重心高を低減せしめたのでしょうか。その答えは、車重の10mmダウン(!!)。コロンブスの卵みたいな安直な手法ですが、限られた予算と限られた手段の中で編み出された、ある意味最適最善の解だと言えるでしょう。

ピュアスポーツに求められる素性。それは軽量・低重心だけではありません。回頭性の向上に欠かせないのが、ヨー慣性モーメントの低減です。誰しもが重たい物を持ち上げる際、お腹にピタリと付けて持ち上げます。互いの重心を近付けることでモーメントを低減しているのです。クルマも同じです。同じ車重であっても、重量物が中心に近く配置されている方が、回頭性が良くなります。

クルマで最も重たいのは、エンジン、トランスミッション、そして人間です。そこで、左右の座席間隔を7mm削減。左右方向のヨー慣性モーメント低減を図っています。この他、フロントフェンダーのアルミ化など、様々な積み重ねにより回頭性の向上を図っています。

 

マネージメントの勝利。ビジョンとミッションが明確だからこそ成し遂げられたフルモデルチェンジ。

プラットフォームから新規開発したZC型と比べれば、ZD型は成約だらけの開発となりました。基本的なディメンションには手を付けられず、パッケージングもそのまま。車両価格を維持するために、開発コスト・製造原価もギリギリまで削る必要がありました。

でも、そうした鉄の掟を守り抜いたからこそ、ZD型はこのスポーツカー逆境の時代に陽の光を浴びることができました。実に素晴らしいことです。そして何より、このプロジェクトをスバル・トヨタが企業の壁を越えて、素晴らしいマネージメントの元で推進されたことは、称賛に値するでしょう。目指すビジョンを一切見失うことなく、枝葉末節に至るまで、首尾一貫鉄の掟が守られています。エンジニア一人ひとりの努力は当然ながら、プロジェクトを率いたマネージメントの素晴らしさが際立っています。

さて、2021年9月17日午後、和泉店にZD型試乗車が遂に到着しました。早速、ステアリングを握り、その実力を確かめに行って参ります。皆様も、ぜひ実際に体感して、その実力を評価なさってみてください。

 

2代目ZD型 スバル・BRZ 2021年8月

BRZ_2021_1 BRZ_2021_2 BRZ_2021_3 BRZ_2021_4 BRZ_2021_5 BRZ_2021_6 BRZ_2021_7 BRZ_2021_8 BRZ_2021_9
 
BRZ_2021_10 BRZ_2021_11 BRZ_2021_12 BRZ_2021_13 BRZ_2021_14 BRZ_2021_15 BRZ_2021_16 BRZ_2021_17 BRZ_2021_18
 
BRZ_2021_19 BRZ_2021_20 BRZ_2021_21 BRZ_2021_22 BRZ_2021_23 BRZ_2021_24 BRZ_2021_25 BRZ_2021_26 BRZ_2021_27
 
BRZ_2021_28 BRZ_2021_29 BRZ_2021_30 BRZ_2021_31 BRZ_2021_32 BRZ_2021_33 BRZ_2021_34 BRZ_2021_35 BRZ_2021_36
 
BRZ_2021_37 BRZ_2021_38 BRZ_2021_39 BRZ_2021_40 BRZ_2021_41 BRZ_2021_42 BRZ_2021_43 BRZ_2021_44 BRZ_2021_45
 
BRZ_2021_46 BRZ_2021_47 BRZ_2021_48 BRZ_2021_49 BRZ_2021_50 BRZ_2021_51 BRZ_2021_52 BRZ_2021_53 BRZ_2021_54
 
BRZ_2021_55 BRZ_2021_56 BRZ_2021_57 BRZ_2021_58 BRZ_2021_59 BRZ_2021_60 BRZ_2021_61 BRZ_2021_62 BRZ_2021_63
 
BRZ_2021_64 BRZ_2021_65 BRZ_2021_66 BRZ_2021_67 BRZ_2021_68 BRZ_2021_69 BRZ_2021_70 BRZ_2021_71 BRZ_2021_72
 
BRZ_2021_73 BRZ_2021_74 BRZ_2021_75 BRZ_2021_76 BRZ_2021_77 BRZ_2021_78 BRZ_2021_79 BRZ_2021_80 BRZ_2021_81
 
BRZ_2021_82 BRZ_2021_83 BRZ_2021_84 BRZ_2021_85 BRZ_2021_86 BRZ_2021_87 BRZ_2021_88 BRZ_2021_89 BRZ_2021_90
 
BRZ_2021_91 BRZ_2021_92 BRZ_2021_93 BRZ_2021_94 BRZ_2021_95 BRZ_2021_96 BRZ_2021_97 BRZ_2021_98 BRZ_2021_99
 
BRZ_2021_100 BRZ_2021_101 BRZ_2021_102 BRZ_2021_103 BRZ_2021_104 BRZ_2021_105 BRZ_2021_106 BRZ_2021_107 BRZ_2021_108
 
BRZ_2021_109 BRZ_2021_110 BRZ_2021_111 BRZ_2021_112 BRZ_2021_113 BRZ_2021_114 BRZ_2021_115 BRZ_2021_116 BRZ_2021_117
 
BRZ_2021_118 BRZ_2021_119 BRZ_2021_120 BRZ_2021_121 BRZ_2021_122 BRZ_2021_123 BRZ_2021_124 BRZ_2021_125 BRZ_2021_126
 
BRZ_2021_127 BRZ_2021_128 BRZ_2021_129 BRZ_2021_130 BRZ_2021_131 BRZ_2021_132 BRZ_2021_133 BRZ_2021_134 BRZ_2021_135
 
BRZ_2021_136 BRZ_2021_137 BRZ_2021_138 BRZ_2021_139 BRZ_2021_140 BRZ_2021_141 BRZ_2021_142 BRZ_2021_143 BRZ_2021_144
 
BRZ_2021_145 BRZ_2021_146 BRZ_2021_147 BRZ_2021_148 BRZ_2021_149 BRZ_2021_150 BRZ_2021_151 BRZ_2021_152 BRZ_2021_153
 
BRZ_2021_154 BRZ_2021_155 BRZ_2021_156 BRZ_2021_157 BRZ_2021_158 BRZ_2021_159 BRZ_2021_160 BRZ_2021_161 BRZ_2021_162
 
BRZ_2021_163 BRZ_2021_164
 
photo by SUBARU
 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 

2021年12月28日 スバル

和泉店冬季休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 

2021年08月04日 クラブ・スバリズム

和泉店夏季休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要