スバルショップ三河安城の最新情報。新型レヴォーグ[VN型]特集:その4 新世代アイサイトの技術詳細とインプレッション| 2021年1月9日更新

 

ニュース ピックアップ [  レヴォーグ  アイサイト  ]

 
 

次のページ>>1 2 3

 

文責:スバルショップ三河安城 和泉店

お問い合わせ:0566-92-6115

担当:余語

 

新世代アイサイト技術詳細10:後退時ブレーキアシスト

新型レヴォーグ ドライブモードセレクト 電子制御ダンパー
 

リヤに設置した4個のソナーセンサーにより、後方約1.5mの範囲で障害物を探知。自車速約1.5〜15km/hの範囲で、自動的にブレーキを作動させ、衝突被害軽減及び回避を図ります。ソナーセンサーの特性上、吸音性の高い対象物や反射の弱いシーンでは作動しません。接近状況は、バックカメラ映像に重ねて表示され、ドライバーに直感的に危険を知らせます。

障害物の探知はソナーセンサーで行い、その脅威認識はソナーCU単独で判断しますが、車両制御そのものはアイサイトECUにて行います。

 

ドライビングインプレッション1:スムーズさを増したACCとALK。

新型レヴォーグ 新世代アイサイト ACC
新型レヴォーグ 新世代アイサイト クルーズコントロール

今回、スバルは全身全霊を掛けて、新世代アイサイト+アイサイトXの開発を行ってきました。その情熱を汲んでいただけたのかは分かりませんが、非アイサイトX車は全体の6%に留まっています。それ故、試乗車の大半もアイサイトX搭載車となっており、小生も非搭載車の試乗の機会を得られていません。そのため、アイサイトX搭載車を通じてのインプレッションとなりますが、新世代アイサイトの評価を行って参りたいと存じます。

アイサイトXがその全ての能力を発揮するのは、アイサイト用車載高精細マップに登録された、ナンバリングされた高速道路本線区間のみ。従って、それ以外の区間では基本的には非アイサイトX車でもその能力に大きな違いはありません。

ACCも、これまで同様に極めてスムーズ。クルコンの加速レベルは4段階で変更可能ですから、不用意な加速に違和感を感じる方は、加速レベルを「Lv.1(エコ)」まで下げて使うのがオススメです。アイサイトのACCが滑らかなのは、車速に厳密に従わないこと。登り坂では設定車速から少し落とし気味としつつ、下り坂ではムリに減速させない。そのため、先行車の流れにスムーズに合わせていくことができるのです。

また、ハードウェア・ソフトウェアの一新によって、一部機能に明確に進化がみられます。特に、車線の認識は相当に精度が向上しているようです。車線変更を行うと、直ちにディスプレイ上の白線がブルーに変わり、車線中央維持機能が復帰したことが分かります。意地悪のように、ガラガラの未明の23号線で車線変更を繰り返しても、即座に車線がブルーに変わります。ステレオカメラの視野が拡大したことで、車線変更前から隣接車線の白線を認識しているのかも知れません。

これまでは、車線中央維持機能がONになるまで、ジッとディスプレイを睨むシーンがありましたが、これは過去のものとなるでしょう。また、白線が薄れているような箇所での認識も改善しているように思われます。

 

ドライビングインプレッション2:変化したステアリングのフィーリング。

新型レヴォーグ インテリア
新型レヴォーグ 静電容量式ステアリングホイール

ライントレースのスムーズさは、さらに洗練されています。今回、新たにパワステユニットを刷新。2ピニオンタイプとした事で、遊びが少なくなり、ダイレクト感が増したため、制御がしやすくなっているのでしょう。ステアリングを見ていても、どっしりと安定していて、大きなアンジュレーションや轍があっても、全く不安を感じさせることなく綺麗にラインをトレースしていきます。

ただ、ちょっと違和感を感じたのが、アイサイトによるステアリング制御時のステアリングフィール。これまでのアイサイトでは、制御中にステアリングを操作すると、若干「焦れったい」ような感触に逆らえば、容易に上書き操作が可能でしたから、落下物を回避する際にも、すんなりと白線を跨ぐことができました。

これに対し、新世代アイサイトはこちらの操作介入を、相当頑固に嫌がります。ドライバーがステアリングを操舵すると、ゴリッという相当な反発トルクが返って、ステアリングを制御舵角に戻そうとします。新型レヴォーグの全グレードに言えることなのかは不明ですが、違和感がある事はお伝えせねばならないでしょう。不意に障害物に遭遇したような場合、女性でもこれに逆らって回避可能なのでしょうか。小生が、年末に23号線で落ちていた石でホイールを叩き割っているだけに、若干不安を感じます。

アイサイトX搭載車に搭載される、静電容量式に改良されたステアリングホイールは非常に好印象です。これまでのトルク反動による感知では、路面がフラットな直線路では、ステアリングを保持しているにも関わらず、保持確認を要求される場合が多々ありました。これに対し、静電容量式ではこういった事がありません。ステアリングを片手で握っているだけで、ずっと車線中央維持機能を維持することができます。

ただ、惜しむらくは静電容量式になったがために、ステアリングヒータが非装備になったこと。この価格帯の車両では、付いていて当然の機能。この点については、将来的な改良が待たれます。

 

大幅に値上がりした、新型レヴォーグ。その理由の一つは、新世代アイサイト。

見事、カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した新型レヴォーグ。その評価は、概ね好評です。ただ、不安要因の一つに、価格の上昇が挙げられます。良いものは、当然高い。確かにそうですが、旧型比+50万円では候補から外さざるを得ない、という方も少なくありません。ただ、スバルが自身の奢りからこの価格を設定した訳ではないことは、伝えておかねばなりません。この価格上昇の要因の殆どは、ADASにあるのです。

2020年代の要求を満たすADASを考えた時、360度センシングは必須と言えます。右左折時や見通しの悪い交差点、駐車車両の死角等に於けるリスク低減を考慮すれば、前方設置のセンサーからは完全に探知範囲外となるため、側方・後方に設置したセンサーによって、接近車両・歩行者等をより的確かつ正確に把握する必要があります。

ただ、センサーを設置しただけでは、360度センシングは実現できません。静止物体と移動物体を確実に識別せねばなりませんし、物体と自車との相対速度・相対加速度・予測軌道も常にモニタリングし続けねば、リスク回避は実現しません。

2010年代のADASが前方監視のみに留めてきたのは、ECUの処理能力に限界があるからです。これを実現するには、自動車産業の垣根を超える必要がありました。

今、CASEをリードしているのは、GAFAに代表される新興IT企業です。2020年代の先進安全技術は、彼ら新興企業の技術的貢献あって実現したもの。この先、彼らへの依存度は年々高まっていくことでしょう。

ただ、この状況は決して手放しで喜べるものではありません。それは、彼らの社是・経営体制が自動車産業と根本的に異なるからです。そうした「常識」の相違が、ADAS向け周辺技術・部品の価格に現れていると言えるでしょう。もし、自動車産業にとって彼らが「不可欠な存在」となってしまえば、価格の主導権は全く奪われてしまい、「安全は価格相応」という自動車エンジニアが誰一人望まぬ未来が訪れるとも限りません。

 

開発体制をゼロから刷新して乗り越えた、新世代アイサイト。

技術ミーティング ADASの高度化

スバルは今回の「新世代アイサイト」開発に際して、大きな技術的飛躍を実現するために、開発体制の刷新を断行しています。

これまで、アイサイトは社内技術の強化・蓄積により、着実な進化を遂げてきました。ただ、その技術的発展性には、自ずと限界がありました。勿論、スバルのエンジニアたちの能力が劣っている訳では決してありません。しかし、更なる技術的飛躍を目指すのであれば、社内養成のエンジニアを多数投入するよりも、外部の有能なエンジニア(但し、相当高給)を成果主義方式で招聘した方が賢明であると判断したのです。

よって、技術統括及びマネージメントはスバルが行うものの、その開発に実際に携わるエンジニアたちは外部招聘の人財が「助っ人外国人」形式で投入されています。個人的に高い能力を備える人財を抱えるエンジニアリング会社と提携し、スバルの求める人財を逐次投入していきました。ただ、スバルの要求に違えば「スイッチ」もあったようで、その辺りのシビアさは自社社員にはあり得ないもの。一時期、スバルからアイサイト関連の技術者が離職している旨の報道がありましたが、この辺りに関連した動きだったのかも知れません。

何れにせよADASにとって大切なのは、「誰が作ったか。」ではなく、「何人の命を救えるのか。」です。餅は餅屋。自動車エンジニアのあり方そのものが、同様に転換期にあるのかも知れません。

結果、彼らの能力・スキルは極めて高く、信じられないスピードで開発が進展したと言いますから、スバルの判断は正しかったと言えるでしょう。そういう意味では、ADA以来の技術的系譜に一旦区切りが付いたと考えて良いでしょう。

また、スバルは年初の1月6日。技術統括本部つまり最高技術責任者(CTO)直轄の新部署「CTO室」を新設を発表しています。CTO室は、新たな時代に向けた技術開発の方向性をリードする部門を設けることで、モノづくりにおける課題解決力向上を図るとしています。こうした動きは、AI開発拠点「SUBARU Lab」の開設などと連動し、新世代アイサイト開発のような従来の組織・体制に縛られない開発体制を模索する動きとも思われ、開発の思い切った外部委託などを今後考慮していく可能性があるのでしょう。

 

新型レヴォーグ 2020年10月

VN5_debut_2020_1 VN5_debut_2020_2 VN5_debut_2020_3 VN5_debut_2020_4 VN5_debut_2020_5 VN5_debut_2020_6 VN5_debut_2020_7 VN5_debut_2020_8 VN5_debut_2020_9
 
VN5_debut_2020_10 VN5_debut_2020_11 VN5_debut_2020_12 VN5_debut_2020_13 VN5_debut_2020_14 VN5_debut_2020_15 VN5_debut_2020_16 VN5_debut_2020_17 VN5_debut_2020_18
 
VN5_debut_2020_19 VN5_debut_2020_20 VN5_debut_2020_21 VN5_debut_2020_22 VN5_debut_2020_23 VN5_debut_2020_24 VN5_debut_2020_25 VN5_debut_2020_26 VN5_debut_2020_27
 
VN5_debut_2020_28 VN5_debut_2020_29 VN5_debut_2020_30 VN5_debut_2020_31 VN5_debut_2020_32 VN5_debut_2020_33 VN5_debut_2020_34 VN5_debut_2020_35 VN5_debut_2020_36
 
VN5_debut_2020_37 VN5_debut_2020_38 VN5_debut_2020_39 VN5_debut_2020_40 VN5_debut_2020_41 VN5_debut_2020_42 VN5_debut_2020_43 VN5_debut_2020_44 VN5_debut_2020_45
 
VN5_debut_2020_46 VN5_debut_2020_47 VN5_debut_2020_48 VN5_debut_2020_49 VN5_debut_2020_50 VN5_debut_2020_51 VN5_debut_2020_52 VN5_debut_2020_53 VN5_debut_2020_54
 
VN5_debut_2020_55 VN5_debut_2020_56 VN5_debut_2020_57 VN5_debut_2020_58 VN5_debut_2020_59 VN5_debut_2020_60 VN5_debut_2020_61 VN5_debut_2020_62 VN5_debut_2020_63
 
VN5_debut_2020_64 VN5_debut_2020_65 VN5_debut_2020_66 VN5_debut_2020_67 VN5_debut_2020_68 VN5_debut_2020_69 VN5_debut_2020_70 VN5_debut_2020_71 VN5_debut_2020_72
 
VN5_debut_2020_73 VN5_debut_2020_74 VN5_debut_2020_75 VN5_debut_2020_76 VN5_debut_2020_77 VN5_debut_2020_78 VN5_debut_2020_79 VN5_debut_2020_80 VN5_debut_2020_81
 
VN5_debut_2020_82 VN5_debut_2020_83 VN5_debut_2020_84 VN5_debut_2020_85 VN5_debut_2020_86 VN5_debut_2020_87 VN5_debut_2020_88 VN5_debut_2020_89 VN5_debut_2020_90
 
VN5_debut_2020_91 VN5_debut_2020_92 VN5_debut_2020_93 VN5_debut_2020_94 VN5_debut_2020_95 VN5_debut_2020_96 VN5_debut_2020_97 VN5_debut_2020_98 VN5_debut_2020_99
 
VN5_debut_2020_100 VN5_debut_2020_101 VN5_debut_2020_102 VN5_debut_2020_103 VN5_debut_2020_104 VN5_debut_2020_105 VN5_debut_2020_106 VN5_debut_2020_107 VN5_debut_2020_108
 
VN5_debut_2020_109 VN5_debut_2020_110 VN5_debut_2020_111 VN5_debut_2020_112 VN5_debut_2020_113 VN5_debut_2020_114 VN5_debut_2020_115 VN5_debut_2020_116 VN5_debut_2020_117
 
VN5_debut_2020_118 VN5_debut_2020_119 VN5_debut_2020_120 VN5_debut_2020_121 VN5_debut_2020_122 VN5_debut_2020_123 VN5_debut_2020_124 VN5_debut_2020_125 VN5_debut_2020_126
 
VN5_debut_2020_127 VN5_debut_2020_128 VN5_debut_2020_129 VN5_debut_2020_130 VN5_debut_2020_131 VN5_debut_2020_132 VN5_debut_2020_133 VN5_debut_2020_134 VN5_debut_2020_135
 
VN5_debut_2020_136 VN5_debut_2020_137 VN5_debut_2020_138 VN5_debut_2020_139 VN5_debut_2020_140 VN5_debut_2020_141 VN5_debut_2020_142 VN5_debut_2020_143 VN5_debut_2020_144
 
VN5_debut_2020_145 VN5_debut_2020_146 VN5_debut_2020_147 VN5_debut_2020_148 VN5_debut_2020_149 VN5_debut_2020_150 VN5_debut_2020_151 VN5_debut_2020_152 VN5_debut_2020_153
 
VN5_debut_2020_154 VN5_debut_2020_155 VN5_debut_2020_156 VN5_debut_2020_157 VN5_debut_2020_158 VN5_debut_2020_159 VN5_debut_2020_160 VN5_debut_2020_161 VN5_debut_2020_162
 
VN5_debut_2020_163 VN5_debut_2020_164 VN5_debut_2020_165 VN5_debut_2020_166 VN5_debut_2020_167 VN5_debut_2020_168 VN5_debut_2020_169 VN5_debut_2020_170 VN5_debut_2020_171
 
VN5_debut_2020_172 VN5_debut_2020_173 VN5_debut_2020_174 VN5_debut_2020_175 VN5_debut_2020_176 VN5_debut_2020_177 VN5_debut_2020_178 VN5_debut_2020_179 VN5_debut_2020_180
 
VN5_debut_2020_181 VN5_debut_2020_182 VN5_debut_2020_183 VN5_debut_2020_184 VN5_debut_2020_185 VN5_debut_2020_186 VN5_debut_2020_187 VN5_debut_2020_188 VN5_debut_2020_189
 
VN5_debut_2020_190 VN5_debut_2020_191 VN5_debut_2020_192 VN5_debut_2020_193 VN5_debut_2020_194 VN5_debut_2020_195 VN5_debut_2020_196 VN5_debut_2020_197 VN5_debut_2020_198
 
VN5_debut_2020_199 VN5_debut_2020_200 VN5_debut_2020_201 VN5_debut_2020_202 VN5_debut_2020_203 VN5_debut_2020_204 VN5_debut_2020_205 VN5_debut_2020_206 VN5_debut_2020_207
 
VN5_debut_2020_208 VN5_debut_2020_209 VN5_debut_2020_210 VN5_debut_2020_211 VN5_debut_2020_212 VN5_debut_2020_213 VN5_debut_2020_214 VN5_debut_2020_215 VN5_debut_2020_216
 
VN5_debut_2020_217 VN5_debut_2020_218 VN5_debut_2020_219 VN5_debut_2020_220 VN5_debut_2020_221 VN5_debut_2020_222 VN5_debut_2020_223 VN5_debut_2020_224 VN5_debut_2020_225
 
VN5_debut_2020_226 VN5_debut_2020_227 VN5_debut_2020_228 VN5_debut_2020_229 VN5_debut_2020_230 VN5_debut_2020_231 VN5_debut_2020_232 VN5_debut_2020_233 VN5_debut_2020_234
 
VN5_debut_2020_235 VN5_debut_2020_236 VN5_debut_2020_237 VN5_debut_2020_238 VN5_debut_2020_239 VN5_debut_2020_240 VN5_debut_2020_241 VN5_debut_2020_242 VN5_debut_2020_243
 
VN5_debut_2020_244 VN5_debut_2020_245 VN5_debut_2020_246 VN5_debut_2020_247 VN5_debut_2020_248 VN5_debut_2020_249 VN5_debut_2020_250 VN5_debut_2020_251 VN5_debut_2020_252
 
VN5_debut_2020_253 VN5_debut_2020_254 VN5_debut_2020_255 VN5_debut_2020_256 VN5_debut_2020_257 VN5_debut_2020_258 VN5_debut_2020_259 VN5_debut_2020_260 VN5_debut_2020_261
 
VN5_debut_2020_262 VN5_debut_2020_263 VN5_debut_2020_264 VN5_debut_2020_265 VN5_debut_2020_266 VN5_debut_2020_267 VN5_debut_2020_268 VN5_debut_2020_269 VN5_debut_2020_270
 
VN5_debut_2020_271 VN5_debut_2020_272 VN5_debut_2020_273 VN5_debut_2020_274 VN5_debut_2020_275 VN5_debut_2020_276 VN5_debut_2020_277 VN5_debut_2020_278 VN5_debut_2020_279
 
VN5_debut_2020_280 VN5_debut_2020_281 VN5_debut_2020_282 VN5_debut_2020_283 VN5_debut_2020_284 VN5_debut_2020_285 VN5_debut_2020_286 VN5_debut_2020_287 VN5_debut_2020_288
 
VN5_debut_2020_289 VN5_debut_2020_290 VN5_debut_2020_291 VN5_debut_2020_292 VN5_debut_2020_293 VN5_debut_2020_294 VN5_debut_2020_295 VN5_debut_2020_296 VN5_debut_2020_297
 
VN5_debut_2020_298 VN5_debut_2020_299 VN5_debut_2020_300 VN5_debut_2020_301 VN5_debut_2020_302 VN5_debut_2020_303 VN5_debut_2020_304 VN5_debut_2020_305 VN5_debut_2020_306
 
VN5_debut_2020_307 VN5_debut_2020_308 VN5_debut_2020_309 VN5_debut_2020_310 VN5_debut_2020_311 VN5_debut_2020_312 VN5_debut_2020_313 VN5_debut_2020_314 VN5_debut_2020_315
 
VN5_debut_2020_316 VN5_debut_2020_317 VN5_debut_2020_318 VN5_debut_2020_319 VN5_debut_2020_320 VN5_debut_2020_321 VN5_debut_2020_322 VN5_debut_2020_323 VN5_debut_2020_324
 
VN5_debut_2020_325 VN5_debut_2020_326 VN5_debut_2020_327 VN5_debut_2020_328 VN5_debut_2020_329 VN5_debut_2020_330 VN5_debut_2020_331 VN5_debut_2020_332 VN5_debut_2020_333
 
VN5_debut_2020_334 VN5_debut_2020_335 VN5_debut_2020_336 VN5_debut_2020_337 VN5_debut_2020_338 VN5_debut_2020_339 VN5_debut_2020_340 VN5_debut_2020_341 VN5_debut_2020_342
 
VN5_debut_2020_343 VN5_debut_2020_344 VN5_debut_2020_345 VN5_debut_2020_346 VN5_debut_2020_347 VN5_debut_2020_348 VN5_debut_2020_349 VN5_debut_2020_350 VN5_debut_2020_351
 
VN5_debut_2020_352 VN5_debut_2020_353 VN5_debut_2020_354 VN5_debut_2020_355 VN5_debut_2020_356 VN5_debut_2020_357 VN5_debut_2020_358 VN5_debut_2020_359 VN5_debut_2020_360
 
VN5_debut_2020_361 VN5_debut_2020_362 VN5_debut_2020_363 VN5_debut_2020_364 VN5_debut_2020_365 VN5_debut_2020_366
 
photo by SUBARU
 

文責:スバルショップ三河安城和泉店 営業:余語

 

次のページ>>1 2 3

 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
 
 
 
 
 

2020年12月24日 和泉店

和泉店冬季休業のお知らせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要