スバルショップ三河安城の最新情報。スバルの未来予想。電動化戦略と国内生産体制再編計画。| 2023年5月29日更新

 
ニュースピックアップ
スバルショップ三河安城本店 スバルショップ三河安城和泉店 スバルショップ三河安城アフターサービス
 

ニュース ピックアップ [  スバル  最新情報  ]

2023年08月12日 スバル

夏季休業のごあんない

夏季休業のごあんない
 

2023年05月09日 スバル

自動車は、どう進化すべきか。

自動車は、どう進化すべきか。
 
次のページ>>1 2
 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

問題は、どれだけスバル然としているか。

スバル・ソルテラ
 

何れにせよ、3車種のBEVが「どれだけスバル然としているか」が重要です。唯一のBEVたるソルテラの反応が芳しくないのは、横から見ればそのまんまbZ4Xという安易さに集約されます。求められているのは、トヨタ感満載のOEMモデルではなく、スバルらしさが溢れるBEVなのです。エクステリア、インテリア、走りのこだわり等々、スバルオリジナルと言えるだけの個性を備えた、スバルのBEVが登場することを期待しましょう。

スバルらしさは、次世代e-BOXERにも当然期待すべきもの。最新のTHSでは大いに改善されつつあるものの、依然として違和感が残っているのは確か。あのスバルファンが苦手とするTHS独特のフィーリングが、何処までスバルらしく改善されるのか。スバルの標準パワートレインとなる次世代e-BOXERの出来は、スバルの将来を予言するものとなるはずです。

「仲良く喧嘩しろ」とは良く言ったもので、互いの意見を戦わせ、自らが正しいと信ずる信念を貫く。それは、トヨタグループ全体の進化に貢献すると信じ、スバル側も臆することなく意見を言うべきです。それはまた、スバルのエンジニアがファンに課せられた義務でもあります。

スバルは、間もなく社長交代によって新たな時代を迎えます。果たして、新生スバルはトヨタ側の要求にどれだけ抗い、どれだけ独自性を織り込むことができるのでしょうか。偶然にも互いに新社長同士、両者の手腕が試されることでしょう。

 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

2024年02月04日 スバル

オートサロンとCES、進む二極化。

 
 
 

2023年10月12日 スバル

JAPAN MOBILITY SHOW 2023 出展概要

 
 

2023年08月12日 スバル

夏季休業のごあんない

 
 
 
 

2023年05月09日 スバル

自動車は、どう進化すべきか。