スバルショップ三河安城の最新情報。クラブ・スバリズム特別編「トヨタ・ルマン挑戦の歴史」| 2018年7月7日更新

 

次のページ>>1 2 3 4 5 6 7

 

1987年:レース中にリタイヤ原因を解析し、対策を立案。ECU書き換えでレースに勝ったポルシェワークス。

1987年は、予想外の問題がルマンを揺るがします。主催団体ACOが用意したガソリンが、オクタン価の低い粗悪品だったのです。この問題は当初不明だったため、ターボ勢は軒並み原因不明のエンジントラブルを頻発させます。

ワークスポルシェは序盤にリタイヤした1台のエンジンを徹底調査。残る1台のエンジン制御マップを書き換えるという荒業を披露。夜半に猛追を開始すると、上位を独占するジャガー勢をたった1台で撃破。見事優勝を果たします。

日産は欧州で事前テストを重ねるも、次々にエンジンがブロー。決勝用のエンジンまでも使い果たしてしまう大失態。何とか使える部品をかき集めますが、結果は2台ともリタイヤ。

マツダは経験を生かして、徹底した準備を敢行。事前プログラムを正確に実行する作戦。決勝では攻めに転じ、見事7位入賞を果たします。

トヨタは、屈辱的な結果。1台はガス欠でストップ。もう1台は水温上昇の末に、ターボを殺す荒業で完走を目指すも、たった4時間半でヘッドガスケットを吹き抜いてリタイヤ。またしても、悔しい結果に終わります。

 

1988年:史上空前の激闘、ポルシェVSジャガー。日本のワークス勢は完全に蚊帳の外。

1988年、遂にポルシェ敗北の瞬間がやってきます。黒・赤・黄のナショナルカラーをまとった、3台の962Cは、徹底的なリファインが施されていました。エンジン制御ユニットを新規開発し、緻密な燃焼制御によって圧縮比は9.5に高められ、常時700psを発揮しつつ、高燃費を実現していました。予選では、3分15秒64という驚異的なコースレコードを樹立。ジャガー勢を、気迫で圧倒します。

対するジャガーは、5台のワークスカーを投入する必勝体制。2強対決は、前代未聞の激しさとなります。序盤からスプリントばりの猛烈なペースで、レースが展開。完全なるオーバーペースが祟り、厳しい消耗戦へと発展します。最後は、2分半差でジャガーがポルシェを振り切って優勝。グランドスタンドを埋め尽くすユニオンジャックの下、歓喜のチェッカーを受けます。

トヨタは、予選ブーストを使って9位/10位からのスタート。ところが、決勝では黒煙を吐くほどの濃い空燃比。耐久性不足を鑑みて、燃料冷却でエンジンを保たせる作戦でした。当然、燃費規制のためペースは上がりません。結果は、88Cが12位完走。余りにも不甲斐ないレースに終始したのでした。それは、マツダ、日産も同じ。この年の日本勢は、全く不甲斐ない結果に終わります。

 

1989年:シルバーアローが復活。日本勢は、不甲斐ない結果に終わる。

1989年、猛威を奮ったのはザウバー・メルセデスでした。シルバーアローを敢えて復活させたC9が、予選1、2位を独占。ポルシェは、プライベータのみの参加となったため、対抗するのは、4台のTWRジャガーのみでした。

日産は、この年から大幅に進化。CFRP製モノコックを採用し、新開発の3.5LV8ターボを搭載したR89Cを開発。世界選手権でも上位に食い込むポテンシャルがありましたが、決勝ではエンジンの組立不良で相次いでトラブルが発生。4台全車がリタイヤに終わります。

優勝は、ザウバーメルセデス。圧倒的な強さを発揮して、そのまま1−2フィニッシュを飾っています。

マツダは、新たにメーカー主導で大幅な改良を施した、767Bを3台投入。決勝中も終始安定したペースで走行。3台とも無事完走を果たし、7、9、12位に入ります。

トヨタは、再び不甲斐ないレースに終わります。新開発の3.2LV8ターボは、まだまだ準備不足。新型89C-V2台と旧型88C1台と、計3台を持ち込みます。89C-Vは、それまでのトムスー童夢体制から、新たにTRDの独自設計に移行したもの。準備不足が祟り、セットアップに大あわら。しかし、宣伝部は予選アタックを要求。しかも、アタックは予備車だったため、タイムは無効。結局日本勢最下位からのスタートとなります。しかも、決勝は序盤で全車リタイヤ。トヨタは、毎回何を目的にルマンに来ているのか、それさえ疑わしい有様でした。

 

1990年:シケインが新設されて厳しさを増したルマン。存在感は増したものの、日本勢は力及ばず。

1990年、ルマン史上最大の変革の年となります。ルマン名物の全長6kmの超ロングストレート「ユノ・ディエール」が、2つのシケインで分割され、3本のストレートに生まれ変わったのです。この変更に伴って、300km/hからの減速+加速が2回追加となり、ブレーキやトランスミッション、エンジンを激しく消耗させます。世界一過酷と呼ばれてきたルマンは、更に厳しさを増したのです。

この件を巡って、ACOとFISAの調整に時間を要したため、世界選手権からは外されての開催となりました。これを受けて、ザウバー・メルセデスは不出場を発表。当時、ジャガーと打倒メルセデスを競っていた、日産勢には千載一遇の好機となります。

日産は、一大物量作戦を敢行。何と、日米欧からワークスマシンを5台、更にプライベータから2台をエントリー。記者会見では、高らかに必勝宣言。予選では、日産がたった1基の予選用エンジンを投入。マーク・ブランデルが3分27秒02で見事PPを獲得します。

ところが、1000psに達すると言われる予選用エンジンを巡って、日米欧のチーム間で内紛が勃発。遂には、米・欧で殴り合いの事態に発展します。決勝では、スタート前に1台の日産が早くもリタイヤ。更にトラブルは続き、結局残ったのは日本から参加の1台のみ。日本人トリオが、5位完走を果たします。これだけ日産勢にトラブルが頻発したのは、情報共有を意図的にしなかったため。余りにもの惨状に、日産は暫くルマンから姿を消すことになります。

マツダは、前年から100psアップを果たした4ローターを搭載した、787を2台投入。バックアップで、767Bも1台持ち込みました。しかし、結果は奮わず、20位完走。翌年の雪辱を誓います。

トヨタは、トムスが2台、あの加藤眞率いるサードが1台と、3台での参戦。日産とのポテンシャル差は如何ともし難ったものの、トムスの1台が6位入賞を果たしています。

優勝は、TWRジャガー。1−2フィニッシュでした。トップ10に日本車が2台入り、翌年への期待が高まりました。

 

1991年:激動の年。日産とトヨタは千載一遇の好機を自ら逃す。

1991年は、奇跡として長く語り継がれる、記念すべきルマンとなります。

この年、世界選手権はWSPCからSWCへと大変革。燃費規制は撤廃し、エンジンはF1と共通の3.5LNAに限定。車重は750kgまで削減され、レース距離は500kmに一気に短縮されます。FISAの狙いはF1の振興で、スポーツカー選手権はその犠牲にされたのです。

TWRジャガーは250kg軽いグループCではなく、250kg重いF1としてXJR-14を開発。圧倒的なスピードを発揮するXJR-14は、SWCをリードしていました。

しかし、スプリント用の新規定マシンで24時間レースの完走は不可能。新規参戦のプジョー以外のワークス・チームは、すべて旧規定のグループCカーでの参戦。それが面白くないFISAは、旧規定マシンの重量を1000kg(ポルシェのみ950kg)まで増やすという暴挙に出たのです。

この年、ザウバー・メルセデスが復帰。歴代最強の強さを見せる、C11を何と3台投入。このC11は、前年の世界選手権で数時間で全車を周回遅れにする圧倒的な強さを発揮。戦前予想では、メルセデス一強との下馬評が専らでした。

日産は、トヨタとの国内選手権の戦いでは圧倒的優勢。予選用ブーストでは1000psを優に超えるとされ、打倒メルセデスの筆頭格と目されていました。トヨタも、仕上がりは順調。ジャガーとは互角に戦えるであろうポテンシャルを備えていたのです。ところが、両者は結局ルマンには現れませんでした。正真正銘千載一遇のチャンスを逃したのです。理由は、バルブ崩壊に伴う経済的混乱と湾岸戦争に伴う政情不安。

日本勢で唯一、ルマンに現れたのが、マツダでした。マツダは、最新の787Bを2台、バックアップに787を1台を持ち込む体制。したたかなマツダは、ロータリーでの参戦が最後であるのを理由に、830kgの超軽量車重を認めさせます。これが、成功への最大の布石となるのです。

 

1991年:マツダ、奇跡の優勝!!ロータリーサウンドが轟いたあの日。

予選は、メルセデスが最速タイムをマーク。しかし、FISAが新規定マシンを優遇したため、1号車のC11は11番手からのスタートとなります。

決勝のスタート、飛び出したのは2台のプジョー。新規定マシンの彼らは、翌年のデータ取りが目的。序盤から盛大に飛ばすと、予定通り夜を前に店仕舞となります。状況が落ち着くと、メルセデスが盤石の1-2-3体制を構築。ジャガーがこれを追うも、ペースが上がりません。そこに割って入ったのが、55号車のマツダでした。

盤石に見えたメルセデスの無敵艦隊ですが、綻びを見せ始めます。まず、32号車メルセデスが、コースアウトで後退。次いで31号車が、ミッショントラブルで30分近くをピットに張り付きます。残ったのは、たった1台。マツダは、燃費がきついジャガーを夜半に振り切ると、更にペースアップ。完全無欠の絶対王者にプレッシャーを掛けていきます。それでも、トップとの差は2周。余程の事がない限り、メルセデスは盤石と思われました。

世紀の瞬間が訪れたのは、昼過ぎ。1号車が白煙を上げて、緊急ピットイン!ウォータポンプのブラケット破損が原因のオーバーヒートでした。55号車がグランドスタンド前を駆け抜けると、ルマンは蜂の巣を突いたような大騒ぎ。ロータリーエンジンが、初めてルマンをリードした瞬間でした。そして、午後4時。美しい4ローターサウンドは途切れることなく、チェッカーを駆け抜けたのでした。

日本車初の総合優勝。しかも、メルセデス、TWRジャガーを打ち破っての見事な初優勝でした。この勝利は、非レシプロエンジン車による最初で最後の優勝となっています。

 

次のページ>>1 2 3 4 5 6 7

 
 

スバルショップ三河安城 〜愛知県のスバル車の新車・中古車の販売、各種点検整備、鈑金塗装は当店へおまかせ下さい〜

スバルショップ三河安城本店

>>アクセス・店舗案内
安城市、刈谷市東部、知立市

スバルショップ三河安城和泉店

>>アクセス・店舗案内
安城市、碧南市、高浜市、西尾市北部

 

ニュースリスト

 
 
 
2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

2018年10月06日 スバル

2018年BTCC、タイトル防衛はならず!

 
 
BRZが年次改良を実施。G型に進化。

2018年09月14日 スバル

BRZが年次改良を実施。G型に進化。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スバルは、どうなってしまうのか。

2018年06月07日 スバル

スバルは、どうなってしまうのか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • スバルショップ三河安城
  • 和泉サービスセンター
  • 福祉車両事業部
  • 中部自動車販売会社概要